« 身体を鍛える理由 | トップページ | 初めての大腸内視鏡検査 »

2015年11月23日 (月)

初めての脳ドック

 昨日まで仕事場に来ていた同僚。やせるドットコムも8時には出ているのであるが、いつもやせるドットコムよりも早く来ていた。
 それが当たり前の風景だったのであるが、その日は、いなかった。
 14時ころ、さすがにいないのはおかしいと、同じ部署の人間が騒ぎ始めた。
 管理人が渋ったので、警察にマンションの部屋を開けてもらったそうだ。倒れている同僚はすぐに発見された。
 くも膜下出血だった。それから1週間後、その同僚は元同僚になった。

 棺の中に入った同僚は、私と朝のめくばせ程度の最後の挨拶の時に、今の姿を想像していただろか。
 嫁の母親が脳腫瘍で亡くなったときも、死という刃を目の前に突きつきられた。

 やせるドットコムは、脳ドックに行くことにした。

 いつもの新宿の人間ドックにオプションとして付けたのであるが、そこには脳ドックの機器がなく銀座まで行かねばならなかった。

 やせるドットコムは、東京を人間の住む街としては認可していない。ど田舎から出てきた人間は、毎日が祭り以上の異常事態が生じたがごとく、人々が集まっている所を生理的に好まない。社畜の群れが嫌だ。ライスワークの為に働いている群れだ。

 秋葉原の無差別殺人事件も、あそこなら起きるだろうと思うほどだ。あれだけの人間が行き交うなら、中には気狂いも混じっているだろう。

 街には出ない。銀座など知らない。印刷された地図を頼りに、ようやく到着した。

 エレベータのボタンも、内装も、エグゼプティブを醸し出しているが、そこにいる人間は、私も含めごく普通の人間であった。

 続きは、またいつか。

                
banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
  本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
  上のバナーをクリックお願いいたします。

|

« 身体を鍛える理由 | トップページ | 初めての大腸内視鏡検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/62733736

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての脳ドック:

« 身体を鍛える理由 | トップページ | 初めての大腸内視鏡検査 »