« やっとこさ! | トップページ | トレーニング再開 »

2013年11月20日 (水)

お仕事に行く

お仕事に行く

 シャラリーマンなので、お仕事に行かないと、おまんまが食えなくなる。ローンも払えず、病院代も払えなくなる。

 で、昨日まで入院していたが、お仕事に行くこととした。

 20日間の入院生活で、9時消灯、6時起床という生活を無理矢理続けていたので、ある程度身体がそれに慣れてしまっていた。

 11時くらいでは何ともなかったのであるが、「もうだめ、寝る」とベッドに潜り込んで起きたら、6時だった。

 あと少し眠れると二度寝しようとしたが、習慣とは恐ろしいものである。目が覚めてしまった。

 病院では、暇なので、すぐに便所に行き、髪を洗い、顔を剃り、歯を磨いていたが、さすがにそこまではしなくていいだろう。

 で、久しぶりに嫁様の朝ご飯を食べて、通勤体制である。

 もちろん自転車だ。

 びっくりしたのであるが、確かに勢いよく漕ぐとしんどい。でも、そのしんどさは、すぐに解消されるのだ。

 信号でとまっていると、心拍数は収まる。

 そして、15分も休まないで、すぐに次の行動に移れるのだ。なんと便利な身体だろうか。

 仕事場のビルの近くに自転車を止めて、階段上りである。

 10月17日のツイッターでつぶやいていた「階段昇りがシンドイ、一体どうしたこの身体」と・・・・・・。

 この頃は、5階も階段を登ったら、座り込んで、「ハーハー、ゼーゼー」やっていた頃である。

 入院後、その階段に初めてのチャレンジである。続けてどこまで上れるか試してみた。なんと10階までは行けたのである。

 20階まで行けるだろうと思ったのであるが、病み上がりの身だ。病気で身体が弱っているというよりも、ましな運動を20日間やっていなかったのだ、さすがに身体が悲鳴を上げている。

 足にきたんでしょう! と皆しゃまは思うかもしれないが、一番に悲鳴を上げたのはそこではない。なぜか肩だった。両肩がずきーんとしてきたのだ。

 慌てて、酸素濃度を測るが、99ある。大丈夫だ。

 で、ゆっくりと20階まで歩いて上っていった。

 仕事場に、病み上がりの、ICUにいた男が、階段を上って非常口から現れたので、皆びっくりしていたようである。

 しかし、呼吸はすぐに平常に戻った。

 んーん、肺が機能しているとは、なんとすばらしいものか。と、なんで、退院した後でもこんなに動けるのか考えてみたが、いやいや、確かに入院生活が10日間をすぎた頃から、腹筋、腕立て、スクワットもしていたが、せいぜい20分ほどである。

 これで、体力が保たれることはない。

 67kgあった体重は62kgほどになっている。が、体脂肪率は変わらない。つまり、筋肉が5kgほどしぼんだのである。

 でも、動ける動ける。そう、肺が酸素を取り入れていなかったとうことは、言ってみれば、やせるドットコム、肺に血栓が詰まっていた間は、地上にいながら、エベレストのような空気の薄いところにいたのと一緒だったのである。

 ただ、あまりにも過酷だったので、腎臓や心臓もダメージを受けていたのであるが・・・、山登りは好きではないので、高い山がどれくらい空気が薄いのかは分からないが、地上にいながらにしてすごいトレーニングをしていたようなもんだったのだろう。

 と、今更もって、笑い話にできるが、梗塞、つまったのが心臓や脳みそだったら、このブログは永遠に更新されなかっただろう。

 今日は、様子をみたが、明日からフィットネスクラブ通いも復活である。

 はぅあ!

 押してね↓↓↓↓↓↓

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« やっとこさ! | トップページ | トレーニング再開 »

エコノミークラス症候群」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お仕事に行く:

« やっとこさ! | トップページ | トレーニング再開 »