フィットネスことはじめ

2015年1月19日 (月)

なぜトレーニングするのか

なぜトレーニングするのか

 ようやく分かった。

 あの時の自分から脱皮するためである。もう少し自分に自信があればと思って、天に毒づいた自分を変えるためである。

 そうすれば、もっとあなたに・・・・・・・。

 んーん、残念ながら嫁しゃまの為ではないようだ。

 自分が何のためにトレーニングしているか、先週の日曜日に気がついた。もやもやが言語化できたことで、精神のつっかえが取れた。

 んーん、フロイトの言っていたこととはこれだったのか~。

 などと、わけの分からんことを思っている今日このごろであるが、さっき家に帰り、飯を食べました。その後サプリメントを流し込み、今ブログを書いています。

 どこから帰ったかでありますが、もちろん、フィットネスクラブです。

 今日は上半身の日でした。相変わらず、左の肘が痛い。押したら痛いポイントが「テニス肘」らしいのだ。

 テニスなど1度やって、面白くないと、今までやったことがありません。小学生の頃からずっと卓球をやっていて、「どうせ、卓球の大きい版だろう」と思って、同じようにラケットを振ったのであるが、玉は、足下のコートに当たってばかりだった。

 卓球とテニスのラケットの玉に当てる角度が全く異なり、玉が前に行かないのだ。よっぽど羽子板のほうがうまいくらいだった。

 そんなテニス嫌いのやせるドットコムでも「テニス肘」になるのだ。これが治らない。あと半年、こんな感じならば、いっそのこと手術しようと思うくらいだ。ただ、日常生活には全く支障がないので、どう医者に言おうかと思案しておりますぞい。

 それでも、なんとかマシーンも使いながら上半身のトレーニングを終わったのでした。
 途中、「ふん、あんた、ベンチプレス80kgで終わりかよ~」という目で見られたので、ラットプルダウンを100kgで引っ張って、5回ほど、おすまし顔のやせるドットコムでした。

 あのね、歳をとると故障が増えるの! こんなこと書くとまたアクセス数が減るのであるが、事実です。

 なので、若者よ! 若いうちから筋トレしなさい!

 なんだっら私が教えてもよい。1時間5000円からです。

 さて、明日は、フィットネスクラブでやってはいけないをいくつか書いて。次は、アンチエイジングの話をしよう。

 もうランキングなどどうでもよいが、押してね

 ↓↓↓↓ はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

ジムでやるなよその3

ジムでやるなよその3

 前回は、ぶっちゃけ単に「犯罪するな!」よーーー、という記事になったのであるが、今回は、もっとフィットネスクラブよりにならないと「やせるドットコム」流の記事にはならない、そんな全国の女子高生の皆様のリクエストにお答えして記事を進めたい。

 今、女性に人気のフィットネスクラブにカーブスがある、足のトレーニングをやったら次肩を、そして胸をと、円形に備え付けられたマシーンをグルグル回って30分、有酸素運動のような筋トレでみるみる痩せるフィットネスクラブである。

 実際にトレーニングをしている風景を見たが、非常にいい!

 筋トレの効果も高い。

 だたし、このやり方を普通のフィットネスクラブのマシーンで真似てもらうと、大迷惑なのである。

 カーブスの場合は8つくらいのマシーンをぐるぐる回ってトレーニングであるが、フィットネスクラブのフリーウェイトの場所で5つほどの器具を使って、ぐるぐる回っている人が、年に4人くらい出くわすのであ~る。

 まず、ベンチを占領しそこでダンベルプレスをする、そしてそのダンベルを置いたままマシーンに行きプルダウン、そして腹筋ベンチに行き腹筋少々、ついでに脚を鍛えるマシーンでレッグエクステンション、それからほっと一息水を飲む。

 ときたもんだ。

 その間、ダンベルプレスのベンチは5分以上のインターバルとなっている。

 本人は「トレーニング進行中!」と悦に入っているかもしれないが、そのベンチを待っている人間からすれば、大迷惑なのであ~る。

 サーキットトレーニングは、効果のあるトレーニングですぞい。いやいや、ロングブレスのようにほんの少しの動きで、どんな仕組みで、カロリー消費しているのか分からないトレーニングと呼べないものよりも、動いている分、よっぽどいいものである。

 しかし、マシーン、器具を長いインターバルで占有するのはやめて欲しいのだ。

 トレーナーにうったえるのもよいが、やせるドットコムの場合は大抵終わるのを待ちます。

 まあ、しばらくかかりますが、しばしの休憩です。

 でもね、サーキットトレーニングで長いインターバルをとって、マシーンや器具を遊ばせないでね。

 そこんとこ、よろぴく! はぅあ~!

 そして↓↓↓↓ 押してね! よろぴく!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

ジムでやってはいけない!2

ジムでやってはいけない!2

 大学、大学院時代はまさか自分がその後フィットネスクラブに通い、本まで執筆するようになるとは思ってはいなかった。

 Amazonの★ではようやく★4つまできたぞい!

 今はPHPから電子書籍で売られているのでぜひ購入してほしい。2,3ページ読めば、最後まで一気に読めるはずだ。

 やせるドットコムの文章は、そもそもがすーっと頭に入るのであるが、優秀な編集者によって更に抵抗なく頭に入る。

 まあ、触れば指が吸い込まれていく、鋭いナイフのような文章であ~る。でも読者の指はあまりにも鋭く切れたために、つまめばすぐに傷口がふさがるのだ。(ここで、ブラックジャックの、よく切れるメスを想像したあなた、明日必ずいいことが3つはありますぞい)

 いやいや、20年もね、フィットネスクラブに通っているとフィットネスクラブの掟が身にしみて分かってくるものであ~る。

 先日の割り込み強要おっさんなどは、序の口なのだ。

 中には犯罪者もいるので注意して欲しい。やせるドットコムが経験した犯罪は以下の通りである・・・・・・。

 他人のバスタオルをかっぱらう。

 これには困った。いざ身体を拭こうとおもったら、置いていたバスタオルがないのだ。窃盗である。白いふわふわした今治のタオルだった(に違いなかった)のだ。このときはへこんだ。

 あとは、人のロッカーを開けている奴がいた。

 さすがにこれは、ちらっと見ていた知り合いのおっちゃんが怒って、事務方を呼んでいた。でも、簡単に開くロッカーの鍵も鍵である。

 それから、人の靴に水を入れた事件があった。何の意味があるのかさっぱり分からない。

 そして、トレイのトイレットペーパーを、引っ張って引っ張って、トレイの中をトイレットペーパーでモクモク状態にしたことがあった。なかなか面白いが、よっぽどストレスがたまっていたのではないだろうか。

 あー、そういえば、エレベータの中で女性同士が喧嘩していたこともあった。バックが触れた触れないというささいなことだった・・・・・。くわばらくわばら。

 やせるドットコムは真っ白のふわふわのバスタオルを盗まれただけであるが、20年も通っていると犯罪も起こるので、被害に会わないように注意する必要はありまーーーーーす。(STAP細胞かよ・・・・、理系女性がリーダーとなったことで、彼女のような小学2年生の姪っ子に「理系女子になれ」と言ったのであるが、それが裏切られ、もうがっかり)

 あー、すみません今日はもう寝ますぞい。

 で、今日も↓↓↓↓ 押してね。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

やってはいけないジムでの作法1

やってはいけないジムでの作法1

まさに昨日である。曲がるベンチ=インクラインベンチで、鏡の前でトレーニングをしていたらおっさんがインクラインベンチの前にある補助のあるプレスベンチについて聞いてきた。

「使っていいか?」と言うので、えらい上から目線でものを言う人だな~と思っていたのであるが、「どうぞどうぞ」と場所をお譲りしました。

 そうしたら、ベンチプレスしているおっさんが、しばらくするとやせるドットコムにこう言ったのであ~る。

「やりにくいんで、向こうに行ってくれ」と。

 びっくりしましたぞい! このおっさん、多分お仕事場では人に指示をするお偉い立場の人なのであろう。

 しかしだ、やせるドットコムは今、まさにここで、ショルダープレスをしているのだ。

 すこし後ろに下がったのであるが、おっさんは不満らしく、「なんでどかないだ、そっちが空いているだろう」と言ってきたのである。

 あー、えらいお方に捕まってしまったと思い、すぐさま、近くにいたトレーナーを呼ぶことにした。喧嘩にならないこつは、善意の第三者を入れることである。

「私がここでやっているとやりにくいと言われてます。でも、最初にこの場所にいたのは私なのですが・・・・・・」

 と冷静にうったえたのだ。

 私がショルダープレスをやっているとダンベルが落ちてきそうで怖いだの、あっちは空いているだの、ベンチプレスの準備運動ができないなど一生懸命にうったえておられました。

 でも、トレーナーの「最初にこの場所でトレーニングをしていたのはこの方です」という一言で、そのおっさんは去っていったのであるが、「お前は大人げない」とやせるドットコムを指さして吐き捨てていったのであ~る。

 まあ、ここで本も出版しておらずブログも書いておらず、世間に知られていないのであるならば、「こるるるるるぁ」とすごみの一つも入れたのかもしれないが、私はやせるドットコムなのである、むしろ「あっ、面白いブログのネタが一つ増えた!」と逆に心の中で感謝したのである。

 これは、昔筒井康隆さんが、鍋焼きうどんを頭からかぶって「あつーい」と悲鳴を上げている子供をみて書き物のネタが増えたとエッセイに書いてあったが、それを思い出した。そういえば、筒井康隆さん大好きだったなら~、「旅のラゴス」が平積みになっていたが、「にぎやかな未来」のほうがもっと面白いですぞい!

 しゃて、後からトレーナーが私のところにきて、「t-babyさんは悪くありませんので、すみませんでした」と言ってくれたのだ。それだけではない、近くにいたさらに年配のお客さんが、「ずっと見てたけど、あの言い方はないよね~」とも言ってくれたのだ。

 どうやらジャッジでは、私が正しいということになったようである。

 あのおっさんは、多分、いつもの会社の感覚で、人に指示したのであろうが、はっきり申しあげるが、それは「強要」でしかない。

 20年近くフィットネスクラブでトレーニングしているが、そこにはフィットネスクラブのマナーがある。続けたければそのマナーを守る必要があるのだ。

 今日紹介したのは、まずは、「今使っている人が優先される」というすごく当たり前のマナーである。ビジネスマンで言えば、最初に入れた予定が優先されるということだろうか。ただ、今使っている人にもルールがある。

 やせるドットコムが行っているフィットネスクラブは「同じ器具は15分以上は使わないでね」ルールである。

 ルール違反があった場合であるが、直接あなたが解決する必要はない。そう、トレーナーに言うのである。トレーナーがジャッジをして、正しい判断を下すのだ。

 会社で偉くとも、稼ぎが少なくとも(←わしかい!)、マッチョでも、ガリガリでも、太っていても、同じサービスを利用しているなら、皆平等、そこに格差など存在しないのであ~る。

 おかげさまでだいぶ上位にきましたぞい!20位以内はもうすぐです。

 押してね↓↓↓↓↓はぅあ!

                
banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
  本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
  上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

トレーニングはじめ

トレーニングはじめ

 年末は、大掃除に追われてフィットネスクラブに行くことができなかった。

 大掃除だけではない、嫁しゃまが、倒れてしまった。前の日に町医者にいったのであるが、単なる風邪と診断されて安心していたのであるが、朝の6時前に気になって嫁のベッドまで行ってみると、ほとんど虫の息であった。

 熱を測ると39度℃もある。急いで一番近い大学病院に電話して「救急で行って診てもらえますか?」と聞いたのであるが、「んん~」と言ったような返事だったので、

「もういいです、救急車を呼びます!」

 と救急車を呼ぶことにした。これで救急車を呼んだのは4回目である。嫁は初めてであるが・・・・・・。

「とにかく熱があって、動けなくなっています」と言い、住所を告げた。その間なんとか嫁にコートだけでも着せ、ベッドから廊下まで運んでマンションの下まで降りて救急車を待っていた。

 救急車がやってきて、そりゃ素早くストレッチャーを下ろして、エレベータまで来たのであるが、どうやっても、エレベータの床の長さよりもストレッチャーが長いのだ。

 これじゃ、入らない。立てて入れたとしても、嫁を乗せて運ぶことは困難である。まあよい、やせるドットコム、デッドリフトは120kgはできる、嫁は39kgしかない、いざというときはストレッチャーをもって、救急隊員と一緒に階段を降りよう・・・・・ぞい!

 などと考えていたら、救急隊員が、エレベーターの中の壁に磁石でくっつけてあるシートをベリベリと剥がしはじめたではないか。

 そして、剥がしたシートを1階の踊り場においたかと思うと、腰にじゃらじゃらとあった鍵の束を手にしたのである。そして、エレベータの壁にある鍵穴に中の一つを突っ込んで回したのである。

 は、はぅあ~。

 やせるドットコムは本当に驚いてしまった。ストレッチャーが入るだけの空間がぽっこりと出てきたのである。

 なんとまあ、エレベータってこんな仕組みになっていたのね。知らなかった。

 で、ストレッチャーを載せて、我が家の前まで来たのであるが、ドアを開けると嫁は相変わらず廊下にぶっ倒れている。

Yaseru020

 不謹慎ではあるが、後で嫁に見せようと写真を撮ったのである。

 で、大学病院ではない別の大きな病院に連れて行かれたのであるが、検査の結果「インフルエンザ」であった。

 町医者の誤診である。昨日動ける段階でタミフルを飲んでいれば、こんなに悪化はしなかっただろう。見た目だけで判断したようだ。

 この町医者であるが、本当に藪医者である。嫁は院長に診てもらったらしいが、この院長が藪なのだ。大腸ポリープの内視鏡検査を完了させることができず、それでも診察料を取ったり、今回のように風邪を誤診したり、やせるドットコム自身は肺梗塞の症状であったのであるが「なんでもない」と言われたこともあった。

 とんでもない病院である。今度何かあったら実名挙げてブログで公表したい。

 で、嫁であるが、4時間ほど点滴を打って、意識もはっきりしてきたので帰ってよいということになった。

「タミフルの処方はありますか?」

 と尋ねたら「ないですよ」と言うことだったので、驚いていると、なんとタミフル5日分に匹敵する薬を点滴済みだということであった。

 恐るべき、日本の医学。

 で、嫁もようやく復活したので、楽天で買ったおせちを一緒に食べ、本日フィットネスはじめとなったのでした。

 救急隊の皆様ありがとうございました。

 皆しゃま、予防接種をしてもインフルエンザにはかかります。病院に行ったら、必ず検査をしてもらいましょう。早いうちにタミフル飲んだら治りも早いようですぞい。

 はぅあ!

 さあ、順位を上げたいのです。↓↓↓押してね。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

体育の日を機会にトレーニング開始しよう!

  アクセスログを調べてみると、昨日、「会社で健康管理を担当する人たちへ」の記事を何度も何度もリロードして200回近く読まれている方がいたようであるが。

 「くびれなし」でないことを祈る。
 「くびれなし」なら、痛いところ突かれたのだろう。

 そもそも、デブが、健康など語る資格などない。自分が管理できていない人間が、他人のことを考えるなど、おこがましい。

 たとえ医者であっても、栄養士であっても、パーソナルトレーナーの資格をもっていても、「あんたのようなデブになりたくない」と思われた時点で、帰ってよしである。

 そんな資格などなくても、スーパー・マッスル・パワフルバディの実際の人からの体験談のほうが、100倍は、よい。

 デブや喫煙者が、他者の健康管理を語る資格はない! たとえ、医者でも栄養士でもだめ。いわんや、単なる会社の一担当者はご自身の身体の線と十二分にご相談してほしい。
 以上! ではない。

 やせるドットコムは、いま身体が揺れている。この感覚は3.11の後の余震でしばらく感じていた感覚であるが、地震が原因ではない。新幹線である。

 早くリニアモーターカーになって、飛んでほしいものである。絶対にガタガタに揺れないだろう。

 1週間の間に、関西地区まで2回も出張した。さすがに疲れましたぞい。

 「はぁ~」とため息をつきながら帰りの電車の吊り広告を見ていると、スポーツ祭東京2013の告知だった。

 そう、体育の日である。

 で、家に帰ってホームページを見たのであるが、「スポーツ祭東京2013」がいったいなんなのかさっぱり分からなかった。

http://www.sports-sai-tokyo2013.jp/

 祭りならば参加できる何かがあるはずだと思ったのであるが、探せなかった。見学は参加ではない。

 しかし、読売新聞では体力測定の広告があったのだ。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/otonasports/

 10月27日であるが、たぶん皆さんの近所でも体力測定のイベントをやっているかもしれない。検索して調べてほしい。

 そして、これを機会にトレーニングを開始してほしいのだ。

 はぅあ!

  いやいや、↓↓↓↓ 押してって! 順位さがっとるがな。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

会社で健康管理を担当する人たちへ

会社で健康管理を担当する人たちへ

 なぜ、皆すぐに「食」に走るのだろうか、しかも「社食をよくしよう」と頭に浮かぶらしい。実に不思議だ。

 どこからこの思考がきたのだろうか。考察すると不思議ではなかった。タニタの食堂の本がヒットしたのが大きいようである。この本は嫁も購入している。あの本は誰もが購入したいと思うだけのインパクトがあった。

 が、会社の社員の健康状態をあげたいと思う担当者は、食を中心にすべきではない。 頭の程度が丸わかりだ。

 何度も言うが、人間は植物ではないのだ。植物なら、窒素・リン酸・カリという必須の栄養素をいかにタイミングよく与えるか、これに注意を払う必要があるが、動物は、その名を表すがごとく動く物なのである。

 運動してナンボのもんじゃい! 健康状態をよくするのにはじめに運動しないでどうする!

 タニタのように社食を良くしたとしても、社員の健康状態が上がらない理由はまだある。

 健康状態が悪い社員は、ほとんどが生活習慣が悪くデブになっているのであり、朝昼晩の一般的な3食のうちの、たった1食を、いい食材を用いても、低カロリーにしても、野菜をたくさんにしても効果は少ない。

 悪玉コレステロールを上げているのは、その昼食以外の時に食っているお菓子や糖分たっぷりのジュース、あめ玉、忙しいという言い訳のもと作らず、外で買っている菓子パンのような朝食、夕食なのだ。

 その上さらに、基礎代謝量が落ちた身体に、間食、間食、いやしいおやつの回し食い。そもそもがカロリーを取り過ぎているのだ。

 たった、昼飯の1食だけ変えても、何の意味もない。むしろ、その昼飯抜いたほうがよっぽど健康的ではないか。

 健康状態を上げるために着目すべきことは次の公式である。

摂取カロリー < 基礎代謝量 + 消費カロリー

 である。BMI値が22になるまで、この公式を守れば、健康になる。(日本肥満学会では、この22が統計的に最も病気にかかりにくい値だとしている)

 摂取カロリーで注意すべきことは、食材ではない、脂質、タンパク質、炭水化物(糖分)の比率である。炭水化物が多い日本人は、これを抑える必要がある。そして、トレーニングをして、もっとタンパク質をとるべきなのだ。

 基礎代謝量、これは筋肉をつけて上げる必要がある。筋トレして筋肉をつけ、1日100kcal以上の基礎代謝量を上げれば、自動的に痩せていく。

 そして、消費カロリーであるが、これを大きくするためには、有酸素運動を続ける必要がある。心臓と肺を強くして、持久力を上げ、筋肉トレーニングしても疲れない身体を作るのだ。

 タニタの食堂のようにしても、ほぼ効果はない。

 そもそも、健康状態を上げるのに「食」に着目してはいけない。着目すべきは、体脂肪率と基礎代謝量なのだ。そして、見た目であると思っている。

 食に執着すればするほど、食ってしまう。デブになる。何を食べる、減らすかではなく、結果どのような身体になっているかに執着することが最も大事なのだ。

 

 日本の英語教育のようなものだ、単語をいくつ覚えるか、文法がどうかに執着しすぎで、結局話せない。野球もそうだ、野球の歴史や投げる角度やルールの前に、身体を動かして野球するだろう。木を見て森を見ず。

 人類が生まれて今までの時間を100%とすると、食に困らなくなった時代はここ2%ほどだ、飢餓の時代の98%に遺伝子にすり込まれたものが2%の間に変わることはできない。飢餓の時代の遺伝子を持った人類に、マクドナルドのビックマックを与え続ければ、すぐにパンクして壊れてしまうのは目に見えている。

 この飽食の時代に、地獄をさまよう餓鬼のごとく、食に執着する必要はない。それはもういいのだ。

 それから、会社で社員の健康を考える担当者は、まず自分の身体が「くびれなし」になっていないかを確認してほしい。ぶよぶよの身体の奴から「おもてなし」されてもうれしくはない。「くびれなし」は、社員の健康を考えることは絶対にできない。道を踏み外しているからだ。資格がないのだ。

 まず、君が、手本となるような身体を作ることからはじめなさい。そうすれば、食よりも大切なことが、ごまんと存在することに気がつくだろう。

 

 会社の産業医や栄養士の身体を見て欲しい、衛生担当の社員の身体を見て欲しい。くびれがなかったら、それだけでクビにしてよい。

 とにかく、運動である。やってみろ、ほるるるるるるら!

 はぅあ!

押してね ↓↓↓    ありがとうございました!!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

筋トレで自動カロリー消化だ!

筋トレで自動カロリー消化だ!

 なぜ、筋トレはそんなに大切なのか!?

 そう思う人も多いだろう。特に日本人はそうだ。

 なぜ、そう思うか。世界大会と名のつく大会の出場者を見てほしい。なんと貧弱なことか・・・・・・。

 特に日本陸上界の選手の方々の身体だ。

「なめとんかい~」

 と言いたいほど、筋肉がないのだ。やせるドットコムの中では、短距離選手はすべて、ベンジョンソンのような身体をしているべきだと思っている。

 日本人の野球選手も、大リーグでもそうだが、とにかく細い。

 彼らは、人間の身体能力のMAXで投げたり打ったりしているのではなく、単に「若さ」という武器で仕事をしているにすぎない。

 なので、選手生命もあっという間である。筋トレしていない身体の選手は継続性が全くない。

 誰のことを言っているか、分かる人だけ分かればよい。

 中畑監督が言っていた。

「走り込みが全てです。オフシーズン中に走り込みをしていない選手は駄目なんですよー!」と。

 この程度である。なので世界で勝てるはずがない。実際勝てなかった。それが証拠である。

 走しればいい、そんな時代もあっただろうが、そんな時代はすでに終わっている。ウサギ跳びの時代も終わり、筋トレすれば身長が伸びないと言われた時代も、昔々のお話であ~る。

 日本の指導者の考え方が古いせいで、日本のスポーツの成長は、どんどん芽を摘まれ、マイナス成長させられているのだ。

 そんな負のステレオタイプは捨てて欲しい。

 筋トレは、大切なのだ。ここに実験の結果がある。

 10代後半の学生から30歳くらの一般の人に、3ヶ月の筋トレをしてもらった。その結果であるが、例外なく誰でも、安静時の代謝量が増えたのである。

 その増えた量は3パーセントを最低として、平均で7.5パーセント増えたのであ~る。

 マフェトン理論では「アネロビク運動=筋トレ」を禁忌(やっちゃいけない!)としているが、この点で全く矛盾しているのだ。

 有酸素運動で志望を燃やすのだとしているが、筋トレすれば、なんと特に運動しなくても1日あたり、100kcalから150kcalの代謝量が増すのである。

 これは、有酸素運動のウォーキングの45分に相当するのだ。

 そう、3ヶ月筋トレして筋肉量を増せば、何もしなくても、毎日ウォーキング45分やっているのと同じになるのである。

 特保のコーラや、黒いお茶や、ヘルなんとかとかいう飲料水を飲むよりも、よっぽど確実で費用がかからない方法なのである。

 特保を買う輩は、買い続ければよい。コスパの悪さはMAXボンバーであ~る。

 特保を買うより筋トレしよう!

 特保を買っても身体の線は変わらない。筋トレすれば、この空間に美しいあなたの境界線を描くことができるのである。

 特保もすてたもんじゃない!と主張するあなた、特保で腹筋が割れたあなた、やせるドットコムに劇的ビフォー、アフターを示してほしいものである。

 はぅあ!

 代謝量のお話は、石井直方先生の「一生太らない体のつくり方」の55ページを参照しましたぞい!はぅあ!

 ごめんなさい!修士号を持っているので、ブログの記事も科学的に(!?)なってしまいマッスル!

 押してね↓↓↓↓ 皆様のおかげで10位以内に返り咲き!!はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

筋トレするには心臓も鍛えよう

 マフェトン理論は、健康的に競技成績を上げるために作られた論理で、フィリップ・マフェトン博士が考案したものである。

体脂肪を燃やすカラダになる! 新・実践 マフェトン理論 (別冊宝島)

中古価格
¥317から
(2013/10/6 22:28時点)

体脂肪を燃やすスポーツトレーニング (宝島社文庫)

新品価格
¥630から
(2013/10/6 22:29時点)

 博士は、関西テレビがねつ造し放映した希代の詐欺番組「発掘!あるある大事典」とは違い、科学的に以下のことを証明している。

 ●エアロビック筋を鍛えると、肉体的にも精神的にも疲れにくい体質に改善できる。

 ●エアロビック筋を鍛えると、アネロビック筋を使う運動のダメージも最小限にできる。

 である。

 しかし、やせるドットコムがこの理論を好きでないのは、アネロビック運動=筋トレを推奨していない点である。

 筋トレは必要なのだ。大切なのだ。

 しかし、筋トレするには、有酸素運動をやって持久力のある身体になっていないとできないのだ。

 なぜか・・・・・・。筋トレでアネロビック筋が疲れる前に、有酸素運動ができずエネルギー交換ができず、いってみれば心臓と肺が一気に疲れてしまい、いやいや、こんな表現では分からん!

 ジョギングに慣れていない身体で、いきなり筋トレしても、筋肉が疲れる前に、「ハーハー、ゼーゼー」なってしまい、全くトレーニングにならないのだ。

 せめて、5kmほどのジョギングができる身体になっていないと、ハードな筋トレはできない。

 ほんまかいな?

 と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、これはやせるドットコムの経験として断言できることなので仕方ない。

 マフェトン理論でも「エアロビック筋を鍛えると、アネロビック筋を使う運動のダメージも最小限にできる」と最初に言ったが、このためだけにも、エアロビック運動はやったほうがよいだろう。

 フィットネスクラブでも周りを見てほしい、筋トレしている人は、案外、ランニングマシーン=トレッドミルの上を走っているものである。

 はぅあ!

 お願い! 押してね ↓↓↓ 10位以内に躍り出たい。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

エアロビックとアネロビック

エアロビックとアネロビック

 献血の結果がメールで来たので記事が1つ飛びました。いやいや、実は今日赤十字から圧着ハガキも送られてきた。

 なんと、そこには前回、平成7年1月19日、阪神大震災から2日後に、阪神大震災の被災者のためにやった献血が記録されていたのである。(すみません、東日本大震災の時は献血しませんでした。東京は被爆するのかしないのか、と自分のことを考えていました・・・・・・。)

 しかし、その後献血はしていなかったのだ。今後は定期的に献血をしたいと思いマッスル。

 で、エアロビックとアネロビック運動である。

 簡単である。トレーニングの用語であるが、日本では統一されていない。これは日本が運動生理学を全くメジャーなものと考えていないからである。

 そのせいで、人々の知能レベルがマスコミにつとめている連中と同じになってしまているのだ。この日本は。

 我が子が犯罪者という輩の出ているTVをありがたく観ている国民に成り下がってしまったのであ~る。

 いやいやエアロビックは有酸素運動で、アネロビックは、無酸素運動、いわゆる筋トレである。

 で、有酸素運動と無酸素運動に何が関係するのか・・・・・・。さては、あのマフェトン理論を、やせるドットコムは普及させようと、しているのか!?、と思う人がいれば、あなたの知識は相当なものです、尊敬します。

 しか~し、マフェトン理論をやせるドットコムは普及させるつもりは全くありません。なので、この理論について詳しく述べませんが、やせるドットコムがこの理論を普及させない理由は、この理論がアネロビック運動を禁忌としている点です。

 体脂肪を燃やすためには、アネロビック運動をしてはいけない。

 と指南書には書いてありました。

 ちっ、ちっ、ちっ、んなぁことあるかい。体脂肪を燃やすためには、アネロビック運動は必要です。アネロビック運動で筋肉量が増し、基礎代謝量が上がります。基礎代謝量が上がれば、脂肪をエネルギーとして消費する量も増えるはずです。

 と、正論を述べるが、実はここに大きな落とし穴があるのだ。20年以上トレーニングを継続しての体験なので、教科書で学んでいるトレーニングひよっこの体育大学生には実感として全く分らないと思う。

 有酸素運動をきちんとできないと、筋トレもできないのである。

 なぜか、んなぁこと決まっている。有酸素運動=エアロビックに慣れていないと、少しの筋トレ=アネロビック運動していてもスタミナがもたないのだ。

 すぐ、しんどくなる。で、筋トレができなくなる。

 ベンチプレス3セットくらいで、しんどい。これは筋肉を使っているからではなく、全身の持久力がないからしんどいのだ。

 なので、今から筋トレをするぞい!と誓っている初心者の皆しゃま、まずは、有酸素運動である。30分ジョギングをして、30分自転車をこいで、「へっちゃら~」という感じにならない限り、筋トレしても身体がついてこないぞい。

 結論であるが、アネロビック運動をするにはエアロビック運動もできないといけない。やせるドットコムの経験であ~る。はぅあ!

 ↓↓↓押してね! 70位からもうすぐ10位だ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧