« フードポルノ? | トップページ | トレーニングする前に身体を鍛える! »

2013年9月30日 (月)

献血にいくべし!

献血にいくべし!

 久々に献血に行ってきた。ブログの更新も久々である。

 やせるドットコムの血液型はAB型である。日本人では一番少ない血液型である。そのせいか血液型占いでは、人非人(にんぴにん、決して差別用語ではない、インドの神様からきている用語だ)のように語られるが、残念でした。

 血液型で性格が分類できるのは、それを信じている輩だけのローカルルールであって、残念ながらやせるドットコムはその範疇外である。

 血液型と性格の間に、全く相関関係がないことは、統計学を学んだ大学生ならば誰でもすぐに検証することができるだろう。

 最近は、「性格」というものがあるのかも疑っている。人間の自我同一性は、実はあまり強固なものではないのではないだろうか。

 ニュースを見ていると、「あの人がまさかこんなことをやるとは思いませんでした」と、容疑者に対して語っている近所の第三者の方々のインタビューを聞くにつれ、犯罪を犯す前までは全く違った性格だったはずである。

 やせるドットコムは、最近性格などころころ変わるもんだと思っている。あんたは、こうだと定義できるものではないのではないだろうか。

 なので、血液型で、あんたはこういう性格ですと言われても、その性格自体、ふらふらしているものだから、定義することは、意味がないかもしれない。

 性格と血液型が統計的に相関がないことは大学2回生の時に科学的に証明したが、性格などふらふらしているもんだ、ということを誰か証明してほしいものだ。

 いい、卒論になるだろう。

 いやいやいや、そんなことではない。献血であ~る。

 八王子に献血バスがやってくるということを聞いて、これまたえっちらほっちら30分ほどかけて自転車で行ってきた。

 しかし、体力に自信がない人は、自転車で献血現場まで行くのはやめた方がよい。久々に血をとったので、ふーっと気が抜けた気分になったのだ。確かに、しんどい。

 献血には常設の場所と、献血バスの2つがある。

http://www.jrc.or.jp/donation/

 献血のトップページにも、バスを探すと常設の献血場所を探すの2つがあるから参考にしてほしい。

 で、なぜ献血かというと、簡単だ、血液の成分が分かるのである。ロハで。

 これはいい! 絶対にいい。

http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/current/index4.html#kensa

 まず、血液型がハッキリする。いやいや、あんた、病院で血液型を調べたら、2000円以上かかるのだ。しかしここでは無料でやってくれる。血液型なんぞ、誰でも知っているだろうと思っているかもしれないが、それは違う。

 親父、お袋から全く嘘を教えられていた、とか、血液型が変わったのを気がつかなかった、などがあるのだ。

 いやいやいや、血液型が変わることなどあるもんかい!と確信している人もいるが、たいていはそうだが、海老蔵さんのお父さん市川團十郎さんは、骨髄移植した後で、A型からO型に血液型が変わったと、本人が告白している。

 骨髄移植をする人はめったにいないと思うが、血液型が変わることはあるのだ。なお、骨髄移植してHIV感染がポジティブからネガティブ、感染なしに変わった事例が1件WHOには報告されている。骨髄移植恐るべしであ~る。

 いやいやいや、(じぇじぇじぇではない!)その他であるが、下記のような項目が分かるのだ。病院に行ったら2000円以上は取られる検査である。

                                                                                                                                                                                                                                               
検査項目標準値(単位)説明
ALT(GPT) 5~45(IU/L)(※1) 肝臓に最も多く含まれる酵素です。肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すので、急性肝炎で最も多く上昇し、慢性肝炎や脂肪肝(肥満)などでも上昇します。激しい運動の後に一過性の上昇がみられることがあります。
γ-GTP 10~65(IU/L) 肝、胆道、膵、腎などに多く含まれる酵素です。上昇する疾患は閉塞性黄疸、肝炎、アルコール性肝障害などです。病気がなくても長期飲酒者では上昇することが多く、1カ月くらい禁酒するとある程度正常化します。
TP
総蛋白
6.5~8.2(g/dL) 血清中には80種類以上の蛋白が含まれ、種々の機能を持ち、生命維持に大きな役割を果たします。その総量を総蛋白として測定しています。
ALB
アルブミン
3.9~5.0(g/dL) 血清蛋白の50%以上を占めるアルブミンは、病気などで栄養が悪くなると減少するため、健康診断のスクリーニングとして大きな意味があります。
A/G
アルブミン対
グロブリン比
1.2~2.0 血清蛋白はアルブミン(A)とグロブリン(G)に分けられ、その比率は健康な人では一定の範囲にありますが、病気によってはその比率が変化(主として減少)してきます。
CHOL
コレステロール
110~250(mg/dL) 血胆道、腎、甲状腺の病気でその値が上下することがあります。血清コレステロールが多くなると動脈硬化を起こしやすいとされています。
GA
グリコアルブミン
16.5%未満 糖尿病の検査の一つです。過去2週間の血糖値が低い状態が続いていると低下し、高い状態が続いていると上昇します。糖尿病では標準値より上昇します。標準値範囲内でも、15.6%以上の場合は注意が必要です。

 

 それから・・・・。

                                                                                                                                                                                                                                                                        
検査項目 標準値(単位) 説明
RBC
(赤血球数)
♂425万~570万(/μL)(※1)
♀375万~500万(/μL)
赤血球は血液の主な細胞成分で、酸素を肺から各組織に運ぶ働きを持っています。
Hb
(ヘモグロビン量)
♂13.3~17.4 (g/dL)
♀11.2~14.9 (g/dL)
血液の赤い色は赤血球に含まれるヘモグロビン(血色素)によるもので、赤血球の働きの中心となっています。
Ht
(ヘマトクリット量)
♂39.0~50.4 (%)
♀34.0~44.0(%)
ヘマトクリット値は、一定の血液量に対する赤血球の割合(容積)をパーセントで表したものです。
MCV
(平均赤血球容積)
80.0~100.0(fL)(※2) 赤血球1個の平均的容積、すなわち赤血球の大きさの指標となるもので、赤血球数とヘマトクリット値から算出したものです
MCH
(平均赤血球ヘモグロビン量)
26.0~34.0(pg)(※3) 赤血球1個に含まれるヘモグロビン量を平均的に表したもので、赤血球数とヘモグロビン量から算出したものです。
MCHC
(平均赤血球ヘモグロビン濃度)
32.0~36.0(%) 赤血球の一定容積に対するヘモグロビン量の比をパーセントで表したもので、ヘモグロビン量とヘマトクリット値から算出したものです。
WBC
(白血球数)
3500~10000(/μL) 白血球は細菌などを貧食し、免疫情報を伝達し、さらに免疫能を発現して生体防御にかかわっています。細菌感染症があると一般に白血球数は増加しますが、ウイルス感染症の場合はかえって減少することもあります。
PLT
(血小板数)
14万~38万(/μL) 血小板は出血を止めるための重要な働きを持ち、この値が極端に減少すると出血を起こしやすくなります。

 これらが無料で分るのだ。肝臓の数値だけでもめっけもんである!

 その上さらに、B・C型肝炎検査、梅毒検査、HTLV-I抗体検査(白血病/悪性リンパ腫を発症させるウィルスを体内に持っている検査)、エイズの原因となるHIVの検査ではない。残念ながら、献血ではエイズの元となるHIVの抗体検査はやっているが、その結果は、献血した人には知らされない。エイズにかかったかも~で、献血するのを避けるためである。 なので、献血では「HIVの検査してません。やるなら保健所で!」というメッセージを流しているのであ~る。

 HIV検査は保健所でできる。すごく簡単だ。やせるドットコムも体験談を書くために、川崎のNAT検査(すごくシビアなHIV検査)を受けたことがある。

 HIVの検査は、無料! 20分で分る即日検査もあるようだ。どこで受けられるかはここでチェックしてください。

http://www.hivkensa.com/

 戻ります、献血です。

 献血すれば、体内の状況が分る。無料で!

 やらない手はないでしょう。ただし、自転車で帰ったのですが、200mlですが、ものすごくしんどかったです。このしんどさは、小学生の時に、走って3分の砂浜で2時間しこたま泳いで、母親から塩の効いたおにぎりをもらった時を思い出すほどでした。

 ほんと、しんどい時だけ、小学生の時のことを思い出します。

 でも、今回は200mlだったけど、次は400mlにします。受付の兄ちゃんが露骨にいやがっていました。

 200mlは、保存袋が少ない上に、利用させる頻度も低く、捨てられる場合がほとんどなのらしいのだ。

 次からは400mlである。

 やせるドットコムの前に並んでいた人は、今回でなんと88回の献血であった。やせるドットコムは7回目である。んーん、世の中すごい人がいるもんだい!

 はぅあ!

 押してね!↓↓↓↓

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« フードポルノ? | トップページ | トレーニングする前に身体を鍛える! »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/58296812

この記事へのトラックバック一覧です: 献血にいくべし!:

« フードポルノ? | トップページ | トレーニングする前に身体を鍛える! »