« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月 2日 (日)

自分の土俵はどこにある

自分の土俵


自分の土俵、これを見つけながらもやることがある。それは、健康を取り戻すことである。

このままでは心筋梗塞、脳梗塞、2型糖尿病、高血圧、COPDなどの病気になる。もしかしたら、残念ながらもうすでに、これらの病気になっているかもしれない。

「自業自得」であることはそうだが、QOL(生活の質)は、まだまだあげることができる。

心筋梗塞でも心臓リハビリテーションという言葉があるように運動することで、筋肉が強くなり心臓の負荷が減る。肺も鍛えられ酸素を多く身体に取り込むことができるようになるなどと言われている。

脳梗塞にも糖尿病にも高血圧にも運動療法がある。COPDにさえ運動療法があるのだ。


何はともあれ運動をするのだ。有酸素運動でも、筋トレでもどちらでもよい。ただし、1日や2日で、変化を感じることはない。恐らく、オリンピック選手ですら昨日と今日の違いを感じることはできないだろう。

しかし、3ヶ月我慢してほしい。3ヶ月続けると変化を感じることができるのだ。有酸素運動では、より早く、より長く、そしてより遠くまで運動を続けることができる自分に気がつくだろう。

筋トレでは、3ヶ月くらいからきちんとダンベルやバーベルやマシンの重量を持てるようになっているだろう。

そのために、記録をつけておいて欲しい。始めたその日に自分の裸の写真を撮るのだ。血圧を計るのだ。体重を計るのだ。ひさしぶりにランニングしたが、ハーハーゼイゼイで走るのを止めてしまった地点とその時間を記録しておくのだ。

ベンチプレスやチェストプレス、懸垂の数や、スクワットの重さ、回数なんでもよいその日の最高値を記録しておくのだ。

そして、3ヶ月続ける。

筋トレで何をすればよいか? それは奇跡が起きる筋肉トレーニングを読んでほしい。ビック3を鍛えるのだ。イラスト入りで紹介している。

奇跡が起きる筋肉トレーニング
t-baby
PHP研究所
売り上げランキング: 95305
おすすめ度の平均: 5
4 トレーニングへの意気込みとかモチベーションとか
5 体型が変わりました

有酸素運動、手軽だ、ランニング、縄跳び、階段を使った踏み台昇降、簡単にできる。最初は3日に1回、そして2日に1回、なれてきたら毎日やればよい。

変わっていく自分を再発見するのだ。自虐から真逆になっていく自分を感じるのである。
その感じている中で、もう一度自分のアイデンティティがどのにあるのかを探るのである。

まずは、3ヶ月続けてみよう。自分の土俵は、自分と比べていた連中とは全く関係ないことが分かるだろう。

お金がある人はライザップでもいいだろう。お金のない人は、走るのだ。それでよい。

 

 

はぅあ!

 

 

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

解決の糸口

解決の糸口と書いてしまった。


自虐・自傷のエネルギーのベクトルを、自らを高める方向に向ければいいのであ~る。
しかし、これがなかなか難しい。


筋肉を破壊して苦しむことは、どの道自傷だから、筋トレしろよと言いたいのではあるが、人間そう簡単に置き換えはできない。


「酒飲んで肝臓痛めるなら、バーベル持って筋肉痛めろ!」


あのなー、人間そう簡単に切り替わらんのだよ。明智君(誰やそれ!)
いやいや、騙せないのだ。


無意識をますます押さえつけることになる。これは止めたほうがよい。嘘の上塗りではつじつまが合わなくなるばかりか、嘘をつくことにベクトルが向かい、本当のあなたに帰ってくることができない。


そして、やがては、京王線で自殺したり、中央線で自殺したり、いや秋葉原で殺傷事件を起こしたり、大阪教育大学附属池田小で事件を起こしたり、登戸で殺傷事件を起こしたり、大きく人の道から外れてしまうのである。


そして、社会から、全人格、前人生を否定され、「死刑」を宣告されるのだ。そして、それが「正義」のもとになされるのである。


いやいや、そこまではー、ない、人には迷惑をかけてるほど病んでいないと思うかもしれない。が、無意識的自傷行為で、酒飲んで、飯食いすぎで、最後は脳の血管がプッツン、心臓の血管がストップ、糖尿病で足切断、タバコをすってCOPDで酸素ボンベの毎日、肉の食い過ぎで大腸がん・・・・・。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。


そんなくだらん病気の治療のために、自分の属する健康保険組合の金を使って迷惑をかけているではないか。


これをどう切り替えるかである。


答えは簡単だ。タバコを止めるには、吸わなければいい。まず今の自分を認め、それ以下に落ちないようにストップをかけるのだ。自分が、自分を傷つけていることをまずは認めるのだ。


これには勇気がいる。


更に、勇気がいるのは、その原因が何かを突き止めるのだ。あなたが不愉快で、自分を傷つけているその理由だ。


それはすごく簡単だ、メモをとればよい。1週間、あなたの頭の中に浮かんでくる人の名前を書き出せはよい。


出てきた名前の人物と、あなたは自分を比べているのだ。あなたは、その人物に直接の反撃ができないのだ。もしかしたら、あなたの上司かもしれない。もしかしたら、口で言ったらすぐに打ち負かされる口から生まれたような人物なのかもしれない。あるいは、兄や姉、おじさん、おばさん、父、母、祖母、祖父、姑のように血族の掟の中でかしづく必要のある人物なのかもしれない。学生なら、先生の名前も出てくるだろう。


あなたは、その人物と自分を比べているのだ。そして、負けたくないのに負けているのである。その罰が、結果、自虐、自傷という形になっているのである。


今の自分と比べるとそりゃー、絶対負けるよ。負け続けるだろう。簡単だ、あなたは、何の努力もしていないからだ。いや、それでいい。同じ土俵で戦おうと思うから負けるのである。いや、戦う必要などない。


あなたは、自分の土俵を作ればいいのである。

奇跡が起きる筋肉トレーニング
t-baby
PHP研究所
売り上げランキング: 95305
おすすめ度の平均: 5
4 トレーニングへの意気込みとかモチベーションとか
5 体型が変わりました

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »