« 衝撃の告知、3つの重篤な病気の可能性! | トップページ | 血栓のできた理由 »

2013年11月 5日 (火)

心臓カテーテル検査

 カテーテル検査、その日の朝は、5時には血液検査が始まった。寝ぼけているが、注射の痛さでシャキーンとする。しかし、相変わらず力がでない。

 昨日の昼から絶食のせいもある。

 カテーテル検査はとにかく動いたら、血管に傷がつくらしく。

「ゲップ禁止、胃の膨らみ禁止、腸の蠕動運動も禁止ですからね~」と女医さんに言われた。

 あー、これからどうなることやら。腕には、ブドウ糖の点滴が繋がっている。ブドウ糖打たれたら、途端にしゃきーんとなるよと誰かが言っていたが、そんなことはない。しんどいのは変わらないのだ。

 9時になった、4人の看護士さんがやってきて(4人とも看護婦さんでした)、私の身体をベッドからストレッチャーに、寝ているシーツを抱えて移してくれた。

「せーの、はい」

 である。やせるドットコムの身体はストレッチャーに移された。カテーテルの検査室まで大名行列である。寝たままで見る病院の中の風景は全く違った。健康な時は、車いすの人やストレッチャーの人についてあまり関心がなかったが、いざ我が身になってみると健常者の傍若無人ぶりがよく分かる。

 どかないのだ。

 そんなことはまあよい。健康になったら倍返ししたるからな~。と、今でこそ思うが、その時は健常者が遠い存在に思えた。って、病院に通っている人なので健常者ではないか・・・・・・。

 で、カテーテル検査室に入った。前もって十分な説明を受けていたので、ある程度のことは分かっていたのであるが、大きく違うことがあった。

「t-babyさん、本日担当の川村(仮名)です」と、カテーテルの補助技師さんだと思うが、その姿を見て少しびっくりした。

 マスクの外へ広がるその髪は、まるでそう、ソフトバンクのCMに出ていたゴールデンボンバーのメンバーと同じようにハイカラ(←死語)だったのだ。

「検査室内では、音楽が流れリラックスできるようになっています」とあったのであるが、流れている音楽もやはり、ゴールデンボンバーであった。

 リラックスできりようになっているのはスタッフだったのか・・・・・・、やられた。でも、それでよい、しっかり検査して欲しい、その思いが強かった。カテーテル検査で失敗すると、血管が傷つき、そのせいで血栓が急激にでき、脳に回り脳梗塞、心臓に回り心筋梗塞になり最悪死ぬ場合もある。

 ここで、死にませんように。と祈っていた。

「それでははじめます」と女医先生がやってきて、検査の開始を告げた。

「麻酔をします。痛いです」と言われ、左腕の手首に何度も注射をされた。汗管腫の時、目のまぶたに麻酔を何度も打たれたのであるが、よっぽどそっちのほうが痛かった。

「どうです~」と親指の付け根を触られたが、そこはすでにしびれていた。「しびれています」と答えると、それじゃ挿管しますと、管を入れらた。

 腕の中を何かがもぞもぞしているのが分かる。ここからは一切動いてはいけない。力も入れずリラックスすることにした。

「もうすぐ着きますよ~」5分もしないうちに、カテーテルは心臓に達したようだ。「身体が熱くなる感じがしますが、驚かないでください」と言われた瞬間、じゅわんとした感じが胸を走る。

「ドキンとしますけど、びっくりしないでください」と言われた次の瞬間心臓がビクンとした。「心臓の壁にカテーテルが当たったせいです」と説明してくれた。

 検査はどんどん進んでいく。

「綺麗ね~」女医さんの口から安心の言葉が漏れる。「抜きますね~終わります」と言われた時、心臓には何もなかったことが確信できた。もしも心臓の冠動脈が詰まっていた場合は、すぐにカテーテル手術が行われることになっていたからだ。終わったということは血管は大丈夫であるということである。

 ゴールボンバーさんにもお礼を言って、ストレッチャーのままICUに戻ったのであった。

 腕には、エアバンドをしている。2時間おきに2CCずつ空気を抜いていくのである。動脈切ったらここまでするのである。麻酔が切れてきて少しずつ痛くなってきた。

1311051

 腕も細くなっているな~。

 カテーテル検査が終わった頃に、嫁が病室にやってきて、先生からの説明を聞くことになった。先生は私の心臓の血管が造影されたX線を見せてくれた。

「血管は綺麗です。心筋梗塞ではありません。心臓はきちんと機能しています」

 ひとまずは安心である、いやいや、安心ではない。心臓はOKなのはよいが、原因はまだはっきりしていないのだ。

「足が引きつったり、なんかおかしいことはありませんでしたか~?」

 と女医の先生が質問してきたのだ。

 やせるドットコムは、確かにこの質問にこころあたりがあったのであ~る。

 押してね↓↓↓↓ でないと書かないよ~ん。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 衝撃の告知、3つの重篤な病気の可能性! | トップページ | 血栓のできた理由 »

エコノミークラス症候群」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心臓カテーテル検査:

« 衝撃の告知、3つの重篤な病気の可能性! | トップページ | 血栓のできた理由 »