« 虫むし大作戦 | トップページ | 時には休もう »

2014年8月 9日 (土)

突然終わった虫々大作戦

突然終わった虫々大作戦

 アシタバを食べ、大きくなったキアゲハの幼虫であるが、全部で7匹いたのであるが、最終的に3匹になってしまった。

 その1匹が、安近短で、アシタバの幹で蛹になる準備をしていたのである。

 蛹になるのが非常に楽しみであったのであるが、残念なことが起こってしまった。

 変態したばかりの蛹は、アシタバの幹にくっついたまま、八つ裂きになっていた。

 ぱんぱんに大きくなりあと少しで蛹になろうかという幼虫は、しっぽの部分だけがプランターの土の上に転がっていた、これまた八つ裂きになっていた。

 ショックである。

 ちょうど最近、自転車のサドルの下に付けていたワイヤーロックがいつの間にか外れて紛失、電話のBluetoothワイヤレスイヤホンマイクを紛失し、その上、さらに首のヘルニアの悪化、などなど嫌なことがたくさん続いていた。

 このキアゲハの幼虫は、そんな乾いた心のオアシスだったのに、殺戮の現場を見てしまい、ショックが非常に大きい。落胆が激しい。

 鳥か、トカゲだろう。

 ちっくしょう!

 やせるドットコムは、普通なら自然の摂理として、ほうっておくのであるが、さすがにとさかにきた。

 昔買っていた、ねずみ捕り粘着シートをアシタバのプランターの横に2枚仕掛けていたのである。これが昨日のお話だ。

 で、本日である。

 朝は、台風の余波か、ここ東京の多摩市は大雨が降った。雨がやみ、朝一でヘルニア治療のために近所の病院にいき、家に帰って、そうだ、昨日の罠を見るためにルーフバルコニーにねずみ捕り粘着シートを見にいったのである。

 びっくりである。たぶんこいつが、キアゲハの幼虫を殺戮したのであろう。味をしめてまたやってきたに違いない。

 そこには、鳩よりも少し小さな、たぶんヒヨドリであろう。粘着シートにべったりと左半身が張り付いていたのだ。

 ざまーみろとは思えなかった。

 我が家のルーフバルコニーは自然ではないのだ、人工なのだ。なので、人の手による罠もあるのだ、などと自分に言い聞かせてみたものの、あまりにも哀れな鳥の姿に、ショックであった。

 まだ息をしていたが、粘着シートはべったりと鳥を覆っている。もう、とれないだろう。とってやる気もない。

 残された小さな幼虫の1匹もアシタバの葉の上には見当たらない。きっと、今、こいつの胃袋の中にいるのかもしれない。

 こうやって、複雑な気持ちの中、虫々大作戦は突然終了したのである。グロテスクなので写真は撮らなかった。

 在りし日の幼虫だけでもアップしておこう。

Yaseru022


Yaseru021
  

 

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 虫むし大作戦 | トップページ | 時には休もう »

昆虫日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/60124733

この記事へのトラックバック一覧です: 突然終わった虫々大作戦:

« 虫むし大作戦 | トップページ | 時には休もう »