« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

講演会の素材集:なぜトレーニングするのか?

講演会の素材集:なぜトレーニングするのか?

 客観的に言えば、非常に簡単である。年齢を基準として、過去を振り返ってみればよい。そうすれば、何となく見えてくる。

 まずは、修学している時である。学校に行っている間であるが、その時の運動といえば2つのことが思い浮かぶだろう。

 そう、体育の時とクラブ活動の時である。

 やせるドットコムは今でこそ、週に3回はフィットネスクラブに通い、中学生や高校生の時よりも運動しているが、残念ながらクラブ活動は体育系ではなく文系であった。

 コーラス部だったのだ。いやいや、歌がうまいのだから仕方ない。

 高校の音楽の教師からは、音楽学校に行けと言われていたくらいである。しかし、オルガンを買うお金もなく、ピアノを習うお金もなかった。短調と長調の違いも分からない。
 でも歌はうまいのであ~る。

 そんなことではない。なぜトレーニングをするのかである。

1. 身体の成長期に必要な運動を行い、身体を育てるのが一つ目の目的だ。

 体育の目的が何であるのかは、文部科学省のホームページを見てもらえば分かるのであるが、体育の時間は最低限の身体能力を身につけることができる時間なのだ。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/05091401/003.htm

 体育の時間に休んでいる子供がいるが、残念ながら人間としての最低限の身体能力を身につけることが出来ていない。健康になってからぜひ、やせるドットコムのブログや本を読んで、身体能力の向上に努めてほしいものだ。

 しゃて、2番目であるが、クラブ活動である。体育系のクラブ活動でのトレーニングは全て一つのことに収束する。そう、勝つことであ~る。

2. 試合に勝つためにトレーニングするのだ

 しかし、このトレーニングは実に過酷なのだ。日本のボクシングの神聖さをぐちゃぐちゃにした亀田三兄弟の長男興毅選手であるが、やせるドットコムは大嫌いである。

 彼が、さんまさんのTVに出ていて、医者から健康度合いについて判定を受けていたが、全くの不健康であった。

 アスリートは、実はほぼ不健康なのである。行っているのは勝つためのトレーニングであり、健康になるためのトレーニングではない。あと少しで故障、怪我、病気と判定されるぎりぎりの線まで身体を痛めつけているのである。

 福原愛選手が足の中指を疲労骨折して全治3ヶ月でようやく復帰したことはつい最近の話であるが、骨折は、イコール不健康である。アスリートはともすれば現役を退かねばならない瀬戸際までは身体を鍛えているのである。

 ただ、これには、単に試合に勝つためだけのトレーニングではない。人々に美しさや華麗さや同じ人類(人種)という夢を与え、その結果として報酬を得るためのトレーニングでもあるのだ。

 しゃてしゃて、体育やクラブ活動はせいぜい大学時代で終わるだろう。やせるドットコムは修士を卒業して修士号を持っているが、大学院修士の時代に体育の授業があった記憶はない。

 身体を使う職業に就いた者は、学校を卒業した後でも、勝つために身体を鍛えるトレーニングをする必要がある。サッカーの三浦知良選手やイチロー選手は今も試合に勝つために常人以上の異常なトレーニングを続けていることだろう。

 身体を生業としている者は、金を得るために、トレーニングを続けなければならないのだ。

 しかーし、すみません眠くなってきました。今日は月曜日、上半身のトレーニングです。左肘(ひじ)は相変わらず激痛が走り、寝違いのせいで右腕もびりびりとしびれを感じていますが、なんとかトレーニングしています。

 残念ながら、重量のレベルアップは期待できませんが・・・・・・。

 でもいいのです。それでもトレーニングなのです。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

妄想その2 やせるドットコム映画化

二人は、全く同時期にフィットネスクラブに入会した。

年齢こそ変わらないが、その姿は全く違っていた。かたやデブ、かたやガリガリである。
入会したがまだ二人は出会わない。それから2ヶ月後に出会うのだ。

その二ヶ月、二人は、時にはフィットネスクラブで顔を合わせるが、お互いに心の中でののしりあっている。

「デブめ、俺は、まだましだ、あんなに醜くない」

「ガリガリめ、俺は、まだましだ、あんなに惨めじゃない」

「俺は、トレーニングして変わるんだ」

でも、闇雲に身体を動かすだけで二人の姿は、この二ヶ月全く変わらないのであった。

そんな時であった、フィットネスクラブの掲示板に張り紙が貼ってあった。

『本格的筋トレ教室実施します』と。

眠たい・・・・・・・。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

久々の出張

久々の出張

 久々の出張で岡山に行くことになった。
 岡山は、やせるドットコムが師匠と出合い筋トレを始めた聖地であ~る。

 今回は、お仕事の関係で行くのであるが、以前は、IT関連の講演講師もやったのであるが、今回は事務局であ~る。

 事務局であるが、前回も同じく研修の事務局をしていたのであるが、帰りの岡山の駅の構内で新幹線の乗車口まで上る階段をダッシュしたのであるが、ハーハーゼーゼーで倒れそうになっていた。

 この時すでに肺梗塞を発病していたのであるが、つくづく仕事熱心というか、体力にまかせすぎというか、常人ならば倒れているところ、筋トレで多少の身体のストレスには慣れているせいか、息が苦しいくらいでは病院には行かないのであった。

 フィットネスバイクをこいでいて、3分も漕げない私を見た嫁が、頼むから大学病院に行ってくれと言ったので、病院に行ったくらいである。

 嫁の指摘がなければ、たぶん今ごろ、灰となっていただろう。いやいや、恐妻ではあるが、良妻であり、愛妻であ~る。

 5日間もICUですごして、20日間も入院したのであるが、ほとんど馬鹿である。

 なので、ちょっとの距離の新幹線も戦々恐々だ。

 膝まで締め付けるタイツをはいていく。そして必ず、新幹線の席はすぐに移動できる席にしなければならない。

 通路側が一番いいのであるが、嫌だ。

 2列席の窓側を予約するようにしている。一月(ひとつき)前なら、だいたい予約可能である。

 何時に入り、何時に帰る。この時間を一月(ひとつき)前にきっちり決めなければならない。

 病気になるといろいろなことに敏感になるが、これはもしかしたらいいことかもしれない。

 1.抗酸化サプリを摂る、ビタミンやピクノジェール
 2.酒、たばこ、糖は病的老化を促進するのでやめる
 3.ストレスに慣れるよう筋トレをする。
 4.紫外線は1時間以上は避ける。DNAを傷つけるから
 5.白髪、しわ、しみが出ても抗う。頑張れ!

 で、久々の出張のために、いやいやもちろん今日もフィットネスクラブに行って、背中と上腕、そして腹筋のトレーニングをしてきた。

 家に帰って、パンツやら靴下やら、シャツやら、インナーやら、それからヘアトニックやギャッツビーのコロンやナイロンブラシやらひげそりも、出張グッズを準備した。

 フィットネスグッズも同じなので、苦労はない。

 んーん、以前はOSKというスポーツクラブに会社が入っていたのであるが、今はない。しかも、コナミにも法人契約していないないのだ。

 ちきしょう!トレーニングは自重だけじゃい。おらおら、フィットネスクラブに行かないでもやるぞい!

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

妄想1:奇跡が起きる筋肉トレーニングの映画化

  全くの妄想である。でも、妄想は時に実現するのだ。 

 もしかしたら、映画監督がこのブログを見ているかもしれない。映画権をとりたいなら、

 

 healthy.body2014あっとnifty.com  

 

 まで、どうぞ。あっとは、もちろん、@に変えて欲しい。昔のメアドは、偽装で、大量のスパムメールを送られているようなので、消す。 

 海外の馬鹿が偽装しているようだが、○んでくれ。

 で、配役は誰でもよい、とても痩せている人と、太っている人2人が織りなす物語であ~る。筋トレが、人の身体をがっしりさせるそして、すっきりさせる、これを実証する映画である。

 もちろんCGは使わない。キャプテン・アメリカのように合成はしない。いやいや、キャプテン・アメリカではマッチョの方が実物であることは知っている。

 日本ではハリウッドのようなCG技術はないだろう、それよりも実写の方がインパクトがある。

 しゃて、ストーリーである。

 やせ夫は、潔癖症でとにかく神経質、人のあれこれや、自分のあれこがとにかく気に入らない。いつも腹をたて、そして落ち込み、胃が痛くなる。そのせいで、消化も悪く、ガリガリである。

 時々、拒食症のような症状になり、食べ物を見ては「おぇ~」となったりするほど神経質なのだ。

 会社の女子社員から陰ではマッチ棒と呼ばれている。

 デブ夫は、社交的で、陽気である。何でも笑って受け入れる。コンパや宴会で他人が残したものも何でも平らげることが、当たり前になっている。皆が残り物をデブ夫の皿に集めるのだ。

 そのせいで、草野球をやっているが、ぶくぶくと太って、たるのようなお腹をしている。

 そんなある日、やせ夫は、会社の宴会でレオタード姿を披露して笑いを取ろうとしたが、あまりの痩せ具合に、失笑が起る。

 先輩の女性社員から「かわいそう、もうやめて」とどん引きされ、言われる。

 そして、デブ夫は、草野球の最中に、転がったボールを拾いにいく、小学生に「ごめんそこのボール取って」と言うと、「何言ってんだいデブ」そして「ん~ん、デブデブデブ」と馬鹿にされる。

 落ち込んだ二人は、まだ出会っていないが、何とかしないといけない、変身しないといけないと決心する。

 そこで、フィットネスクラブにいくことに決めた。

 続く。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

平日のトレーニングには難がある

 皆しゃまは、いったいいつ、トレーニングしているだろうか?

 最近のやせるドットコムは、働き場が若干変わったせいもあり、平日はお仕事帰りになっている。

 いったん家まで帰って、ご飯を食べて、それからトレーニングとしていたのであるが、移動時間がもったいないと感じるようになってしまった。

 せっかく、家とお仕事場の間にフィットネスクラブがあるのなら、お仕事帰りに立ち寄るのが最も合理的であると感じたのである。

 しかし、ここで一つ注意しなければならないことがある。

 そう、エネルギーの補充である。

 岡山で、最初にフィットネスクラブに行っていたときは、バナナを食べて、仕事場の帰りから寄っていた。

 やせるドットコムの師匠から、空きっ腹で筋トレをするのは、イコールタコが自分の足を食べていると同じで、筋肉からエネルギーを補充している。

 筋肉は太らないし、しんどいだけである、と指導を受けたのであ~る。

 バナナでもよいが、今は違う。BCAAである。これをトレーニングの30分前、さあ、お仕事場からおさらばするぞいというタイミングで、シャカシャカでシェイクして飲んでいる。

 しかし、BCAAはすぐには溶けないので、溶け残ったたぶん10%くらいは捨てていることになるだろう。

 でもよい、これで、筋肉を削ってトレーニングすることもなくなる。

 しかし、問題はこれでおさまらない。夕食が問題なのだ。

 その時間と量である。家に帰ったらもう9時くらいだ。そこで、食べると、腹が減っているせいもあってつい食べ過ぎてしまう。

 ウルヴァリンのヒュージャックマンさんは、夜6時以降は食べないようにしているらしい。それが正解である。

 何にせよ、日本の労働環境は、労働者にとって、生体活動を美しく合理的に維持するようにはできていないのだ。

 日本の労働組合の長の体型を見れば、たるんどるの~としか思えない。身体の線は、全てを表すのだ。最近さらにそう思う。

 いい身体になるためには、食べてはいけない量と時間があるのだ。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

やっぱり腕が痛い

やっぱり腕が痛い

 上半身のトレーニングが最近ものすごく嫌になっている。

 左腕が、肘から前腕にかけて痛いのである。70kgのバーベルまでは何とか挙げれるのであるが、それ以上になると激痛が走るのである。

 神経痛なのか器質的疾患があるのか分からない。

 神経痛:そこが痛い訳ではない。首のヘルニアのせいで、神経が圧迫され、あたかもそこが痛いと、脳が感じているだけ。

 器質的疾患:そこに炎症がある。

 どっちか分からない。病院に行っても大抵の整形外科医は80%、疼痛の原因をつかめないのだ。

 なので、整体やカイロなどの疑似科学に頼ってしまう。こいつらの商売が成り立っているのも整形外科学会がアホだからであろう。

 もしも整形外科医がこのブログを見ていたら、恥るべきである。

 さて、バーベルでベンチプレスができないとなると、代替のレジスタンストレーニングをしなければならない。

 それにはバタフライしかないのだ。泳ぐバタフライではなく、バタフライマシーンである。

 肘までしか使わないので、痛さは半減する。半減といっても痛いのは痛い。

 このブログには、初代仮面ライダーやゲッターロボで育った同年齢の方も多いようであるが、もしもあなたが20代30代だったら、知っておいてほしいことがある。

 そう、老化だ。人間は老いる。

 やせるドットコムが30代までの時は、自分が老いるなど思ってみなかった。

 やせるドットコムが書いた本「奇跡が起きる筋肉トレーニング」を読んだら分かると思うが、自分の身体の変化、ムキムキになっていく自分に、老いとか寄る年波とかは全く関係ないものだと思っていたのである。

 しかし、50歳間近になり、白髪もチラホラ、神経痛?も出るようになり、レスベラトロールやメラトニンで若返ろうとしても、逆に思うのである。

 「あと30年は生きることができないだろう」と。

 ただ、たばこを吸ったり、深酒したり、食欲のままデブになったりしていないので、松山千春のように、レコーディングした歌も素人かと思わせるような病的老化を体現した身体にはなっていない。

 歌声は軽やかで、電話に出ると未だに「お父さんかお母さんはいますか」と間違えられるトーンの声である。

 いくら病気になって入院しても、胸に聴診器をあてる看護婦さんから「む、む、胸が腫れています!!」と勘違いされるほどの胸筋である。

 いやいや、このブログで見栄を張る必要はない。老いを感じているのだ。

 だから、20代30代の方々は、すぐにたばこをやめ、毎日三食後歯を3分以上磨き、そして、何より筋トレをせよ、と言いたいのだ。

 明らかに自分の身体に悪いことをしていると、50年くらい経ったときに、そりゃもう哀れむような見た目になっているし、身体も機能しない。

 でも、20代30代の若造に、やせるドットコムのこの声は届かないだろうな。でも40代後半、50代になったら、どうせ身にしみるのだ。

 その時は、やせるドットコムはこの世にいないと思うが、もう2冊くらい本は出しておきたいぞい。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

あと3ヶ月で50歳

 さて、お久しぶりであ~る。

 で、今まで何をしていたかというと、色々なことをインプットしていた、と言えば聞こえがよいが、映画を観たり、Podcastを聞いたり、Youtubeを見たり、いろんなカタログを調べたりしてたくさんの時間をつぶしていた。

 映画は、コンテンツに多大な費用と時間がかかっており、それなりに身になったのであるが、他のものはほとんどが時間を捨てたに等しい。

 日垣隆さんのサイエンスサイトークのPodcastは非常に勉強になったのであるが、それに匹敵する番組はないという結論に達した。

 と、口悪くなっているのであるが、インプットばかりすると、自我が肥大してくる。そしてやがて、パンクするのであるが、肥大した自我から漏れてくるのは毒ばかりである。

 ツイッターのつぶやきを見ると、それがよく分かるのだ。漏れるのと壊れるのは同じだ。

 アウトプットすると、自我は磨かれ、現実との境は鋭角の線となってくるのであるが、それは美しいものだ。

 それが、やがて、書籍などの形になってくるのだ。

 久しぶりにブログを書こうと思ったのは、Amazonで「モチベーションアップに最適です」という書評を見たからである。

 ありがとうございます。

 再びぼちぼちと書いて行きたいと思います。

 最近であるが、トレーニングをやめているわけではありません。週に3日間は必ずきちんとジムに通って、みっちりとフリーウェイトとマシントレーニングをやっております。
 10年前と全く変わらない重量なのであるが、衰えもなく進化もない。

 上腕二頭筋が少しだけ大きくなったくらいである。

 あと3ヶ月で50歳を迎える。21世紀は2001年からなので、50代は51歳からだ、まだ1年以上ある、いやいや、でも歳は0歳から始まっているので、50歳になった時あこの世に生まれてやはり50年経ったのである、んーん感慨深いなどとアホな堂々巡りをしている。

 この3ヶ月はしっかりとトレーニングをしよう。そして、9月3日、ドラえもんと同じ誕生日が来た日に、自分の身体の機能を測定しようと思う。

 やるぞい! はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »