バルクアップ作戦

2014年6月 3日 (火)

やっぱり腕が痛い

やっぱり腕が痛い

 上半身のトレーニングが最近ものすごく嫌になっている。

 左腕が、肘から前腕にかけて痛いのである。70kgのバーベルまでは何とか挙げれるのであるが、それ以上になると激痛が走るのである。

 神経痛なのか器質的疾患があるのか分からない。

 神経痛:そこが痛い訳ではない。首のヘルニアのせいで、神経が圧迫され、あたかもそこが痛いと、脳が感じているだけ。

 器質的疾患:そこに炎症がある。

 どっちか分からない。病院に行っても大抵の整形外科医は80%、疼痛の原因をつかめないのだ。

 なので、整体やカイロなどの疑似科学に頼ってしまう。こいつらの商売が成り立っているのも整形外科学会がアホだからであろう。

 もしも整形外科医がこのブログを見ていたら、恥るべきである。

 さて、バーベルでベンチプレスができないとなると、代替のレジスタンストレーニングをしなければならない。

 それにはバタフライしかないのだ。泳ぐバタフライではなく、バタフライマシーンである。

 肘までしか使わないので、痛さは半減する。半減といっても痛いのは痛い。

 このブログには、初代仮面ライダーやゲッターロボで育った同年齢の方も多いようであるが、もしもあなたが20代30代だったら、知っておいてほしいことがある。

 そう、老化だ。人間は老いる。

 やせるドットコムが30代までの時は、自分が老いるなど思ってみなかった。

 やせるドットコムが書いた本「奇跡が起きる筋肉トレーニング」を読んだら分かると思うが、自分の身体の変化、ムキムキになっていく自分に、老いとか寄る年波とかは全く関係ないものだと思っていたのである。

 しかし、50歳間近になり、白髪もチラホラ、神経痛?も出るようになり、レスベラトロールやメラトニンで若返ろうとしても、逆に思うのである。

 「あと30年は生きることができないだろう」と。

 ただ、たばこを吸ったり、深酒したり、食欲のままデブになったりしていないので、松山千春のように、レコーディングした歌も素人かと思わせるような病的老化を体現した身体にはなっていない。

 歌声は軽やかで、電話に出ると未だに「お父さんかお母さんはいますか」と間違えられるトーンの声である。

 いくら病気になって入院しても、胸に聴診器をあてる看護婦さんから「む、む、胸が腫れています!!」と勘違いされるほどの胸筋である。

 いやいや、このブログで見栄を張る必要はない。老いを感じているのだ。

 だから、20代30代の方々は、すぐにたばこをやめ、毎日三食後歯を3分以上磨き、そして、何より筋トレをせよ、と言いたいのだ。

 明らかに自分の身体に悪いことをしていると、50年くらい経ったときに、そりゃもう哀れむような見た目になっているし、身体も機能しない。

 でも、20代30代の若造に、やせるドットコムのこの声は届かないだろうな。でも40代後半、50代になったら、どうせ身にしみるのだ。

 その時は、やせるドットコムはこの世にいないと思うが、もう2冊くらい本は出しておきたいぞい。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

ようやく力が戻った

ようやく力が戻った

 ラットプルダウンで100kgを体重をかけたり、こねくり回したりといった何の工夫もなしに引っ張れるようになった。

 筋肉が戻ったようである。

 やせるドットコム最近あんまり、トレーニングをしたくなかったのであるが、ブログのネタとともに少しずつ復活させようと思う。

 カーツトレーニングも、ジムの中で教室が開かれるようになって、私以外でもやっている人を、たまーに見ることがある。

 身体は鍛えておかないと、いつ何どき、筋肉を使う時が・・・・・そんな機会はあまりないだろうな~。

 しゃて、財布を拾ってからであるが、実は警察から電話があったのである。そこで、電話をかけてみたが、取得物を扱っている課は5時で終わりで、土日はお休みだった。

 さすが、事件性のない部署は公務員のお仕事そのままである。

 眠たいので寝ます。

 みなさん、会社や学校に行くときはマスクをしましょうね。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

身体が痛い!!

朝バナナダイエットが流行っているらしい。

 朝バナナダイエット、これはゴロ合わせがいい。
 でも、痩せたという芸能人をTVで見たが、まだまだデブだった。あろっ?

 やせるドットコムの朝は、パン食である。

 結婚してからそうなった。私の実家はミソスープとごはんであった。そしてご飯には卵を落として、醤油とグルタミン酸たっぷりの味の素をかけてかきまぜ、はふはふと食べていた。これじゃー血圧が上がるわな~。

 嫁は昔から朝はパン食だったらしく、結婚した後はその習慣が私の習慣にもなってしまった。

 このパン食には、必ずヨーグルトが加わっている。フジッコのカスピ海ヨーグルトを10年間毎朝食べている。全部食べきらないで、種菌として残し、これに牛乳を加えると、2日ほどでまたヨーグルトになっている。このため、市販のヨーグルトは買ったことがないのであるが、毎朝ヨーグルトを食べることができるのであ~る。

 このヨーグルトに、フルーツとオリゴ糖を加えるのであるが、定番のフルーツがバナナなのである。

 で、店にバナナがない。

 困ったものである。このバナナダイエット、やせるドットコム、予言するが、一時的な流行に終わるのは分かり切ったことであるのが悲しい。

 しゃて、やせるドットコムは、流行りもんはほっておいて、トレーニングである。最近、かなりゆるめのトレーニングで切り上げていたせいか、久しぶりに身体のあちこちが不愉快な痛さを発してきた。

 私の場合、筋トレをさぼってしまうと、この嫌な痛さが出現する。

 首や、背中、肩、腰、目などが痛くなる。本当に痛いのかと押してみると確かに痛い。

 しかし、これは、2週間ほど追い込みをしっかりかける筋トレをすると治るのだ。過去はそうであった。実に不思議だ。

 まるで身体がトレーニングを止めるなと言っているようなもんである。

 10月から再びトレーニングを見直して、きちんとしたフォームを再構築しようと思う。そして、久しぶりにプロテインを導入しよう。

 BCAAは確かに疲れく細くはならないが、筋肉は太くはならない。栄養とフォームを見直してちびっとでもバルクアップを図ろうと思う。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

プロテイン購入

 今日は仕事場で面白いことがあった。

 やせるドットコム、最近急に痩せ始めたのである。原因は何か・・・、夜、9時以降全く食物を摂らないようにしたのである。特にアルコールも断っているのが利いているようである。アルコールはすぐに糖分となり、血液の中に充満する。この時、身体はエネルギーとしてこの糖分を使う。

 人間の身体は、寝ている間もエネルギーを消費しているのである。これを基礎代謝というが、このエネルギーの元にアルコールを分解した糖分が使われるか、体脂肪を分解した脂肪酸がエネルギーとなるのかに違いがある。

 夜に酒を飲まないだけで、身体の中の化学変化は大きく異なっているのである。その結果体重がガタりと落ちてきたのである。

 さきほど計ったら63.8kgであった。

 仕事場でも「t-babyさん、痩せました?」と聞かれたので、「ええ、ここ3週間で4kg痩せました。私は1週間で2kgくらいは簡単に体重が変わるのです。」と答えると、「ひょえー、どうやったら落とせるか教えてー!」と言われました。

 私は、「ふふふふふ」と答えたのですが、昼休みに近くのスポーツショップに走ったのである。われわれの中で痩せるのは喜びではない。バルクが落ちたねーという屈辱の言葉になるのである。体脂肪率が減るのはよいが、見た目でも小さくなったと思われたら負けなのだ。

 そこで、やはり筋肉の元となるプロテインを、食事の合間合間で摂ることにしたのである。1.2kgを買ってきた。

 昼休みも終わろうとしていた時に、給湯室で一人でシェイクして飲んでいると。

 お茶を入れにきた女性社員が大きな声で「t-babyさん、ミルク飲んでる!。」と叫んだのである。

 こういう時に狼狽すると、明日、仕事場に来た時は、「ミルク野郎」と呼ばれているに違いない。そこで間髪入れず、

「そうなんですよ、ママの味が忘れられなくて~。」とかわしたのである。

「なんですか、それは?」と聞いてきたので、

「これがプロテインです、筋肉の元です。」とお答えしておきました。

「ふ~ん。」で終わりました。

 まあ、私がトレーニングをしていることは誰もが知っているので、ミルクとは思わないでしょう。いや思わないで欲しい!。

 明日は、また、出張でトレーニングができない。んーーん、リズムが崩れますなー。
でも負けませんぞい。はぅあ!


bannerBlogランキングに参加しています。コントレックスでプロテインを溶かすと、とてもよく溶けます。みなさん試してみてください。びっくりするくらいさらさらになります。まずくもないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

年末は格闘技

 あけましておめでとうございます。お正月に私のブログを訪ねてくださり感謝しています。

 DVDレコーダを2台つけて、どっちの番組も見ました。試合の勝ち負けよりも。選手の身体を、筋肉のつき具合をじっくりと拝見させて頂きました。

 ボブ・サップの身体はナチュラルなのか?です。小川と吉田は二人とも筋トレをしている人間の身体ではないです。胸がペッタンコです。ボビーの身体は、胸も肩もすごく筋肥大しています。絞ったらボディービルの選手としても通用するでしょう。

 曙は論外です。あの身体はスポーツをやる人間の身体ではない。多分もう手遅れなんでしょう。曙の身体をシュワちゃんみたいにできるトレーナがいたらノーベル賞ものです。
 さて、一番すごい身体をしていたのは、山本“KID”徳郁 選手でした。

 彼の身体はすごい、ブログの写真ではスマートな感じですが、画面で動いている彼の背中、その隆起した筋肉群。うなりました。

 全体に大きいのではなく、ひとつひとつの筋肉が十分すぎるほど発達しているのです。そのために、背中の中に平たく収まりきれないで、はちきれんばかりに盛り上がっていました。

 筋トレも相当やっていますなー。あの身体。

 やせるドットコムも今年の目標は、今ある筋肉を使える筋肉にしていくことと、腹筋をとにかく割ることです。もちろん脂肪ではなく筋肉で。

 皆様今年もよろしくお願いします。はぅあ!。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月19日 (土)

バルクアップ作戦開始!

 結局、定番のフィットネスクラブが休みの5日間、しのぎで他のダメダメ大手フィットネスクラブに行ったのが2日間であった。体が鈍(なま)っているのが自分でも分かる。
 過去は、気分しだいでフィットネスクラブに行ったり、行かなかったりした。多いときでは1ヶ月行かなかった時もある。スーパーマッスルパワフルバディのコーチからは、

「フィットネスクラブに来ないなら、止めた方がいいですよ。」と言われ、また週に2回くらいは行くようになったのだ。

 1ヶ月フィットネスクラブに行かないと、身体にどんな変化が起こるか。これが実に面白いのだ。

 ①背中が痛くなる。多分これが肩こりだろう。
 ②腰が痛くなる。
 ③首が太くなっているのが自分で分かる。

「あっ、今、首太くなってるわー。」これが実に気分が悪い。ほんまかーと思われるかもしれないが、いつも着ているシャツの首周りが苦しくなって、ついネクタイを緩めたくなるのである。

 背中や腰の痛さであるが、線維筋痛症という病気がある。全身のあちこちが痛くなる病気で、痛いところを押すと確かにそこが痛いのだ。筋肉、関節、骨までに痛さを感じる病気だ。私はこの線維筋痛症は単なる運動不足からくる、神経の変調であると思っている。
 医学者に調べて欲しいのであるが、この線維筋痛症の患者の普段の運動量である。運動量が平均の人よりも極端に少ないのではないだろうか。痛いことで、身体はもっと筋肉に刺激を求めていることを教えているのだと私は思う。もしもこの仮説が正しければ、線維筋痛症は単なるへたれ病であろう。そうなった場合は保険の適用から外せばよい。処方は「運動」である。

 「運動」しない人間は、心も身体も負の方向に変調をきたす。これを「へたれ」と私は呼ぶ。

 しゃて、実はすでに金曜日から昼トレも再開して、フィットネスクラブには再び通い始めている。クロストレーナは、200kcalを消費するのが、恥ずかしいことにしんどい。

 ダンベルもバーベルも重い。

 ほんの少しの習慣のずれが、身体に与える影響が大きい。人間の身体には「リズム」があるのだなーとつくづく感じる。

 本日、フィットネスクラブでち○こ裸で62.9kgだった。さて、バルクアップ大作戦をこれから開始しましょう。

bannerBlogランキングに参加しています。よろしくお願いしマッスル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)