« 2014年10月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

フィットネスクラブでやってはいけないシリーズ

1.割り込まない
2.サーキットトレーニングをしない
  自分の使っていないマシンの場所取りをしない
3.フロに入る時は身体を洗う
4.小型洗濯機を使う時は、洗ったものを入れる
5.一つの場所を占領しない
6.トレーナーを捕まえて話さない
7.爪を切らない
8.スプレー式の整髪料を使う時は、人にかけない
9.プロテインはきちんと閉めてからフル
10.くさい服を何度も着ない

 さて、まだこの話は終わっていなかった。

 3番まで、やせるドットコムの意見を述べさせて頂きました。今日は4番以降である。

 洗濯機ではなく、小型脱水機である・・・・・。もしかしたら、女性の読者には今回の「主張」は当てはまらないかもしれない。

 どうだろうか、大抵の普通のフィットネスクラブには「小型の脱水機」が設置されているのではないだろうか。やせるドットコムが通っているフィットネスクラブもそうである。

 そして、2つのものを脱水するのに使っているのではないだろうか。

 ①スイミングした後の水着
 ②お風呂に入った後のタオル、ナイロンタオル

 である。下着のパンツやフィットネスクラブで使ったグレコローマン型のランニングやスパッツを脱水している人はほとんどいない。

 いや、脱水してもいいのだ、きちんと洗ってあるなばら、脱水してもいい。

 しかしだ、洗っていないものをそのまま脱水機に突っ込むのはやめてほしいのである。

 脱水機の前で、水着を脱いで、そのまま脱水機に「ポイっ」、身体を拭いたタオルを直接脱水機の中に「ポイっ」、これは駄目だ。

 必ず1回洗ってから入れて欲しいのである。

 そのまま「ポイっ」は、サウナから上がって、身体を流さないでそのまま湯船につかるのと同じだと思っている。

 1回洗うのと、洗わないのとどう違うのか・・・・・、科学的にばい菌の有無を実証したのかと思われる方もいるかもしれないが、違うのだ、この小型脱水機の前に「1度洗ってから脱水してください」と貼ってあるのだ。

 洗った方がいいよーんというマナーとして成立しているからである。皆さん気持ちよく使いましょうね。はぅあ!

 と思っていたのであるが、今日も私の前の方は、ご自身のカラダをごしごしと拭いた後のタオルをポイッと脱水機の中に、あー、やだやだ。

 この前、ダンベルフライをしている前に割り込んできたおっさんが、集中できんと逆ギレして私に言った言葉をここで、謹んで捧げます。

「あんた、大人やろ~!」

 はぅあ!

 

 お願い、↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

食事制限ダイエットの落とし穴3

食事制限ダイエットの落とし穴3

食事制限ダイエットに疲れ、いやこれは正確な単語ではない。

ホモサピエンス、人類の遺伝子に刻まれた、本能に従って、生きるためにダイエットを中断し、食べ始める。

多分、「ああーまたダイエットに失敗したわ~、私ってだめね~」と思うかもしれない。

しかし、それは違う。これはあなたの問題ではなく、人類という種のごく普通の身体の「生きるために食べる」「飢餓状態をすぐに解消する」という当たり前の反応にあなたが従っただけなのである。

そう、死なないために。

でもここから先、たいていのリバウンドした人たちに間違いが生じてくる。

たいていの人は、このように考えてしまうのだ。

「ならば、前と同じ体重までなら、元に戻るだけだからいいわね、いいわね、い・い・わ・ね・・・・・・元の体重までならば・・・・・」

これが間違いなのだ。

なぜならば、思い出して欲しい・・・・・・、飢餓状態のあなたのカラダの状態を。筋肉は食事制限ダイエットで減っているからだ。身体の組成として脂肪が多くなっているのだ。しかも骨も弱くなり死に近づいている。飢餓モードにスイッチが入ってしまったのだ。

食べれば筋肉も昔に戻ると思ったら大間違い。筋肉は筋トレ以外(違法なアナボリクステロイドを注射する方法もあるが、キャバクラの入り方も、メイド喫茶の入り方も、今のパチンコのやり方も知らないやせるドットコムには、ご紹介できるツテが)ないのだ。

しかも食事制限をした身体、次に食事がきたら全部体脂肪に替えて蓄えてやろうと虎視眈々になっている。

筋肉は減り、体脂肪に蓄えるやる気満々の身体、リバウンドしたら、同じ体重でも前よりも体脂肪率が上がっているのだ。

あろっ、でも、ボディビルダーも食事制限するじゃないの!と反論される方もいるかもしれない。そうである、ボディビルダーも、ボディビルの大会直前になると食事制限を行い、脳のセロトニンが出なくなるまで、摂取カロリーを下げる。岡山時代、私の師匠は、ボディビル大会の前、「ギラギラ」して「ナイフ」のようで近づけないほどだった。

でもね、食事制限のダイエットとビルダーの大会前とは全く同じではないのだ。彼らには他の人と違って「筋肉」が余分にある。そのために今までトレーニングしてきたのだ。脂肪と一緒に筋肉も落ちる。それでも、一般人よりも美しい身体に見えるのである。

 ボディービル大会に出た師匠に効いてみた、「美しい筋肉なので、きっと今が最大の重量を持てますよね!」

 まるで、飼い主にこびた犬のような質問であったが、師匠は言った。

「今は、多分、オフの時の(いわゆる、トレーニングで筋肉を太くし、しかもばくばく食べて体脂肪率もかなりある時の師匠の時の)半分くらいの力しか出ないですよ、とにかくしんどい」

 と言っていたのであ~る。身体のカットはすごいのであるが、目はうつろだった。それでも死力を尽くし、ポージングをしていたのだ、我が師匠は・・・・・・。

 でも、すぐに昔の体調に戻る。なぜか・・・・・・「筋トレ」をすれば、減った筋肉はマッスルメモリーで魔法のようによみがえるからである。

 一般人とボディビルダーは違う。そもそもの筋肉の量が違う。タンパク質の保有率が違うのである。

 どうだろうか、食事制限だけのダイエットは、トレーニンングをしながらのダイエットとは全く異なることが分っていただけただろうか。

 食事制限は決して楽ではない。だけど、待っているのはリバウンドと体脂肪率が上がった不健康な身体なのである。

 やめた方がよい。

 ダイエットであるが、もうそろそろ皆しゃんも単に体重を減らすという考え方は捨てた方がよいだろう。筋トレする。タンパク質を摂る。そして、体脂肪率を減らす。

 食事制限ダイエットは、最初からボタンの掛け違いをしているのだ。これはとても大切なことである。

 長くなりましたが、多分一気に読める文章だったと思います。やせるドットコム、読みやすい文章を書くことしかできませぬ。はぅあ!

 

  申し訳ないです、他のダイエットブログと違い学術的になってしまい・・・・。

それでもOK!という方は、↓↓↓押してね。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

食事制限ダイエットの危険性2

 その昔、このブログでも、食事制限をするダイエットに対して「死に近づいている」のでやめた方がよいと言いましたが、その理由についてはあまりご説明していませんでした。

 食事の量を減らすと、人間の身体がどのように反応するのか、不思議なことが起こる。

 エネルギーがないので、筋肉を分解しようとする。これをカタボリックという。

 アナボリックステロイドという単語を聞いたことがあるだろう。アナボリックはタンパク同化で、外界から摂取した物質からタンパク質を作り出す、そして筋肉に変えるということである。ステロイドはホルモンと言い換えていいだろう。

 カタボリックは、これとは対照的に、異化である。分解するということだ。

 アナボリック(同化)を推進するには、ドーピング薬を身体に入れるのが最も効果的であるが、(筋肉を太くする効果はあるが、後々に大きな後遺症を招くはめになる、シュワちゃんもアナボリックステロイドのせいで、心臓が悪くなり、豚の心臓の弁を入れているほどだ)

 カタボリックは、薬を使わなくも、断食で始まるのだ。

 カタボリックは人間の遺伝子の設計図の中にある対処法である。

 一つは、筋肉を分解して、今生きるのに必要なエネルギーを得る。そして、エネルギーを使う筋肉を減らすことで基礎代謝を下げて、少ない食事でも生命維持ができるようにするのである。

 脂肪が分解されてエネルギーになるんじゃないの?と、思うかもしれないが、手っ取り早いのは筋肉の分解なのだ。

 不都合なことはこれだけではない。少しでもエネルギーの貯金をしようと、身体の中に入ってくる食料を脂肪として貯め始めるのだ。

 筋肉を減らして脂肪をためやすい身体になるのである。

 更に、不都合なことが起こる。食事制限すると入ってくるカルシウムも当然減る。魚ならば、エラから海水中のカルシウムやナトリウムを取り入れればよいうが、人間は海から陸上にあがったので、血中のナトリウムやカルシウムを食物から取り入れなければならない。しかもその濃度を一定に保つために、時に骨を分解して血中のカルシウム濃度を一定にしているのだ。

 食事から取り入れることができないならば、骨をどんどん溶かしていくしかない。

 骨粗鬆症になる。

 この状態を耐え得ればよいが、そうはいかない。無くなったエネルギー、カルシウムを取り戻すために、目の前にある食べ物、コンビニにある食べ物、ラーメン、餃子、フライドチキンなど、すぐそこに存在しているのだ、意識でやせたいと思っても、無意識まではだませない。

 一気に、エネルギー補給をするために、あなたは食べるだろう。

 そして、思うのだ、「ああーやってしまった」

 さらに、思うのだ、「でも前と同じくらいの体重ならばいいや、あの頃の体重なら同じだから我慢できるはず」

 と、ここですでに大きな悲劇が起こっていることに、気がついていないのだ。

 それは、明日のブログで・・・・・・。

 この先、読みたいならば、押してね。↓↓↓

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

食事制限ダイエットは絶対に失敗する1

食事制限ダイエットは絶対に失敗する1

まずは、脂肪細胞のお話からである。

昔は脂肪は余分なエネルギーを貯めている粒でしかないと思われていたがそうではない。現在は、脂肪はホルモンを出すことが分かってきている。

そのホルモンには善玉と悪玉があり、善玉のホルモンには「レプチン」があり、糖尿病の予防につながる。また、「アディポネクチン」も出てくる。これは動脈硬化の予防をしてくれる。生活習慣病である心筋梗塞や脳梗塞を減らしてくれる。

あろっ? じゃあ、脂肪って大事じゃないかい! 増やせ~!

と思われるかもしれないが、違うのだ。この善玉のホルモンは1つ1つの脂肪の粒が小さい時にしかでないのである。

それどころか、脂肪細胞が太くなれば、悪玉ホルモンがドバーっと放出される。血圧を上げたり動脈硬化を起こしたり、糖尿病を促進する色々なホルモンが出るようになるのだ。
太っている人間が統計的に病気なりやすいのはこのためである。

食事制限のダイエットをすると、最終的にはこの脂肪細胞を太らせることになる。

そのメカニズムは明日のブログで・・・・・・・。はぅあ~。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

なぜトレーニングするのか

なぜトレーニングするのか

 ようやく分かった。

 あの時の自分から脱皮するためである。もう少し自分に自信があればと思って、天に毒づいた自分を変えるためである。

 そうすれば、もっとあなたに・・・・・・・。

 んーん、残念ながら嫁しゃまの為ではないようだ。

 自分が何のためにトレーニングしているか、先週の日曜日に気がついた。もやもやが言語化できたことで、精神のつっかえが取れた。

 んーん、フロイトの言っていたこととはこれだったのか~。

 などと、わけの分からんことを思っている今日このごろであるが、さっき家に帰り、飯を食べました。その後サプリメントを流し込み、今ブログを書いています。

 どこから帰ったかでありますが、もちろん、フィットネスクラブです。

 今日は上半身の日でした。相変わらず、左の肘が痛い。押したら痛いポイントが「テニス肘」らしいのだ。

 テニスなど1度やって、面白くないと、今までやったことがありません。小学生の頃からずっと卓球をやっていて、「どうせ、卓球の大きい版だろう」と思って、同じようにラケットを振ったのであるが、玉は、足下のコートに当たってばかりだった。

 卓球とテニスのラケットの玉に当てる角度が全く異なり、玉が前に行かないのだ。よっぽど羽子板のほうがうまいくらいだった。

 そんなテニス嫌いのやせるドットコムでも「テニス肘」になるのだ。これが治らない。あと半年、こんな感じならば、いっそのこと手術しようと思うくらいだ。ただ、日常生活には全く支障がないので、どう医者に言おうかと思案しておりますぞい。

 それでも、なんとかマシーンも使いながら上半身のトレーニングを終わったのでした。
 途中、「ふん、あんた、ベンチプレス80kgで終わりかよ~」という目で見られたので、ラットプルダウンを100kgで引っ張って、5回ほど、おすまし顔のやせるドットコムでした。

 あのね、歳をとると故障が増えるの! こんなこと書くとまたアクセス数が減るのであるが、事実です。

 なので、若者よ! 若いうちから筋トレしなさい!

 なんだっら私が教えてもよい。1時間5000円からです。

 さて、明日は、フィットネスクラブでやってはいけないをいくつか書いて。次は、アンチエイジングの話をしよう。

 もうランキングなどどうでもよいが、押してね

 ↓↓↓↓ はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

(半分)実話怪談その1

(半分)実話怪談その1

 やせるドットコムをすみからすみまで読んでいる読者の方は、ああ、これか!と思われるかもしれないが、これはpodcastの「血液型Zone」さんに送った怪談であ~る。

 まあ、もとは、稲川淳二先生の「冬の怪談」で2位をとった怪談なのです。それでは、はじまりはじまり~。

 夜中にガバット起きて、記憶の底に入れていたはずのものを急に思い出してしまうことがないだろうか。

 これは、友人の浜田の奥さんから聞いた話である。

 奥さんによると、いきない浜田が夜中に、「じゃー」と叫んで布団を跳ねのけたらしい。ハァハァ言いながら、「思い出したー!」と言ったまま、その日はそのまま朝まで起きたままだったようだ。

 奥さんによると、彼が思い出したのは実家にある金庫のことだったらしい。その金庫は、浜田の母親の為に買ったものだった。浜田の母親は40歳の夏に病気になり足が不自由になっていた。父親は貿易船の船乗りだったので年に1ヶ月くらいしか帰ってこない。

 歩けない母と、男と言っても中学生だ。浜田は、家の大事な書類を保管するために通信販売でみかん箱くらいもある重い重い金庫を買ったらしい。

 その金庫は、4つの番号のダイヤルで開く仕組みになっていて、浜田が高校生の時までは、いつもその金庫を利用していたのでダイヤルの番号は暗記していたようだ。

 しかし、大学に通うために実家を出てからは、ダイヤルの番号どころか金庫の存在すら忘れてしまったのだ。

 そのまま20年、母親が65歳になった時には、浜田は田舎を全く離れ都会のマンションを買って結婚していた。

 船乗りだった父親も65歳ですでに定年を迎え、四六時中家に居るようになっていたのだ。

 さて、眠れず迎えた朝に浜田がすぐに実家に電話を入れてそうだ。奥さんは電話の様子で何が起こっているのか分かったらしい。

「おやじ、家に金庫があったよね。あれ、どうなった」
「あれか、何回か開けようとおもったんじゃが、番号が分からんじゃが。お前、番号は何番か知らんのかい?」

 思い出せるはずがない。

「忘れたなー。まあ、ええわ、おやじ、今は都会では金庫を1万円くらいで開けてくれる金庫開けのSOSサービスがなんぼでもあるから、今度実家に車で帰った時にSOSに金庫もっていくわ。それよか、家の権利証なんかは別に持ってるやろな」

「大事か書類は、手もとにあるから心配するな。あの金庫はもう要らんから番号が分かったら中古屋にでも売ろうかと思とるんじゃ」

 開かない金庫、実に気持ちが悪い。その夜、また、浜田は夢を見たそうだ。

 小さな赤ちゃんが。金庫の中に入っていてミイラになっている夢だ。「赤子が~!」と叫んでまた、ガバっと起きてしまったようだ。

「今年の正月は家に帰って、金庫開けサービスにでも持っていこう」

 浜田は奥さんにそう言った。まるで、忘れられ20年以上も置いてきぼりになっているだろう金庫の中身に懺悔しているように。それもそのはず、何か両親に迷惑をかけるような何か大切なものを入れていたのようで胸騒ぎがして、気になって気になって仕方なかったようである。

 仕事納めは12月28日だった。12月29日浜田は、700km先の実家まで車で向かった。浜田の奥さんはイベント会社に勤めており年末の年越しパーティの世話人になっていたので、浜田一人で帰っていったらしい。

「居眠りしないようにね、途中のサービスエリアで何回も休むのよ。」
「分かった。」

 それが、奥さんと交わした最後の会話だった。

 浜田は、瀬戸内自動車に入ったすぐの地点で大事故を起こしたのだ。氷雨が降っていた。時速140kmで飛ばして、タイヤがスリップしてしまったのだ。くるくると回転し、ようやく止まった所に、大型のダンプカーが乗り上げるようにぶつかってきたのである。ダンプの運転手は片足を骨折して外に放り出されたが、浜田はダンプカーの下敷きになりしかも車が燃えて炭になってしまった。

 警察は、浜田の持っていた焼け残った免許証の現住所に電話をかけた。イベント会社の奥さんは仕事先に泊り込みで仕事をしていたので連絡が取れなかった。そこで、免許証の本籍地に電話をしたようである。

 浜田の父親が出た。父親は息子の事故の知らせにびっくりして。すぐに近所の親戚の車で遺体のある病院まで向かった。父親は病院から浜田だった炭を引き取った。

 父親は遺体である炭と一緒に家に帰ってきた。
 帰ると歩けない母親が放心状態で玄関先にうずくまっていた。

「金庫なんかどうでもよかったのに。金庫金庫言うて、無理して帰ってこんでもよかったのじゃが~」

 父親は年老いた自分よりも先に逝った息子に嘆いた。

 さて、物語はこれで終わりではなかった。遺留品の中に車の焼けたナンバープレートがあったのだ。警察署で廃車手続きをとってくださいと渡されていたのだ。そのナンバープレートは黒くひしゃげてようやく番号だけが分かった。

 それともう一つ、あの金庫が開いたのだ。浜田が強く開けたい開けたいと思っていたので、父親が金庫開けサービスをわざわざ都会から呼んで開けてもらったのだ。何か重要なものがあったかもしれないと思い。

 ここで、奇妙なことが3つ起こった。ひとつは、ダイヤルのキー番号が浜田の事故車のナンバープレートの番号と一致していたことと、もうひとつは金庫の中には1枚の紙切が入っていたのだ。

 金庫とはいえ、20年以上も前の紙である。古びて少しかさかさになっていた。でも、その紙には確かに若かりし浜田の筆跡で文字が書かれていた。

「お母さん、お父さん、燃えつきてしまってごめんなさい」と。

 そして、3つめである・・・・・・、浜田のへその緒が箱にいれられ、金庫の中にあったらしい。自分が入れていたのだろう。炭にならず、唯一残った浜田のDNAなのだ。

 浜田の奥さんは、葬式で、ここまで話して、ワンワン泣き出した。

 半分実話の実の部分ですが、やせるドットコムの実家には、まだ開かない金庫があります。30年以上何が入っているか分かりません。とても気持ちが悪いです。

 

 瀬戸内とありますが、あれは九州自動車道です。私は死んでいません、でも、私が実家に帰るまでに、たいてい2件は事故があっています。高速道路上に散乱する「死体」を見たこともあります。そんな風景を思いながら創作しました。

 

 多分、家の金庫には何か入っているでしょう。何が入っているか、近々開けてみます。

 

 はぅあ!

 

 どんどん押して貰わないとブログ、閉鎖します。

 ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

腕の調子が戻った

腕の調子が戻った

 やせるドットコムは、毎日自転車通勤であ~る。
 10年間乗っていた「ランボルギーニ・ファミリア」は、たったの2万円で中古車販売の兄ちゃんに引き取られていった。そう、車は我が家にはない。

 エコ、エコとは叫んではいないが、自転車に乗ることで少しはエコに貢献しているのかもしれない。

 この自転車であるが、ようやく最近、自転車に乗って前を向いた時に、首が上がっている姿勢になるが、これで痛くなくなってきたのである。

 頸椎ヘルニアの病人を言葉でいじめるならば、一番に思い浮かぶ言葉が、「うがい」である。首を後ろに反らした途端、腕や手にしびれがくるのだ、ヘルニアには。

 この「うがい」の格好を長時間強いるのが、自転車である。特にサドルを高く上げて、ハンドルを低くして、前を見る。この格好は、ほぼ「うがい」である。

 首のヘルニア持ちは、首を反らすと、神経がさらに圧迫されて、ビリビリが腕に手に伝わるので、とっても嫌なのだ。

 しかーし、うれしいことに最近それがなくなってきた。

 何も感じないことがこれほどうれしいことであるとは、あらためて痛感させられる。

 しゃて、痛みやしびれを感じないなら、ベンチプレスであ~る。

 70kg、無問題!

 そして、90kg、持てる! けれど、1回だけ。

 よっしゃ、左右にそれぞれ5kgを足して100kgである。も、持てない・・・・・・。

 当たり前だ。完全に筋力が無くなっていたのである。

 でも、やはり90kg近くになると、左の肘が痛くなる。完全に治っているわけではないようだ。

 治らないので、近所のスポーツドクターに行ったのであるが、病名は「テニス肘」だった。ヘルニアで痛いのではないらしい。

「筋トレ、しばらく休みましょうね、そしたら治りは早いです」と言われて、湿布をもらって終わりだった。

 ネットでテニス肘について調べたが、支えるよりも引っ張る力で発症するらしい・・・・・・。引っ張る・・・・・・、引っ張る、「あっ!」と思ったのであるが、プルダウンだ!

Yaseru010

                  
↑↑↑ ラットプルダウン

 調子にのって100kgの重量で、1回でもいいから引っ張っている。先日、体重が100kgありそうな大男さんが100kgを10回引き下げてびっくらこいたが、100kgを引き下げている人はあんまりみかけない。

 多分これが原因なのだろうな~。

 そうね40過ぎた頃から、だましだましのトレーニングになってきます。身体は、鍛えていても故障していきます。

 若者たちよ! 早くに、丁寧なフォームで、筋肉をつけておいてくださいね。

 はぅあ!

 ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

スポーツジムのお作法その4

スポーツジムのお作法その4

 ツイッターで予告しておりましたが、ネタ帳としては、こんな感じでした。

1.割り込まない
2.サーキットトレーニングをしない
  自分の使っていないマシンの場所取りをしない
3.フロに入る時は身体を洗う
4.小型洗濯機を使う時は、洗ったものを入れる
5.一つの場所を占領しない
6.トレーナーを捕まえて話さない
7.爪を切らない
8.スプレー式の整髪料を使う時は、人にかけない
9.プロテインはきちんと閉めてからフル
10.くさい服を何度も着ない

 で、今回はこの3番目の風呂に入る時は身体を洗う、であ~る。

「はぁ~?」と、ほとんどの皆さんが思っているに違いない。「洗っているよ~」と。

 しかし、やせるドットコムは断言する。戦闘でもいい、フィットネスクラブのお風呂でもいい、見ていれば分かる。

 洗っている人はほとんどいない。そう、流している人はいるのだ。やせるドットコムも少し長めに湯につかって観察したが、きちんと洗って入る人は30人に1人くらいであった。

 その一人は、まず身体をシャワーで洗ってから風呂に入るタイプの人で、最初に湯船につかる人間のほとんどが、お湯を身体にかけるだけで風呂に入っていた。

 なぜ、湯をかけるだけと洗うの違いにこだわるのかであるが、理由がある。大学時代に、本多勝一さんの本を読んだのであるが、そこにお風呂の作法について書いてあったのであ~る。

 『しゃがむ姿勢はカッコ悪いか?』

 という書籍の中で、

「日本人のかなりの部分が湯船にはいるときシリを洗わぬ」

「見ているとまず七割くらいが、単に湯船の湯をマタにざあっとかけるだけで、あれでは洗ったつもりのまじないていどでしかないのだが、そのままドボンとはいってくる」

「「日本人は清潔ずき」という評判があるらしいが、この不潔な共同浴場作法はどう説明すればいいのだろう」

 とあったのである。7割がきちんとおしりを洗っていないとあるが、フィットネスクラブで95%以上が洗っていない。

 やせるドットコムの記事を会社のお昼休みにお弁当を食べながら読んでいる人もいるかもしれないが、申し訳ありません。でも事実なのだからしかたない。

 中には、ガラーッとドアから入ってきて、そのまま風呂に入ったり、サウナに入ったりする人もいる。

 いくらウォシュレットが発達した世でも、洗いましょうよ。

 それに、運動して汗をかいているのだから、汗は流してからお風呂には入りましょうよ。

 もちろん女性のお風呂がどうなっているか知らないが、女性もきちんと洗ってからお風呂に入ってほしい。

 で、やせるドットコムはどうしているかであるが、これも本多勝一さんの本から学んだものであ~る。

「まず腰にサッと湯をかけ、片手に(むろん素肌のまま)石鹸をつけ、それで(前からでも後からでも)シリをヌラヌラと洗い、さらに湯をかけて手もシリもきれいさっぱり。時間にして一分もかからずに完璧である」

 とあった。でもねやせるドットコムは、石けんはつけて洗っていない。お湯をかけながらおしりとちんこの周りをヌラヌラではなく、ゴシゴシと洗うのだ。お湯をかける回数はだいたい5、6回である。そして最後に手にもお湯をかけ、そして首から下に3回ほどお湯をかけ、汗を流して「うっしゃー」とかけ声をかけてから、その後はザブンとお風呂にはいるのである。

 完璧だ。

 やせるドットコムよりも年配の方もお作法が悪い。多分そのお子たちも同じように作法を学んでいないだろう。

 湯船には、おまじない程度に流して入るのではなく、きちんと洗ってから入りましょう。それがルールです。

 

 P.S. 最近コメントやトラックバックがなくて寂しいです。コピペコメントやスパムトラックバックは削除しますが、普通のコメントは大歓迎です。とって食べたリはしませんから、どしどしどーぞ。

 ↓↓↓↓ 押してねはぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

明治神宮に行ってきました

明治神宮に行ってきました

 三連休のはじめで、しかも晴天とあって、昨年も今頃いったのですがその時よりも、人が多かったです。

Yaseru013

 清正井にも多くの人がいました。↓↓誰もいない時にシャッター!

Yaseru012
 明治神宮神楽殿で、今年お祈りしたことはたったの一つでした。

 やせるドットコムは、「必勝祈願」を嫁しゃまは「家内安全」の祈祷御守護を頂きました。

 ただ、昨年までは5000円の祈祷料で御神酒がついていたのですが、今年は10000円からしか御神酒がついてませんでした・・・・・・。

 でも、しっかりと必勝祈願で名前を呼んで頂きました。どうか私の祈りが届きますように。

 そして皆様にも幸多い1年でありますように!

Yaseru011

 Canon EOS70d 綺麗に撮れますな~。

 おみくじ引いたら「油断するな」でした・・・・・・。んーん、油断するほどのご身分はございませんが・・・・・・。

 ようやく10位くらいに這い上がってきましたぞい!

 ↓↓↓↓ どんどん押してね。はうぁ!

                
banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
  本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
  上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

ジムでやるなよその3

ジムでやるなよその3

 前回は、ぶっちゃけ単に「犯罪するな!」よーーー、という記事になったのであるが、今回は、もっとフィットネスクラブよりにならないと「やせるドットコム」流の記事にはならない、そんな全国の女子高生の皆様のリクエストにお答えして記事を進めたい。

 今、女性に人気のフィットネスクラブにカーブスがある、足のトレーニングをやったら次肩を、そして胸をと、円形に備え付けられたマシーンをグルグル回って30分、有酸素運動のような筋トレでみるみる痩せるフィットネスクラブである。

 実際にトレーニングをしている風景を見たが、非常にいい!

 筋トレの効果も高い。

 だたし、このやり方を普通のフィットネスクラブのマシーンで真似てもらうと、大迷惑なのである。

 カーブスの場合は8つくらいのマシーンをぐるぐる回ってトレーニングであるが、フィットネスクラブのフリーウェイトの場所で5つほどの器具を使って、ぐるぐる回っている人が、年に4人くらい出くわすのであ~る。

 まず、ベンチを占領しそこでダンベルプレスをする、そしてそのダンベルを置いたままマシーンに行きプルダウン、そして腹筋ベンチに行き腹筋少々、ついでに脚を鍛えるマシーンでレッグエクステンション、それからほっと一息水を飲む。

 ときたもんだ。

 その間、ダンベルプレスのベンチは5分以上のインターバルとなっている。

 本人は「トレーニング進行中!」と悦に入っているかもしれないが、そのベンチを待っている人間からすれば、大迷惑なのであ~る。

 サーキットトレーニングは、効果のあるトレーニングですぞい。いやいや、ロングブレスのようにほんの少しの動きで、どんな仕組みで、カロリー消費しているのか分からないトレーニングと呼べないものよりも、動いている分、よっぽどいいものである。

 しかし、マシーン、器具を長いインターバルで占有するのはやめて欲しいのだ。

 トレーナーにうったえるのもよいが、やせるドットコムの場合は大抵終わるのを待ちます。

 まあ、しばらくかかりますが、しばしの休憩です。

 でもね、サーキットトレーニングで長いインターバルをとって、マシーンや器具を遊ばせないでね。

 そこんとこ、よろぴく! はぅあ~!

 そして↓↓↓↓ 押してね! よろぴく!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
クリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

ジムでやってはいけない!2

ジムでやってはいけない!2

 大学、大学院時代はまさか自分がその後フィットネスクラブに通い、本まで執筆するようになるとは思ってはいなかった。

 Amazonの★ではようやく★4つまできたぞい!

 今はPHPから電子書籍で売られているのでぜひ購入してほしい。2,3ページ読めば、最後まで一気に読めるはずだ。

 やせるドットコムの文章は、そもそもがすーっと頭に入るのであるが、優秀な編集者によって更に抵抗なく頭に入る。

 まあ、触れば指が吸い込まれていく、鋭いナイフのような文章であ~る。でも読者の指はあまりにも鋭く切れたために、つまめばすぐに傷口がふさがるのだ。(ここで、ブラックジャックの、よく切れるメスを想像したあなた、明日必ずいいことが3つはありますぞい)

 いやいや、20年もね、フィットネスクラブに通っているとフィットネスクラブの掟が身にしみて分かってくるものであ~る。

 先日の割り込み強要おっさんなどは、序の口なのだ。

 中には犯罪者もいるので注意して欲しい。やせるドットコムが経験した犯罪は以下の通りである・・・・・・。

 他人のバスタオルをかっぱらう。

 これには困った。いざ身体を拭こうとおもったら、置いていたバスタオルがないのだ。窃盗である。白いふわふわした今治のタオルだった(に違いなかった)のだ。このときはへこんだ。

 あとは、人のロッカーを開けている奴がいた。

 さすがにこれは、ちらっと見ていた知り合いのおっちゃんが怒って、事務方を呼んでいた。でも、簡単に開くロッカーの鍵も鍵である。

 それから、人の靴に水を入れた事件があった。何の意味があるのかさっぱり分からない。

 そして、トレイのトイレットペーパーを、引っ張って引っ張って、トレイの中をトイレットペーパーでモクモク状態にしたことがあった。なかなか面白いが、よっぽどストレスがたまっていたのではないだろうか。

 あー、そういえば、エレベータの中で女性同士が喧嘩していたこともあった。バックが触れた触れないというささいなことだった・・・・・。くわばらくわばら。

 やせるドットコムは真っ白のふわふわのバスタオルを盗まれただけであるが、20年も通っていると犯罪も起こるので、被害に会わないように注意する必要はありまーーーーーす。(STAP細胞かよ・・・・、理系女性がリーダーとなったことで、彼女のような小学2年生の姪っ子に「理系女子になれ」と言ったのであるが、それが裏切られ、もうがっかり)

 あー、すみません今日はもう寝ますぞい。

 で、今日も↓↓↓↓ 押してね。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

私の目の写真が勝手に!

私の目の写真が勝手に!

 びっくらこきましたぞい!

 いやいや、そりゃー少しはSEO対策ではありませんが、どっからリンクが張られているかなどアクセスログを見ますわい。

 やせるドットコム1995年にインターネットの世界に携わってもう、20年です。

 少しはアクセス解析くらいします。GAは分かりませんが・・・・。(←知らんのかい!)

 いやいやいやいや、そんなことではない。

 なんか知らんけど、SEOではぅあ!をしていると、とある病院のホームページにたどり着いたのであ~る。

 そしたら、汗管腫の病状説明にたどり着いたのだ。びっくらこきました。

「は、はぅあ~!」

 汗管腫の説明に使われていた写真は、私だったのであ~る。

 へぇ~、病院がこんなことしますかね~。と思って、メールで削除依頼を送った。そしたら平身低頭でお詫びのメールが来てページからは見えないようになっている。

 しかし、画像のプロパティで画像自体のURLを取っていたのであるが、それはまだ削除されていない。

 残念なことに、この画像が出典とやらで二次利用されていた。

 これがインターネットの世界である。

 で、どの写真なのかであるが、

http://e-muscle.cocolog-nifty.com/tbaby/2007/02/post_7338.html

 どうやら、このページの写真をパクってあるようだ。

 今、削除依頼を出している。さっき見たら削除されておりましたぞい。

 やせるドットコム、そもそもこの「やせるドットコム」のブログ名もいろんなところでパクられている。文章もそうだが、まさか写真までパクられるとは思わなんだ。

 んーん、それだけオリジナリティが高いと言えばそうなのでしょうが、残念、パクリはパクリである。たのむからやめてね。

 はぅあ!

 

 ↓↓↓↓ 一つお願いしますぞい!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

やってはいけないジムでの作法1

やってはいけないジムでの作法1

まさに昨日である。曲がるベンチ=インクラインベンチで、鏡の前でトレーニングをしていたらおっさんがインクラインベンチの前にある補助のあるプレスベンチについて聞いてきた。

「使っていいか?」と言うので、えらい上から目線でものを言う人だな~と思っていたのであるが、「どうぞどうぞ」と場所をお譲りしました。

 そうしたら、ベンチプレスしているおっさんが、しばらくするとやせるドットコムにこう言ったのであ~る。

「やりにくいんで、向こうに行ってくれ」と。

 びっくりしましたぞい! このおっさん、多分お仕事場では人に指示をするお偉い立場の人なのであろう。

 しかしだ、やせるドットコムは今、まさにここで、ショルダープレスをしているのだ。

 すこし後ろに下がったのであるが、おっさんは不満らしく、「なんでどかないだ、そっちが空いているだろう」と言ってきたのである。

 あー、えらいお方に捕まってしまったと思い、すぐさま、近くにいたトレーナーを呼ぶことにした。喧嘩にならないこつは、善意の第三者を入れることである。

「私がここでやっているとやりにくいと言われてます。でも、最初にこの場所にいたのは私なのですが・・・・・・」

 と冷静にうったえたのだ。

 私がショルダープレスをやっているとダンベルが落ちてきそうで怖いだの、あっちは空いているだの、ベンチプレスの準備運動ができないなど一生懸命にうったえておられました。

 でも、トレーナーの「最初にこの場所でトレーニングをしていたのはこの方です」という一言で、そのおっさんは去っていったのであるが、「お前は大人げない」とやせるドットコムを指さして吐き捨てていったのであ~る。

 まあ、ここで本も出版しておらずブログも書いておらず、世間に知られていないのであるならば、「こるるるるるぁ」とすごみの一つも入れたのかもしれないが、私はやせるドットコムなのである、むしろ「あっ、面白いブログのネタが一つ増えた!」と逆に心の中で感謝したのである。

 これは、昔筒井康隆さんが、鍋焼きうどんを頭からかぶって「あつーい」と悲鳴を上げている子供をみて書き物のネタが増えたとエッセイに書いてあったが、それを思い出した。そういえば、筒井康隆さん大好きだったなら~、「旅のラゴス」が平積みになっていたが、「にぎやかな未来」のほうがもっと面白いですぞい!

 しゃて、後からトレーナーが私のところにきて、「t-babyさんは悪くありませんので、すみませんでした」と言ってくれたのだ。それだけではない、近くにいたさらに年配のお客さんが、「ずっと見てたけど、あの言い方はないよね~」とも言ってくれたのだ。

 どうやらジャッジでは、私が正しいということになったようである。

 あのおっさんは、多分、いつもの会社の感覚で、人に指示したのであろうが、はっきり申しあげるが、それは「強要」でしかない。

 20年近くフィットネスクラブでトレーニングしているが、そこにはフィットネスクラブのマナーがある。続けたければそのマナーを守る必要があるのだ。

 今日紹介したのは、まずは、「今使っている人が優先される」というすごく当たり前のマナーである。ビジネスマンで言えば、最初に入れた予定が優先されるということだろうか。ただ、今使っている人にもルールがある。

 やせるドットコムが行っているフィットネスクラブは「同じ器具は15分以上は使わないでね」ルールである。

 ルール違反があった場合であるが、直接あなたが解決する必要はない。そう、トレーナーに言うのである。トレーナーがジャッジをして、正しい判断を下すのだ。

 会社で偉くとも、稼ぎが少なくとも(←わしかい!)、マッチョでも、ガリガリでも、太っていても、同じサービスを利用しているなら、皆平等、そこに格差など存在しないのであ~る。

 おかげさまでだいぶ上位にきましたぞい!20位以内はもうすぐです。

 押してね↓↓↓↓↓はぅあ!

                
banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
  本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
  上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

マッスルメモリーその2

マッスルメモリーその2

 今日は京王線で人身事故があって、予定の時間に着くことができなかった。自殺であろうが、自ら死なないで欲しい。天寿を全うしてほしいのだ。寂しすぎる。

 で、昨日の講義(!? えっ講義だったの~)で、筋肥大の条件として筋肉細胞の中の核の数が大切であることをお知らせしたかと思う。

 筋肉細胞の中の核が増えないように放射線をあてたマウス(←人間のために可哀想です・・・・・・)はマッチョになれない。

 と・・・・。

 いやいや、やせるドットコムが実験したわけではないのであるが・・・・・・。全ては石井先生の本を、自分でも分かるように再構成しているだけなのであるが・・・・・、そう、やせるドットコムの本の文章を読めば分かると思うが、万人に分かるようにかみ砕くのが、やせるドットコムの1つのスキルなのであ~る。

 だ・か・ら~早く結論を言えよ!(←天の声)。

 はいはい・・・・・・、結論はこうだ。核を増やせば、それだけマッチョになる率が増えるということであ~る。

 核を増やすには2つあり、①もともと多核細胞である筋肉細胞の核を分裂させて増やす方法と、②細胞を増やす方法があった。

 この①と②の状態を作り出すのが何か、いやいや、私よりも頭のよい読者はお分かりであろうが、核分裂と細胞分裂を促すのはそう「筋トレ」なのであ~る。

 筋トレすれば、筋肥大、マッチョを引き起こす細胞核が増えるのであ~る。

 これを『筋トレマッチョ核増大』とやせるドットコムは名付けよう。

 しゃて、マッスルメモリーであるが、これを説明するのにもう一つ重大な事実が分かっているのだ。

 それは、一度増えた核も増えた筋細胞も「減ることは(ほぼ)ない」ということである。

 運動をやめると筋肉はしぼむ。サンドラ・ブロックさんが出演したゼロ・グラビティ。やせるドットコムも初日のレイトショーで観に行ったのであるが、宇宙から地球に一人帰還した彼女が、湖から岸にようやくたどり着き、そして最後に自分の足で立ち上がるが、これはだめだ。

 無重力の世界をうまく描いたのはいいが、人間の身体能力の描き方の魂が足らん!

 無重力の世界にいたら、重力のある世界に帰ってきて立ち上がることはできない。

 同じく、昨日もスターチャンネルで映画アイ,ロボットをやっていたが、階段を上るシーンがあったのであるが、役者は「ハーハー、ゼーゼー」していなかった。

 ここが、映画の中で原爆をバンバン爆発させ、それでも人間が元気でいるハリウッド映画のあんぽんたんなところである。バッドマンやターミネーターの制作に関わっている人間は、「東海村臨界事故」で検索して、放射能をあびたらどうなるかを知るべきであ~る。我々の身体の設計図であるDNAが分断され、設計図がぐちゃぐちゃになり、細胞が作られず死に至るのだ。

 でも、ハリウッド映画はそれを差し引いても面白いでっする。

 いやいや、運動をやめると筋肉はしぼむが、中の核は、「筋トレをしていたらしていない人間よりも多い」のである。しかも何年たっても(石井先生はどこかで、人間15年くらいでないか~と言ってらっしゃたり、筋トレした期間は大丈夫ぞいという声があったりするが・・・・)減らないのだ!」

 そして、筋トレを再開すると、多くの核がある人間=昔トレーニングしていた人間の筋肥大がずごいことになるのであ~る。

 これがマッスルメモリーの仕組みなのだ。

 結論:一度鍛えれば、消滅しない『筋トレマッチョ核』が増え、そのお陰で、再び筋トレすればはぅあ~!なのであ~る。

 筋トレは、裏切らないのだ。

 えっ!? 筋肥大して何になるのって? ふふふふふ、小学6年生くらいまでは姪っ子を余裕で高い高いできるってことよ~。まあ、中学生になったら「おじちゃん、くさい」と言われるようになるやもしれないが・・・・・・・。

 おらおら、↓↓↓↓↓ 押さんかい! まだ40位じゃい。
 そんなもんで、満足できんぞい!はぅあ!

                
banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
  本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
  上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

マッスルメモリーその1

マッスルメモリーその1

 正月三が日も終わり、今年こそはトレーニングをばりばりとするぞい! フィットネスクラブに通ってトレーニングを再開している皆しゃまも多いかもしれない。

 昨年までトレーニングをしていた人にも、明日から、今日からトレーニングを開始しようとしている人にもいきなりフルスロットルではなく、ゆっくり始めることをおすすめしたい。

 今日もトレーニングに行っていたのであるが、私よりも年配のおじさんが、もうびっくりするくらいの勢いでダンベルを挙げたり下ろしたり。

 プルダウンのマシンで、重りが勢い余ってカシャーン、カシャーンと鳴るくらい早く上げ下げしたり。

 まるで、シンバル・モンキーのようにバタフライマシンを閉じたり開いたりしている姿は、面白く思わず微笑んでしまうほどであった。

 しかし、だ。これは筋トレにはあんまり効果はない。

 もしかしたらターザン2014年12月11日号No.662の「低負荷トレーニング」を実践されているのかもしれないが、それでもだめである。

 この「低負荷トレーニング」の欠点についてはまた後ほど考察したいのであるが、まず、勢いをつけてやるトレーニングは非常に危険である。

 勢いよくダンベルを振り回している人は、他の人が全く見えていない。なので、ぶつかる場合があるのだ。しかも勢いがいいので、

    F:力 m=質量 a:加速度

 で、低重量でも力が増しており、当たると痛いのだ。フリーウェイトでのこれはやめて欲しい。

 中でも特に、ダンベルでゴルフの素振りをやっているおじさんがいるが、これは絶対にやめた方がよい。

 たとえ5、6kgのダンベルでもゴルフの素振りをやっても、ゴルフボールを遠くに飛ばず筋肉は鍛えられない。全く違ったトレーニングが必要であるからだ。

 勢いづけるとフォームはたいてい崩れている。筋トレに一番大切なのはフォームである。

 マッスルメモリーとは、しばらく中断してもトレーニングを再開すれば、短期間で筋肉が肥大し元に戻る現象である。不思議なことに、筋トレをしていなかった人と比べれば、驚愕するほどのスピードで筋肉がでかくなるのだ。

 この、マッスルメモリーについて考察するには、筋肥大を細胞レベルから見つめ直す必要があるのだ。

 まず、筋肥大=マッチョにするしかけは、細胞のどこにあるのだろうか・・・・・・・? これを探る必要が第一である。

 実は、これは同じほ乳類であるマウスの実験で分かっている。マウスに放射能を照射して細胞の中の核が増えない状態にする。そして、負荷をかける運動をさせるのであるが、この場合筋肥大は起こらないことが分かっている。

 そう、細胞の核が筋肥大に関係しているのである。核が多ければ多いほど筋肥大が多く起こるのである。

 逆に言えば、1つの核が起こせる筋肥大の範囲が決まっているのだ。これを核の支配領域と呼ぶ。

 だいぶ違うとは思うが、餅を思い浮かべてもらいたい。私も実家から送ってきた餅を電子レンジで「チン」(←死語になりつつあるらしい)して食べるのであるが。膨れる大きさには限りがある。大きく膨らませるには、同じ餅の大きさを条件とするのならば、沢山の餅を手に入れるしかない。

 この餅を核と読み替え、餅が膨れるのを筋肥大と思えばよい。

 そう、細胞核を増やしてやれば大きく筋肥大できるのである。

 しゃて、やせるドットコムもマッスルメモリーを科学的に学ぶ前までは、一つの細胞には一つの核しかないと思っていたのであるがそうではない。

 教科書で覚えていたのは、この図である。

Yaseru016
©META Corporation Japan #130201

 しかし、細胞には多核細胞という細胞があり、核の数は一つの細胞の中に複数存在するのである。

 とここまで解説した中で、次の筋肉の図を見て欲しい。筋肥大を効率よくさせるためにはどうすればいいかである。

Yaseru015©META Corporation Japan #130201

 そう、筋細胞にある核を増やせばいいのである。筋肉が多核細胞であるならば、核を分裂させて一つの筋細胞の中に沢山の核を持てばいいのである。

 そして、もう一つ、筋細胞を構成している筋原繊維を増やして相対的に核を増やせばいいのである。

 以上のお話のネタ元であるが、むろんやせるドットコムは科学者ではないので実験はできない。

 石井直方先生の『究極のトレーニング』p.44「筋の記憶力?」を参考に再構成させて頂きました。

究極のトレーニング 最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり

新品価格
¥1,728から
(2015/1/4 21:08時点)

 眠くなったので・・・・・・また明日。

 明日もやせるドットコムを読みたいという人は

 ↓↓↓↓ 押してね。50位までもうすぐ、はぅあ!

                
banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
  本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
  上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

当選楽天ポイントでおせち!

 昨年、11月のある日、ふと楽天のポイントを見ると50,000点以上になっている????

「なんじゃい、こりゃ!」

 まさか、カード番号を盗まれて500万円くらい買い物されたのかも!? と思って、すぐにポイントの明細を調べてみた。

 するとなんと、全額ポイント還元とある、すぐさま楽天に問い合わせてみると・・・・。

「おめでとうございます、50,000ポイントの当選です!」ときたもんだ。

Yaseru017_2
 只で貰えるポイントであることを何度も確かめて、ほほをつねって、痛かったもんだから「やったー!」と叫んだのである(←嘘です、ほほはつねってません)

 で、何を買おうかと思っていたのであるが、1つは嫁のカメラのレンズ。前からマクロレンズが欲しいと言っていたので、EOS用のCanonのマクロレンズの足しにすることにした。

《新品》 Canon(キヤノン) EF 100mm F2.8Lマクロ IS USM[ Lens | レンズ ]【レンズペンプレゼント対象商品】

価格:96,000円
(2015/1/3 11:56時点)
感想(9件)

楽天でどうぞ!

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

新品価格
¥96,048から
(2015/1/3 11:58時点)

amazonでもどうぞ!

 しかし、いっぺんに使えるのが30,000ポイントまでとのことだったので、まだ20,000ポイントが余る。しかし、11/30までに使わないと消滅する。

 で、もう一つを「おせち」に使ったのであ~る。

 で、これがマクロレンズを使って撮った写真である。マクロレンズは、少しの距離でもピントがぼけるようになっている。レンズの違いでこうも表現力のある(!?)写真が撮れるものであ~る。

 

Yaseru019_2©Photo by やせるドットコムの嫁しゃま(年末救急車)

Yaseru018©Photo by やせるドットコムの嫁しゃま(病み上がり)

 しゃて、肝心の味であるが。やせるドットコム、一昨年の11月に肺梗塞になってからというもの納豆を食べてはいけない、ほうれん草も食べてはいけない、青汁も飲んではいけないなど食事も制限もあり、ついでということでかなりの減塩料理になっている。

 その舌からすると・・・・・・そう、濃いのである。塩辛い。万人受けする味なのであろうが、もっと薄味でもよい。

 これで、お酒を飲むにはいいだろうが、断酒しているので、酒の肴にもならない。

 んーん、来年は買わないだろうな~。

 正直ベースの感想でした。はぅあ!

 ↓↓↓↓↓ 少しずつ上昇中!押してね。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はどうでした?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら
上のバナーをクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

トレーニングはじめ

トレーニングはじめ

 年末は、大掃除に追われてフィットネスクラブに行くことができなかった。

 大掃除だけではない、嫁しゃまが、倒れてしまった。前の日に町医者にいったのであるが、単なる風邪と診断されて安心していたのであるが、朝の6時前に気になって嫁のベッドまで行ってみると、ほとんど虫の息であった。

 熱を測ると39度℃もある。急いで一番近い大学病院に電話して「救急で行って診てもらえますか?」と聞いたのであるが、「んん~」と言ったような返事だったので、

「もういいです、救急車を呼びます!」

 と救急車を呼ぶことにした。これで救急車を呼んだのは4回目である。嫁は初めてであるが・・・・・・。

「とにかく熱があって、動けなくなっています」と言い、住所を告げた。その間なんとか嫁にコートだけでも着せ、ベッドから廊下まで運んでマンションの下まで降りて救急車を待っていた。

 救急車がやってきて、そりゃ素早くストレッチャーを下ろして、エレベータまで来たのであるが、どうやっても、エレベータの床の長さよりもストレッチャーが長いのだ。

 これじゃ、入らない。立てて入れたとしても、嫁を乗せて運ぶことは困難である。まあよい、やせるドットコム、デッドリフトは120kgはできる、嫁は39kgしかない、いざというときはストレッチャーをもって、救急隊員と一緒に階段を降りよう・・・・・ぞい!

 などと考えていたら、救急隊員が、エレベーターの中の壁に磁石でくっつけてあるシートをベリベリと剥がしはじめたではないか。

 そして、剥がしたシートを1階の踊り場においたかと思うと、腰にじゃらじゃらとあった鍵の束を手にしたのである。そして、エレベータの壁にある鍵穴に中の一つを突っ込んで回したのである。

 は、はぅあ~。

 やせるドットコムは本当に驚いてしまった。ストレッチャーが入るだけの空間がぽっこりと出てきたのである。

 なんとまあ、エレベータってこんな仕組みになっていたのね。知らなかった。

 で、ストレッチャーを載せて、我が家の前まで来たのであるが、ドアを開けると嫁は相変わらず廊下にぶっ倒れている。

Yaseru020

 不謹慎ではあるが、後で嫁に見せようと写真を撮ったのである。

 で、大学病院ではない別の大きな病院に連れて行かれたのであるが、検査の結果「インフルエンザ」であった。

 町医者の誤診である。昨日動ける段階でタミフルを飲んでいれば、こんなに悪化はしなかっただろう。見た目だけで判断したようだ。

 この町医者であるが、本当に藪医者である。嫁は院長に診てもらったらしいが、この院長が藪なのだ。大腸ポリープの内視鏡検査を完了させることができず、それでも診察料を取ったり、今回のように風邪を誤診したり、やせるドットコム自身は肺梗塞の症状であったのであるが「なんでもない」と言われたこともあった。

 とんでもない病院である。今度何かあったら実名挙げてブログで公表したい。

 で、嫁であるが、4時間ほど点滴を打って、意識もはっきりしてきたので帰ってよいということになった。

「タミフルの処方はありますか?」

 と尋ねたら「ないですよ」と言うことだったので、驚いていると、なんとタミフル5日分に匹敵する薬を点滴済みだということであった。

 恐るべき、日本の医学。

 で、嫁もようやく復活したので、楽天で買ったおせちを一緒に食べ、本日フィットネスはじめとなったのでした。

 救急隊の皆様ありがとうございました。

 皆しゃま、予防接種をしてもインフルエンザにはかかります。病院に行ったら、必ず検査をしてもらいましょう。早いうちにタミフル飲んだら治りも早いようですぞい。

 はぅあ!

 さあ、順位を上げたいのです。↓↓↓押してね。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます

 昨年は、ブログが途切れ途切れになってしまい申し訳ありませんでした。

 Podcast(という、アップルが出しているitunesの中で展開されるインターネットラジオ)を聴くことにはまってしまい、自分が情報発信をすることから遠ざかってしまいました。

 私も、声は人並み以上、歌は今では千春さんを超えた(→大嘘)と自負しているのですが、なんとも歳なのか面倒くさい気持ちが先にたって、聴いているうちに、これくらいの内容ならば自分も発信できるぞい、と思っていたのですが、無理でした。

 50を超えたら、あれもこれもやりたい気持ちだけが先にたち、行動が伴わなくなります。

 しゃて、肝心のトレーニングですが、ぼちぼちと細々と続けております。でも、少し気が抜けたようになったのも確かです。

 ライバルと思っていた、同年齢のいわゆるおっさんが急に同じフィットネスクラブを退会してしまったのです。

 ベンチプレスはどっこいどっこい、背中はやせるドットコムが強く、足は同じくらい、しかし、デットリフトは完全に負けていたな~。

「私、トレーニングやめました」

 その一言で、去っていきました。

 それで、ふとトレーニングとは何ぞや?という疑問がやせるドットコムの中に芽生えたのです。

 たぶん、これはトレーニングの意味をこの自分にとってのみ考えたためでしょう。

 そろそろ、自分ではなく、他人へバトンを渡す時がきたのかもしれません。

 いやいや、このブログを他人に譲るのではなく、(譲る時は、姪っ子に『やせるドットコム』を譲ります、申し訳ないがその他のやせるドットコムはばったもんです、ここが元祖です。なので、t-baby以外が『やせるドットコム』を名乗っているものはすべて、パクリです。いやいや、ブログを譲るのではなく)後輩育成にそろそろ力を入れるべきではないかと思ってきたのです。

 確かにブログで情報発信をしていると、(とっても奇特なことに)私のブログに心動かされトレーニングを始める人がいたのも確かでしたが・・・・・、リアルな場での後輩育成は、まだやっていません。

 でも、若造どもがトレーニングしていているとつい、『こるるるるるうらぁ、お前ら、ワシのことをおっさんや、思とるやろ、やけどな、ほるるらぁワシや、プルダウン100kgいくで~、うりゃーーーー』と、いきり立って、負けん気フルになってしまうのである。

 おや、いま地震が・・・・、スタンドが揺れている。

 しかし、50歳は50歳である。この若造たちの伸びしろと比べると、やせるドットコムの伸びしろはもう、ほとんどない。

 やせるドットコムのテロメア(細胞は分裂を繰り返すことで=老化することで、テロメア細胞が短くなっていく、一定以上短くなってしまうと、その個体には死が訪れる)も50年生きたのだ、この若造は20代だろう、こいつらにはテロメアの長さはかなわない。

 だから、お前らより老化しているが、ほるるるうあ、お前らにこの重量が持てるか~!

 いやいや、それをもうやめようと思う。彼らが、鍛え方の手法を正しく学べば半年で抜かれるだろう。彼ら若造よりも力が保てているのは、やせるドットコム、この私が効率的で効果的で正しいタイミングとフォームと休息とサプリメントとタイミングとを知っているからであ~る。

 そう、知識の差なのだ。

 今年2015年は、私の知っているそのすべてを、ブログだけではなくリアルの場でも伝えていく年にしたい。

 もちろん、女性にもお伝えしたい(嫁しゃまがいるので変な想像はしないでね~!)。

 そう、今年はパーソナルトレーナー、やせるドットコムt-baby誕生の年なのなのであ~る。はぅあ!

 

 すみません、久々でずが、ブログランキングをあげていきますので、

 ↓↓↓↓↓↓ ぽちっとお願いします。 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年7月 »