椎間板ヘルニア

2013年9月 4日 (水)

首の牽引

首の牽引

 ロフトベッドを買った。部屋を広くするのも目的であったが、それはそれほど大きな目的ではなかった。

201309041

 ロフトベットの枠を使って、首の牽引をする器具をとりつけたかったのである。

201309042

 やせるドットコム、10年ほど前に首のヘルニアになってからというもの、時々腕がしびれるようになった。

 しびれるだけならばよい、力が入らないのだ。

 一番困るのはトレーニングの時だ。普通の生活ではあまり困らない。いや、自転車に乗って通勤するときの恰好が、首をそらしているせいか、このときは腕が非常に痛いな~。

 トレーニングの時であるが、首=頸椎ヘルニアによる力の衰退は、引っ張る力ではなく支える力が極端に落ちる。

 ベンチプレス、ダンベルプレスの時は、極端に痛い、しかも70kgを超えたところから急激に痛くなる。

 しかし、プルダウンをすれば割と楽に100kgを引っ張ることができるのだ。実に不思議だ。

 神経が圧迫されて痛さを発しているいるのだろう。

 だいたいベンチプレスで上腕に激痛が走ってできなくなるなど、ちゃんちゃらおかしいのである。

 それだけではない、右の人差し指の第一関節は曲げることができない。パソコンでキーボードを打つ時も伸ばしたままになっている。

 若造よ聞け。いやいや、けんかごしになる必要はない。

 若者よ、若い時に身体を鍛えておきなさい。45歳を過ぎると、自分でも思っていなかった故障に見舞われる。君らが45歳になるころには、私の嫁と神戸大学で同級生だった山中伸弥教授のips細胞のおかげで、積極的なアンチエイジングが当たり前になっているだろう。

 ハゲはもちろん、シミ、そばかすなの皮膚の老化はもちろん、今まで考えられなかった神経系の組織の若返りが簡単にできるようになっているはずだ。

 姪っ子の桃ちゃんは、いつまでも20代の若さを保っている、そんな世界が来ているかもしれない。

 ありがとう山中伸弥教授。

 いやいや、この首のヘルニアを緩和するために牽引用の器具を買ったのである。長らくお待たせしたがこれが秘密兵器なのだ。

↓Bタイプを購入しました。

頚椎けん引簡易タイプB

価格:8,000円
(2013/9/4 23:32時点)
感想(23件)

頚椎けん引簡易タイプA

価格:7,500円
(2013/9/4 23:33時点)
感想(12件)

 以前、左手がしびれたとき、1年回毎日牽引をした。半年くらいからやっとしびれを忘れるくらいになったのだ。

 整体でバキバキ鳴らすよりも、じんわりと引っ張ることを地道にやっている。

 全盛期のようにベンチプレス100kgを超えていた時代に戻れるようにまだまだ頑張るのだ!

 はぅあ!

 押してね↓↓↓

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

左肩の故障その3→復活

左肩の故障その3→復活

 身体の不調について記事を書くと、それが言霊となって、いくばくかでも皆しゃまに影響するのではないかと思い、記事を書くのを控えていたのであるが・・・・・・。

 また、記事を書かせて頂きます。皆しゃまにやせるドットコムの肩の痛さをおすそ分けするのではなく、なんと回復してきたから、こうやって紹介できるってものさ!

 実は、肩の痛さが酷くなる前に、お小遣いにすこしだけ余裕が出たので、久しぶりにi-herbでサプリメントを購入していたのである。

 今回注文していたサプリは4つだ。

 1. L-アルギニン
 2. カルノシン
 3. BCAA
 4. クレアチン

 である。BCAAは、前から飲んでいたのであるが、いつのまにか無くなってそのままにしていた。L-アルギニンは、外傷の回復に効くとあったので、神経の修復に利くのではないかと勝手に思ったのと、カルノシンは鳥の胸肉にある疲労除去物質ということで購入した。クレアチンは、まだ少しだけ肩が痛いので、完全に復活したら試してみたい。

 ただ、クレアチンの大量摂取は腎臓に負荷をかける。一番危険な場合、急性間質性腎炎になるのだ。クレアチンはローディング期間があり、一気に血中のクレアチン濃度を上昇させるやり方がある。ボディビルダーの師匠から教えてもらったのであるが、非常にポピュラーなやり方らしい。

 しかし、これをやって、腎不全になったビルダーもいる。厚生労働省のページでも注意喚起があるほどだ。

 なので、ちびっと怖い。が、ここは人柱となってみよう。しばし待っていてほしい。

 で、BCAAとカルノシンとL-アルギニンを再び摂取し始めたのであるが、一気に肩の痛さがなくなってしまった。これらのどれがよい影響を及ぼしたのかは分からない。実に不思議である。

 しかし、肩はよくても内蔵が不調になる場合もある。1カ月後に腎臓の具合をみる血液検査をすることにした。ここで、凶とであるか吉とでるか判断しましょう。

 いやいや、普通の人は、よほど大量に摂らない限りサプリは安全です。

 i-herbでは、ビタミンC、ビタミンE、レスベラロトール、ルテインなど安く購入できますぞい。

 興味のある方はお試しください。しかーし、やせるドットコムのように腎臓に不調があったりする場合、その他高血圧や肝臓が悪かったり、糖尿病などの病気を持っている人は、お医者さんに相談してください。

iherb初回の人はやせるドットコムのクーポンをどうぞ! 5ドル割引きでっする!

Yaseru3053

 はぅあ!

 読んだら、ポチッと ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

左肩の故障その2

 結局、左肩の痛さは何だったのか? レントゲンを撮った後、診察が始まった。

「レントゲンでは、特に悪いところはありません」

 ふむふむ、いつものパターンだ・・・・・・。

「でも、2年前のレントゲンと比べてみれば、この部分の骨に少し変化がありますね」

 えっ、2年前、ああそうか、その時も首や腰が一時的に痛くなって通院した覚えがある。そういえば、その時は右肩が痛かったのではなかったけぇ~???

「まあ、強いて言えば、老化現象です」

 やせるドットコム、こう言われた時少しずっこけた。でも先生は続ける。

「ほら、ここの部分が少し開いていますね、この開きは2年前にはなかったですよ」

 と、示されたところを見たら、確かに開いている。5番目の頸椎と6番目の頸椎が少し開いていたのである。

「これ以上は、MRIを撮ってみないと分かりません」

 いやいや、病気の追求よりも、トレーニングができるかどうかが重要なのだ。やせるドットコムは、すぐさまトレーニングを続けることができるか聞いてみた。

 インフルエンザの予防接種を打ってもらう時、内科の先生に左肩が痛いので、注射は右手に打ってくれと言ったのであるが、この先生も、「しばらくはトレーニングやめといたほうがいいですね~」と言ったのだ。

 大抵の先生は、しばらくは止めろと言うのであるが、この先生は違っていた。

「トレーニングを止めると老化が加速します。トレーニングは続けてください。肩が痛いのは、首のヘルニアで神経が圧迫させているせいというようも、明らかにその場所の筋肉の緊張が原因です。でも、トレーニングを止めると、老化も加速して今よりもひどくなるでしょう」

 なんとまあ、トレーニングを続けなさい、というアドバイスであった。スポーツ医を掲げているだけあって先生の言うことは違う。

 でも、やはり痛いのは痛い。この痛さは、どうすればいいですか? やせるドットコムの質問に対して先生は言った。

「鍼をやってみなさい!」

 んーん、なんとまあ、新しい展開になってきたぞい。東洋医学のご推薦だ。しかし、鍼はいかがしいものではない。あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律によって、国家資格、免許がある人がやっているのである。

 整体とカイロプラクティックとは違う。これらは無資格の民間医療である。平成3年に厚生省もヘルニアにはカイロプラクティックは不向きであると通達を出しているほどだ。

 などと偉そうに言っているが、半分以上はwikiの受け売りであ~る。

 月曜日は上半身の日であったが、70kgのベンチプレスを1セット、20kgのダンベルプレスを1セットしただけで、後はゆっくり走りました。

 しばらく有酸素運動をしていなかったのでハーハー、ゼイゼイですぞい。重い重量をもたなかったせいか、肩の痛さは翌日にはなかったのであるが、鍼に行こうと思っている。

 あー、48歳にもなれば、やはり老化現象が押し寄せてくる。そういえば、最近近くを見るのがつらい。スマートフォンのバッテリーがあと何パーセントかは、眼鏡を外さないと確認できない。近視の度数が入っていると近くが見えづらいのだ・・・・・・・。

 老眼が・・・・・。

 いやいや、トレーニングして、身体は若さを保つぞい!

 はぅあ!

 読んだら、ポチッと ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

左肩の故障その1

 トレーニングがうまくはかどらない。何が原因かは、分かっている。

 肩である。左肩が痛い。そのうち治るだろうとたかをくくっていたが、おととい、念入りに上半身のトレーニングをしたら、昨日は一日中痛さが続いた。

 今までは、トレーニングの時だけ痛いだけだったのであるが、次の日まで痛さが続いている。これはもうごまかしの利かないところまできた、そう感じたので、整形外科に行くことにした。

 整形外科に行ったら、皆などこかしら痛いのだろう、予約なしで行ったので、90分待ちですと言われた。なんとまあ、繁盛していることか!

 で、病院の待合室で、Androidタブレットを使って、このブログの記事を書いている。(書いていたと、過去形になるのであるが・・・・)

 今までごまかしごまかし、トレーニングしてきたが、肩の不調はもうかれこれ半年ちかくになる。首から背中、肩にかけて、筋トレ中に激痛がはしるようになった。まあ、我慢できる痛さだったので、ほっておいたのであるが、ずっと続いて痛いと認識するようになってしまった。

 脳が痛さを認識して、記憶するようになったら、慢性疼痛の病になるのだ。

 そういえば、5年ほど前もずっと右膝が痛かったことがあったな~。でもこの時は、脚のトレーニングを除いては何とか続けることができたのだ。脚の故障は、それほどダメージが大きくない。上半身や背中のトレーニング、腹筋は可能だ。

 しかーし、肩が痛いと、ほぼどのトレーニングもだめになる。バーベルを持つという全ての動作で痛さを感じることになるのだ。何をやるにしても痛さがつきまとい、トレーニングするのが嫌になってしまった。

 と、なると自然とフィットネスクラブに行く足が重くなる。困ったものである。フィットネスクラブに通わず筋トレをしていない者が、ブログを書いて良いのかという思いが強くなり、筆も重くなる。

 病院に行くのが遅すぎたかもしれない。

 嫁は、「あんた、それは50肩よ! オーッホッホ!」と、笑っているのであるが、診断はどう出るだろう。

 待合室で、神妙に待っているやせるドットコムであった・・・・・・。

 読んだら、ポチッと ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

MRIの結果!

MRIの結果!

 胸郭出口症候群という病名をいろいろとネットで調べていたが、それも無駄な攻撃となってしまった。

「ヘルニアありますな~、ほら!」

 と指さされた、MRIの映像には、つぶれた神経がはっきりと見て取れた。

 素人が見ても、パン・ツー・丸見え!であ~る。仕方ない、あきらめよう。と、右肩に心を集中させるが、ほとんど痛くないのだ。

 いったいあの痛さはどこにいったのだろうか。不思議でならない。やせるドットコム、いつ手術をしようかとスケジュール帳に印までつけたのであるが、神様が、20年のローンをきっちりと払えと叱咤激励してくれいるようであ~る。

 働こう!

 で、写真であるが。確かにC6とC7の間で、神経が圧迫されている。誰の目で見てもあきらかだろう・・・・・。

 MRIの写真は、MRIの装置がある別の病院で撮って、自分の手で受診している整形外科に届けることになっていた。中身を空けて、窓ガラスに張って、デジカメで撮りました。

 いやいや、これはやせるドットコムのものですぞい。4700円もしました。 

 これが右らしい。

Yaseru332

 そして、これが左らしい。

 Yaseru331

 な、なんと両方にヘルニアを持っていたのだ。あー、この写真を見ていると痛くなってきた~。

 部屋のおかたずけが終わったら、トレーニング再開であ~る。ゴミの山の中で、キーボードを叩いているのであるが、皆しゃまのコメントにもお返事していきマッスル!

 で、今日も↓↓↓↓ぽちっとお願いしますぞい。このランキングは嫌じゃい!はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

部屋は片付かず・・・・・・

部屋は片付かず・・・・・・

 パソコンが使えない。
 まず、引越し直前まで使えるようにしておけばよかったものの張り切って、引越しする何日も前から箱詰めしてしまった。
 しかも、新居に入ったはいいが、私の部屋だけ未だに片付かないのである。

 片付かない理由はいくつくかある。

 まずは、右首、右肩、右腕の不調である。とにかく痛くて、片付けどころではなかった。

 絶対にヘルニアである。もう手術をする。とにかく飛び出したヘルニアを引っかきだして、この痛さをなんとかしてくれー! といった気持ちで整形外科に行ったのであるが、先生は、そんな私を見て、こう言った。

「まあまあ、落ち着きましょう。私の診断では、ど~もヘルニアではないような気がするんだよね~。ヘルニアというよりも、胸郭出口症候群じゃないかと思うんだけどね~」

 とのことであった。やせるドットコムは昔、左の首のヘルニアを経験したことがあるので、すかさず切り替えした。

「でも、先生、昔やったヘルニアが、そのまんま右に移動しただけのような感じですよ~」

 すると先生、落ち着いて・・・・・・・。

「そうなんだよね~、ヘルニアで神経が圧迫されるのも、肋骨と鎖骨で神経が圧迫されるのも、おんなじ神経根障害なんで症状は同じなんだよね~」

 んーん、そうだったのか・・・・・・。診断の前に、先生は私の右手と左手を後ろに回したり、上にあげたり、脈を計ったり、首を後ろに押したりと色々やっていたが、後でホームページで調べると、アドソンテストやライトテストやルーステストやエデンテストのどれかだったに違いない。

 その日は、レントゲンも撮ってもらった。

「背骨が曲がっているね~」

 その通りである。人間ドックでもよく指摘されるほど、やせるドットコムは背骨が曲がっている。ゆるやかなS字なのだ。悪い姿勢が、背骨を曲げたのだろう。

 でもレントゲンでは髄核が神経を圧迫していることは見えないので、MRIを予約することとなった。

 MRIは8年ぶりくらいだろうか。一番最初は、トンネルの中でガコンガコンという音を聞きながら「狭いよ~、音がやだな~」などとネガティブな感じを受けた思い出がある。

 しゃて、9月7日の本日、実はもう手元に現像したMRIの写真がある。これは後からお見せしよう。やせるドットコムのヌード写真でハイセンシティブな個人情報であ~る。わいせつ物陳列罪でつかまるかもしれない。

 などと思っている本日であるが、実は右手も右肩の痛さも引いているのである・・・・・・。

 んーん、単なる引越し嫌嫌病だったのだろうか!? とにかく、部屋を掃除して、フィットネスクラブにも新居から通うよう生活を整えよう!

 明日は、整形外科に行って、決着をつけてきマッスル。

 余談・・・・・。ゲゲゲの女房の舞台、調布にヘルニアの手術でゴッドハンドを持つ西島先生がいらっしゃる。やせるドットコムもゴッドハンド先生に診てもらおうとすぐに予約を申し込んだ!

「初診は、10年先になります。先生はこのとき、70歳近くになっており、もしかしたら手術をされないかもしれません」ということであった。

 なんじゃいそりゃ!10年先まで予約が一杯とは本当にゴッドハンドなのだろう。すごい。しかし、ゴッドハンドの先生もやぶ医者も同じ診療費ということは納得いきませんぞい!

 厚生労働省よ、提案するぞい。やぶ医者認定を行って、認定されたやぶ医者からは医師免許を剥奪するようにしてはいかがだろうか! 少年ジャンプのように地域地域で人気投票を行って、最も不評だった医者からは医師免許剥奪! 医者も新陳代謝が計られ、常に腕を磨くようになるだろう。はぅあ!

 皆しゃま、↓↓↓↓ そろそろポチっとお願いしますぞい!!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)