文化・芸術

2012年9月26日 (水)

稲川淳二さんの怪談ナイトに行ってきた

稲川淳二さんの怪談ナイトに行ってきた

 今日は、トレーニングはお休みにしました。稲川淳二さんの怪談ナイトに行くためです。

 家に帰るまでは、どうしようか迷っていたのですが。嫁に、今日、あのパルテノン多摩で稲川さんの怪談やるんだけど、と言ったら。

「行きなはれ! 私しゃゆっくりするから、しっつしっつ」って感じで、家を追い出された。自転車で25分ほど漕いで、パルテノン多摩についた。ここに来るのは3年前の多摩映画祭以来である。前売りは買っていなかったので、当日券である。4000円でした。

 しかも、不吉な13番です。

Yaseru126

 いやー、寒かったですな~。夏じゃない、秋も終わりころの気温である。

 生の稲川さんは、初めてでしたぞい。

 生の「ゆきちゃん」を聞くことができました。

 稲川さんには、一目おかれてる私である。

 なぜに、このやせるドットコムが一目おかれているか・・・・・ふふふふ。
 くわしくは、やせるドットコム「開いた金庫」の記事を参照して欲しい。優秀作を取ったのであ~る。右は、頂いたサイン本であ~る。

↓↓↓ 稲川さんの冬の怪談(今はない)コンテストに応募したいきさつ・・・・など。

http://e-muscle.cocolog-nifty.com/tbaby/2004/12/post_5d89.html

Yaseru125

Man341

 その私が言うのであるが、(←偉そうに!)稲川さんはすごい! その語りには、よどみが一切ない。プロだ。と感じた。

 でも野外だったので、寒かった~。前売り券の席は、ブルーシートがあったが、立ち見席は、石の上だ。立ってられなくて、周りも座っていたので、座ったのであるが、お尻が冷えました。500円も高い金を払っているのに、この仕打ちはないでしょう。

 しかも、野外なので、おっさんが「おれはここを取って帰えるんじゃー!」とスタッフと小競り合いをしてましたな~。興味のない人には、いつもの自分の帰り道を遮る輩の集団にしか見えてなかったでしょう。私も、自分のマンションへ帰るいつもの道が、前もっての連絡も何もなく撮影などでふさがれていたら、迷わず突っ切っていくタイプです。

 通せんぼされたら、すかさず殴りつけるでしょう。当然です、正当防衛として。きっとそんな気持ちのおっちゃんだったのでしょう。分かります。

 いやいや、しゃて、稲川さんのお話、100分ほどでしたが、とっても堪能しました。帰り道は人でごったがえしていましたぞい。(それほどでもないか・・・・・・)

Yaseru127

 「ゆきちゃん、ゆきちゃん!」が頭の中をぐるんぐるんしています。

 で、帰ってきて嫁に、野外立ち見席で4,000円払ったと言ったら。

 「信じらんアホ」と言われました。人の価値観はそれぞれです。嫁がどう言おうとやせるドットコムは、またいつか、生で聞きたいと思いましたぞい!

 全国のゆきちゃんへ、明日は、トレーニング行くぞい!はぅあ!

 読んだら、ポチッと ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)