グルメ・クッキング

2010年11月15日 (月)

アルコールストーブで鍋

アルコールストーブで鍋

 本日の記事は、やせるドットコムの単なる暴走なので、ネタとして笑ってください。

「あ~あ、こんなアホもいるのか!」と思って欲しいのであ~る。

 で、何をしでかしたのかと言うと、プランターに植えた春菊が大きくなってきたので、鍋にしようと思ったのである。でも、単にカセットふ~、なんかで鍋をするのも風情がない。

 ここで、やせるドットコムは、持った茶碗をばったと落とし、小膝叩いてにっこり笑い、これじゃい、と叫んだのである。

 自作アルコールストーブで鍋じゃい! と。

 で、土日の優雅な時間を自作アルコールストーブを作成した。

Yaseru303

 そして、100円ショップに行き、鍋用の五徳を買ってきた。そして土鍋も買ってきた。アルミ缶はゴミなのでまあ、只である。土鍋が2つ、五徳が2つで400円也~。そしてアルコールが500mlで399円だ。

Yaseru302

 まあ、カセットふ~、を買うよりも初期費用は安く済んだ。

 で、アルコールストーブに火を入れると、なんとこの勢いである。嫁がこれを見て驚いた。

「火傷するや~ん!」

Yaseru301

 いやいや、これこそが自作のだいご味とこれに土鍋をかけた。まあ、土鍋の中の水は、電気ポッドで沸騰させたものを使った。そこまでサバイバルする必要もあるまい。

Yaseru300

 で、タラを入れる。

Yaseru299

 そして、あとは、豆腐やエノキや白菜を入れて、豚肉のしゃぶしゃぶであ~る。

Yaseru298

 お米は、長崎の農家に嫁いだ妹から送ってきた新米であ~る。これがまた旨い。

 この上ない幸せを感じながら鍋をつついたのであ~る。

 と、言いたいところであるが、事実はそう甘くなかった。燃料であるが、これがすぐに切れるのだ。

「ねぇ、ねぇ、火が弱くなってきたよ~」と嫁の悲痛な叫びに、アルコール燃料を加えないといけない。その度に、お箸が止まりなんともストレスを感じるのであ~る。

 で、結論であるが。次はなしですな~。

 実は、固形燃料でも試してみましたが、あれです、費用対効果はとても低いです。却下です。ランニングコストはカセットふ~のほうが、ものすごく優れています。

 んーん、次はちっちゃいカセットふ~を買って二人鍋をしたいと思います。と、ここまで書いて、ちら見していた嫁が後ろからぼそっと一言・・・・・。

「今あるカセットふ~、で大きな土鍋を使って、二人でつつけばいいじゃん」

 で、この企画は封印されました~。はぅあ~。でもいい思い出となりましたぞい。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)