« やっぱり腕が痛い | トップページ | 妄想1:奇跡が起きる筋肉トレーニングの映画化 »

2014年6月 9日 (月)

平日のトレーニングには難がある

 皆しゃまは、いったいいつ、トレーニングしているだろうか?

 最近のやせるドットコムは、働き場が若干変わったせいもあり、平日はお仕事帰りになっている。

 いったん家まで帰って、ご飯を食べて、それからトレーニングとしていたのであるが、移動時間がもったいないと感じるようになってしまった。

 せっかく、家とお仕事場の間にフィットネスクラブがあるのなら、お仕事帰りに立ち寄るのが最も合理的であると感じたのである。

 しかし、ここで一つ注意しなければならないことがある。

 そう、エネルギーの補充である。

 岡山で、最初にフィットネスクラブに行っていたときは、バナナを食べて、仕事場の帰りから寄っていた。

 やせるドットコムの師匠から、空きっ腹で筋トレをするのは、イコールタコが自分の足を食べていると同じで、筋肉からエネルギーを補充している。

 筋肉は太らないし、しんどいだけである、と指導を受けたのであ~る。

 バナナでもよいが、今は違う。BCAAである。これをトレーニングの30分前、さあ、お仕事場からおさらばするぞいというタイミングで、シャカシャカでシェイクして飲んでいる。

 しかし、BCAAはすぐには溶けないので、溶け残ったたぶん10%くらいは捨てていることになるだろう。

 でもよい、これで、筋肉を削ってトレーニングすることもなくなる。

 しかし、問題はこれでおさまらない。夕食が問題なのだ。

 その時間と量である。家に帰ったらもう9時くらいだ。そこで、食べると、腹が減っているせいもあってつい食べ過ぎてしまう。

 ウルヴァリンのヒュージャックマンさんは、夜6時以降は食べないようにしているらしい。それが正解である。

 何にせよ、日本の労働環境は、労働者にとって、生体活動を美しく合理的に維持するようにはできていないのだ。

 日本の労働組合の長の体型を見れば、たるんどるの~としか思えない。身体の線は、全てを表すのだ。最近さらにそう思う。

 いい身体になるためには、食べてはいけない量と時間があるのだ。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« やっぱり腕が痛い | トップページ | 妄想1:奇跡が起きる筋肉トレーニングの映画化 »

フィットネスクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/59784384

この記事へのトラックバック一覧です: 平日のトレーニングには難がある:

« やっぱり腕が痛い | トップページ | 妄想1:奇跡が起きる筋肉トレーニングの映画化 »