« 明けましておめでとうございます | トップページ | ゼログラビティを観た »

2014年1月21日 (火)

筋トレ再開、元気です

 ブログの記事であるが。かなりサボってしまいましたなぁ~。
 勿論トレーニングは継続しているので心配ご無用でっする。

 確かに正月休み明けは体力も落ちていたが、週3回の筋トレを2回、つまり3週間ほど続けたら、以前の筋力は戻ってきた。マッスル・メモリー健在なり!

 やせるドットコムの場合どのように筋力を比較しているかであるが、プルダウンで筋力の戻りをチェックするようにしているのだ。

 しかしながら、ベンチプレスは80kg以上は持てなくなってしまった。60kgくらいを超えたころから左の肘のあたりに激痛が走るようになってしまったのだ。首のヘルニアのせいかとも思っていたが、どうやら違うようだ。指で押しても激痛が走るので、多分肘がいかれてしまったのだろう。

 整形外科に行って、相談してみよう。

 ベンチを持って支えた瞬間に「ピキピキ」となるので、ベンチプレスに集中できない。全く「ピキピキ」を感じない時もあるが、20回のトレーニング中19回は「ピキピキ」と腕に雷が走るので、不本意ではあるが、胸筋は、ダンベルやバーベルのフリーウェイトではなくマシンでのトレーニング変更することにした。

 バタフライマシーンでは肘に力が加わることはない。でもねぇ、ベンチプレス100kgとか120kgとかはステータスとなのであるが、「バタフライマシーン100kgです」と言ってもあまりインパクトがないのが寂しい限りであ~る。

 しかも、プロテインも医者から飲み過ぎないように、BCAAもアミノ酸、タンパク質なので腎臓に負荷をかけるので飲み過ぎないようにと言われている。

 今までは、医者の言うことなど「へっ!」と思ってきたが、医者の口から出る言葉は「科学」に裏打ちされた「エビデンス」のある言葉なのである。たとえ、その医者自身が、太っていても、筋肉トレーニングをしていなくても、身体の科学の知識はすごいものである。私よりも断然上だ。

 ただ、その知識が筋肉トレーニングとあまり結びついていないのが、非常に残念なのであるが・・・・・・。

 トレーニングしていない医者の言うことなど、と馬鹿にしていたが、深部静脈血栓、肺血栓梗塞を発病して、大学病院のお医者さんに治してもらい、プロは違う、すごいと考えをあらためることにしました。(←遅い!)

 しゃて、この肺血栓梗塞であるが、この発病前と変わったことは、制限が増えたことである。

1. サウナにほとんど入らない
2. 納豆を食べない
3. 気がついたら水を飲む
4. 血栓防止の靴下を履く
5. ワーファリンを毎日飲む

 である。この中で一番つらいのは、やはり1である。90度近くのサウナに12分入って、汗だくになるのが習慣であったのであるが、きっぱりと止めた。これは本当につらい。

 人生の喜びの3%くらいは失っただろう。

 でも、制限が増えただけではない。血栓が溶けたお陰だろう、

1. 泳いでも、息が荒くならない
2. トレッドミルで走っても、息が荒くならない
3. 自転車でどんどん坂を登れる

身体になったのである。有酸素運動がどんどんできるのだ。これにはびっくりした。多分、やせるドットコムは東京、岡山間の新幹線の中で発病したのではなく、発病はもっと前だったのかもしれない。サウナで発病していて、出張で悪化したのではないだろうかと最近思うようになった。

 エコノミークラス症候群であるが、隣の韓国では、若者がその犠牲になったとラジオで聞いた。朝から晩まで同じ格好でパソコンゲームをしていて突然死した韓国の若者のほとんどは、馬鹿が原因と言えばそうなのであるが、正確には肺血栓梗塞が原因だったらしい。何人も犠牲になったようである。

 エコノミークラス症候群のチェック方法は血液検査でディライマーという値をチェックすればいいのであるが、しょっちゅう受けられるものではない、とても高いが、オキシメータでチェックしている。肺梗塞では酸素濃度が極端に悪くなる。

パルスオキシメーター メディパルエース

新品価格
¥9,800から
(2014/1/21 22:58時点)

パルスオキシメータ オキシボーイS-107

新品価格
¥9,800から
(2014/1/21 22:58時点)

1.1インチ OLED フィンガーパルス オキシメータ ハートレートモニター 心拍計SPO2 (グリーン)

新品価格
¥5,800から
(2014/1/21 22:59時点)

 90以下なら即、救急車で病院に行くようにしたほうがよい。決して自転車で病院に行ってはいけない。

 タバコの吸いすぎの人は、COPDになる。発病しているかどうかもこれで分かるだろう。 エコノミークラス症候群になったことがある人は、このオキシメータが必須だろう。病人を看護している人も絶対にあった方がよい。

 やせるドットコムは、ICUに入っていた時に、運動もせず安静にしていても酸素濃度が90を切っていた。

 今となっては懐かしいものである。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | ゼログラビティを観た »

エコノミークラス症候群」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筋トレ再開、元気です:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | ゼログラビティを観た »