« 食事制限ダイエットの落とし穴3 | トップページ | 映画をみたぞい! »

2015年1月27日 (火)

フィットネスクラブでやってはいけないシリーズ

1.割り込まない
2.サーキットトレーニングをしない
  自分の使っていないマシンの場所取りをしない
3.フロに入る時は身体を洗う
4.小型洗濯機を使う時は、洗ったものを入れる
5.一つの場所を占領しない
6.トレーナーを捕まえて話さない
7.爪を切らない
8.スプレー式の整髪料を使う時は、人にかけない
9.プロテインはきちんと閉めてからフル
10.くさい服を何度も着ない

 さて、まだこの話は終わっていなかった。

 3番まで、やせるドットコムの意見を述べさせて頂きました。今日は4番以降である。

 洗濯機ではなく、小型脱水機である・・・・・。もしかしたら、女性の読者には今回の「主張」は当てはまらないかもしれない。

 どうだろうか、大抵の普通のフィットネスクラブには「小型の脱水機」が設置されているのではないだろうか。やせるドットコムが通っているフィットネスクラブもそうである。

 そして、2つのものを脱水するのに使っているのではないだろうか。

 ①スイミングした後の水着
 ②お風呂に入った後のタオル、ナイロンタオル

 である。下着のパンツやフィットネスクラブで使ったグレコローマン型のランニングやスパッツを脱水している人はほとんどいない。

 いや、脱水してもいいのだ、きちんと洗ってあるなばら、脱水してもいい。

 しかしだ、洗っていないものをそのまま脱水機に突っ込むのはやめてほしいのである。

 脱水機の前で、水着を脱いで、そのまま脱水機に「ポイっ」、身体を拭いたタオルを直接脱水機の中に「ポイっ」、これは駄目だ。

 必ず1回洗ってから入れて欲しいのである。

 そのまま「ポイっ」は、サウナから上がって、身体を流さないでそのまま湯船につかるのと同じだと思っている。

 1回洗うのと、洗わないのとどう違うのか・・・・・、科学的にばい菌の有無を実証したのかと思われる方もいるかもしれないが、違うのだ、この小型脱水機の前に「1度洗ってから脱水してください」と貼ってあるのだ。

 洗った方がいいよーんというマナーとして成立しているからである。皆さん気持ちよく使いましょうね。はぅあ!

 と思っていたのであるが、今日も私の前の方は、ご自身のカラダをごしごしと拭いた後のタオルをポイッと脱水機の中に、あー、やだやだ。

 この前、ダンベルフライをしている前に割り込んできたおっさんが、集中できんと逆ギレして私に言った言葉をここで、謹んで捧げます。

「あんた、大人やろ~!」

 はぅあ!

 

 お願い、↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

|

« 食事制限ダイエットの落とし穴3 | トップページ | 映画をみたぞい! »

フィットネスクラブ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
奇跡が起こる筋力トレーニング、読みました。
おもしろくて、二日で読み切ってしまいました。
ボクもトレーニングしてますので、またいろいろ質問させてくださいm(_ _)m

投稿: ひろけ | 2015年7月 8日 (水) 07時03分

t-babyさん、こんにちは.

Webの更新を楽しみにしている一人です。
私は、50代後半で最近は、あげる重量も落ちるばかりで、心身の限界を感じております。
いつもこのWebから気力と論理的な刺激をいただいてきました。
t-babyさん、また、以前のようなペースで更新をお願いできますか?
楽しみにしています。

投稿: おや | 2015年2月26日 (木) 10時28分

コロゾウさんへ

ようこそやせるドットコムへ!遅い返事でごめんなさいね~。

しゃて、拘縮ですか。難しい言葉ですね。可動域が狭くなるということだと思いますが、その意味でお答えします。

確かに、首のヘルニア持ちは、首を後ろに反るという姿勢がとてもつらいです。やせるドットコムの場合は約1年間反ると腕のしびれが増悪する状態でした。
現在は、ヘルニアも完全に治ったのではなくだましだましトレーニングしています。
首を後ろに反っても痛さが増悪しないくらまで治った当時ですが、一番得意とするプルダウンをやってみたのですが、肩甲骨のアタリに直ぐに痛さがおそってきました。
幸いヘルニアは悪化しなかったのですが、その痛さは3週間ほど続いた覚えがあります。

後でよく考えて見たのですが、多分力を出すときに、首を大きく反ってプルダウンを行ったのだと思います。マシンを動かすことにばかり集中して、可動域が狭くなっているにさらに首をのけぞらせ、神経に触ったのだと思います。背中の激痛は、そこが痛いのではなく首の神経が発生させていると自分に言い聞かせましたがムダでした。

背中を鍛える時は、このときから、マシンを動かしつつも、「のけぞらない」=首を大きく動かさないと注意するようにしています。
後は、ラジオ体操みたいに勢いをつけた動作をしないことです。ゆっくり動かすようにしています。

さて、肝心の「どのような種目で鍛えるのか」についてお答えしますが、首を反らない、勢いをつけた動作をしないの2つを絶対守ることで、フリーウェイトでもマシンでも普通の背中を鍛えるもので鍛えています。

ヘルニア持ちの人は、痛さやしびれでとかく神経がすり減ります。目覚めている時は常にストレスがかかっているようなものです。でも、生きている限り、人間絶対に治ります。身体が治そうと頑張ってくれます。

ヘルニア持ちはつらいです、でも絶対に治ります。私も1年のしびれの後手術なしでも治りました。

脳腫瘍でなくなった(妻の)母親も、意識のない中でも、頭の手術の傷跡はびっくりするくらい治っていました。人は生きている間、治りますぞい。はぅあ!

投稿: t-baby(コロゾウさんへ) | 2015年2月14日 (土) 11時48分

はじめまして。
トレーニングについて質問させていただきます。私自身も頚椎ヘルニア持ちで首に負担のかかる種目をやるとすぐに首周りが拘縮してしまい特に背中のトレーニングが厳しいです。やせるドットコムさんはどのような種目で背中を鍛えていますか?記事と関係のない質問で申し訳ありません。

投稿: コロゾウ | 2015年2月 7日 (土) 21時50分

t-babyさん、ご教授ありがとうございました!大変勉強になります。コーヒーは休日、たまに筋トレ前にとる朝食セット450円に含まれますが無駄遣いですね。クレアチンに戻しましょう‼︎

投稿: ちーくん | 2015年2月 3日 (火) 18時37分

くさい服を何度も着ないは同感です(笑)

投稿: 東郷ユウヤ | 2015年2月 2日 (月) 22時44分

ちーくんさん、こんにちは

やせるドットコムで実験しないでも、カフェインは交感神経を刺激するので、人の運動能力を高め運動の持続力の向上をもたらすことは、すでに1998年にHawleyという研究者によって証明されています。瞬間最大の力を引き上げるというよりも持続力に作用するようです。脂肪燃焼にもいいと言う人もいます。なので、気のせいではなく、効果はあるようです。

しかしながら、節約についてですが・・・・・・。
ジョナサンのドリンクバーは260円~399円します。私の使っていたクレアチンは500gで2,000円ほどです。ローディング期を終えてのクレアチン摂取量は1日5gで100分の1の量です。2,000円の100分の1は20円です。1回あたりのコストパフォーマンスはクレアチンを買う方が圧倒的に上だと思います。

投稿: t-baby(ちーくんさんへ) | 2015年2月 2日 (月) 21時55分

t-babyさん、こんにちは!
今回の話題とは全く関係ありませんがお許しくださいませ。
昨今、我が家では節約モードでして、サプリメントも真っ先にカットされるものとして、ケチケチせざるを得ません。クレアチンの代わりをいろいろ考えましたが、パワーを少しでも引き出すには、私の方法として、ファミレスのジョナサンのドリンクバーにあるエスプレッソ2杯とブレンドコーヒー一杯を1時間前に摂取します。これは私だけの効果なのか、t-babyさんの人体実験を是非お願い致します!

投稿: ちーくん | 2015年2月 1日 (日) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/61045907

この記事へのトラックバック一覧です: フィットネスクラブでやってはいけないシリーズ:

« 食事制限ダイエットの落とし穴3 | トップページ | 映画をみたぞい! »