« 還暦すぎての筋トレについて その2 | トップページ

2020年2月 9日 (日)

還暦すぎての筋トレについて その3

 どの種目の最大筋力を測定するのか?

 であるが、そんなのは普通分かるだろう、と思ってしまうのであるが、初心者には全く分からないだろう。

 身体の部位をどのように分割し、トレーニングするかは諸説ある。やせるドットコムの場合は今から30年前に師匠から教えてもらった3.1分割で分けるようにしている。

 上半身、背中、脚である。あとこれに腹筋が加わる。上半身は、まず胸、そして肩、腕である。背中は後背筋、脚は太もも、ふくらはぎと分けるとよいだろう。

 実は、もっと細かく分けて、トレーニングするのであるが、初心者は細かく分けるよりもまず、まずだ、大きな筋肉に神経を接続することから始めないといけない。

 腹筋がなんで、.1となるかであるが、腹筋は他の筋肉と違って回復が早いのだ、なので、毎日トレーニングしてもよい、と師匠から言われた。

 3ヶ月は上半身、背中、脚を1日空けて、たとえば月、水、金、お休み、月、水、金とまんべんなく鍛えればよいだろう。

 間を空けるのには理由がある、オーバートレーニングにならないようにするためであるが、超回復のためである。

 そして、3ヶ月過ぎた頃に、月は上半身、水は背中、金は脚と分割していけばよいだろう。

 やせるドットコムも、一番最初はまんべんなく鍛えた。そして、3ヶ月後から今まで30年後者でトレーニングしている。

 次は、図を使って説明しよう。

 

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 還暦すぎての筋トレについて その2 | トップページ

フィットネスことはじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 還暦すぎての筋トレについて その2 | トップページ