« 反社会的勢力とのつきあいって何? | トップページ | 還暦すぎての筋トレについて その2 »

2020年2月 3日 (月)

還暦すぎての筋トレについて その1

さて、久々に質問がきたので、お答えしましょう。

40歳を超えた頃には、「さてこの年齢(とし)で筋トレしてもいいのかなー?」という疑問が生じたことだろう。

今まで運動していないとなれば、なおさらである。

昔ならば、「大丈夫、大丈夫!」と答えていたのであるが。55歳にもなると、やっぱり寄る年波には勝てない場合もあると、つくづく思うようになり、「ちょっと、気をつけていきましょうかねー」と、助言をするものである。

今から思えば、どんな無理をしてもよかったのは、25歳くらいまでだったような気がする。

そして、なんとか故障なしにトレーニングできたのが35歳だろうか、それから首の椎間板ヘルニアになり、膝が痛くてスクワットができなくなり、右腕が痛くてダンベルの重量が増えないなどの不具合が、次から次に出てきてしまう。嫌になるもんだ。

しかーし、やっぱり筋肉は裏切らないもので、どんなに年をとっても、筋トレしたら筋肉は肥大し、大きくなってくれるのだ。

でもそれには、やり方がある。

筋トレの3大要素があるのだ。1. 筋破壊、2. 休息、3. 栄養の3つである。

1. 筋破壊をするには、フォームが重要になってくる
2. 休息は、早くても遅くてもいけない
3. 栄養は、やる前も、やった後も必要である。

などと書いても初心者にはちんぷんかんぷんであろう。

で、私はどうすればとなる。

とありえず3ヶ月は、胸・背中・足・腹筋の3プラス1を鍛えることを推奨します。その後に、細かい筋肉を鍛えていけばよいでしょう。

でも、歩くことを筋トレと言わないように、鉛筆を持つことも筋トレとは言わないように、トレーニングする重量は大切である。

なので、まず、今自分が持てる最大の重量を調べることをしてみよう。すべてのスタートはここなのだ。


マシーンならば、やりやすいだろう。

さて、どのマシーンをやるべきか、それは明日のやせるドットコムである。

 

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 反社会的勢力とのつきあいって何? | トップページ | 還暦すぎての筋トレについて その2 »

フィットネスことはじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反社会的勢力とのつきあいって何? | トップページ | 還暦すぎての筋トレについて その2 »