« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

頸椎ヘルニア

頸椎ヘルニア

 自転車に乗っていると、前かがみで頭を上げることになる。うがいをする時も、首を後ろにのけぞる形になる。

 この格好をすると、腕が痛くなる。

 頸椎から出ている神経を椎間板から漏れ出たヘルニアが圧迫しているのだろう。

 整体に行ってみればとよくアドバイスを貰うが、残念ながら整体は日本では誰でも名乗れる似非資格なのだ。

 カイロプラティックも同じく、明日からやせるドットコムがカイロマスターと名乗っても誰からも罰せられない。

 鍼灸師と柔道整復師は国家資格であるので安心できる。

 この首のヘルニアは、整体を受けて発症したものである。首をグキッとやられた次の日から約1年間、腕が痺れた。

 なので、整体やカイロは、人体に害をなすものだと確信している。カリスマ整体師など存在するはずがない。そもそも根拠がない。カリスマ霊媒師と同じレベルである。

 整体の学校もあるようだが、資格など存在しないのに、いったい何を教えているのか、実に不思議である。経絡・・・・・北斗の拳か?

 で、いつかは、手術しなければと思って、東京の調布になるゴッドハンドの整形外科、西島先生の予約をしていた。10年待ちということで予約していたのであるが、つい最近電話があったのだ。

「西島医師は、引退しました」

 という内容であった。びっくりである。顕微鏡を使ったヘルニア除去の第一人者で、TVでも紹介されていたのにがっかりである。

 このままヘルニアと付き合わなければならないのか・・・・・・。

 そういえばおかしなことがあった。今まで左腕が痛かったのに、今は右腕が痛いのである。左腕が痛くてバーベルも重いものが持てなかったのだ。

 で、今日、上半身の日だったのでベンチプレスをやってみた。90kgを挙げてみてびっくりした。左腕は全く痛くないのだ。

 そのかわり右腕が痛い。

 んーん、悪いところが入れ替わった。きっとヘルニアも左から右にでっぱてきたのだろう。

 しばらくは続くだろう。なので、秘密兵器を購入した。ふふふふ、それは明日のココログである。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

ベッドを買った

ベッドを買った

 やせるドットコムの書斎は狭い。畳で4畳半くらいだろうか? いや、もう少し広いだろうか、でも6畳はない。

 この部屋に160cm×80cmの机を置いて、床に布団を敷けば、後は畳2畳弱の空間しかなかった。

 まあ、パソコンと読書と、寝るだけの部屋なのでこれでよいだろうと思っていたのではあるが、少し気分を変えてみようとロフトベットなるものを導入しようと思ったのである。

 ベッドがあれば少しは広くなるだろうと思ったにすぎない。

 で、部屋の寸法を念入りに図り、組み立て時のシミュレーションも何度も行い、久々に直角三角形の辺の長さの公式、そうそう三平方の定理まで使い組み立てた後に、部屋の中で回転できるかなども考慮に入れて、回転はできないことが分かったのであるが・・・・・・購入することにした。

 購入者の評判を見てみると、一人で組み立てることは困難であるとか、どうしようもできず泣きそうになったとかあったのであるが、まあ、20年以上も筋トレをして、普通の同じ年のメタボな連中よりも4倍の筋力はあるやせるドットコムである。

 買うことにした!

 で、荷物が着いたのであるが、とにかく大きい! 玄関に4畳半ほどのポーチがあってよかった。

 組み立てる前に、まず部屋の掃除である。どう考えても、本棚と机があると組み立てることはできない。

 なので、まず部屋を空っぽにすることからはじめた。

 んーーん、引っ越し日以来である。こんなに広い部屋を見たのは。

 で、組み立て始めたのであるが、拍子抜けするほと簡単であった。二人で組み立てる仕様になっていたようであるが、一人で十分であった。

 でも、女性一人では絶対に無理だろう。運動部に入っていない高校生の男子一人でも無理だろう。

 やせるドットコムはたったの30分で組み立てることができた。

 で、設置してみると、まるでこの部屋のために設計されたベッドであるがごとく、すっぽりと収まったのである。

 机を中に入れ、本箱を入れで、ようやくできたのであるが。ベッドを組み立てるよりも片づけに時間がかかった。

 とにかく無駄なものが多い。パソコンの線や電源コードなどがたくさんあったのだ。

 箱詰めして、ベランダに持って行った。あと半年使わなければ断捨離しよう。

 広くなった部屋にいると気持ちがよい。あまりにも気持ちがよくなり、ホームセンターに行きマットレスを購入することにした。ふふふふふ、それはまた今度。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

3連休は映画を一気観る!

3連休は映画を一気観る!

 最近は首が痛く、腕もしびれ、頸椎ヘルニアの症状が重くなってきた。原因は分かっている。

 枕である。

 ニトリで枕を買ったのであるが、低反発ということで買ったのであるが。高反発だった。しかも高さが合わない。

 しからばと、再びやわらかい枕を、同じくニトリで買ったのであるが。頭が埋もれてしまい、枕の役割をしないのだ。

 2つで6千円くらいした。ニトリの枕事業部には、かなり貢献しているだろう。

 しかし、まっくダメだ。

 首が痛くなり、腕が痺れ出した。

 ニトリの横に寝具専門店があったが、永久調節付で2万円だった。最初からこれにすればよかった。
 今度、相談に行こう。それまでは、バスタオルのくるくるまいて枕の代わりにしよう。

 でも、最初の枕はスポンジがちびてしまったのであるが、ケイヨーD2で買った2千円のものだった。5年ほどもったが、これは首にあっていたのだ。まくらは値段ではないのか?

 んーん、迷う。皆さんの枕事情を教えてほしい。

 しゃて、映画であるが、TSUTAYAで借りてきた。

 プロメテウス、96時間リベンジ、ウーマンインブラック、LOOPER、レッドライド、遊星からの物体Xファーストコンタクトである。

 この中でもLOOPERを観るのが目的だったのであるが、連休じゃいと思い片っ端から借りてしまった。

 ウーマンインブラックが一番面白かったぞい。LOOPERは、タイムトラベルの話であったが、タイムパラドックスの使い方がありきたりすぎでがっかりした。

 ウーマンインブラックでは、ハリーポッターがなかなかいい芝居をしていて面白かった。

 遊星からの物体Xファーストコンタクトは、最後のヘリコプターのシーンで、昔見た遊星からの物体Xの衝撃がよみがえってきたが、これはファーストコンタクトの反則技である。

 96時間リベンジは、前の96時間のほうが衝撃度が強かった。リベンジではなく二番煎じだった。

 プロメテウスは、映画館で見たが、38インチの我が家の液晶TVの小さな画面ではまったくだめだ。I-MAXシアター用の映画なので、尺があっていない。しかし、壮大感は堪能できた。

 ストレスを発散するには筋トレと映画鑑賞が一番である。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

熱中症を防ぐ筋トレ

熱中症を防ぐ筋トレ

 老人や小さな子供が熱中症で救急車を呼ぶのは分かるが、中学生、高校生や働き盛りの年齢で熱中症になり救急車を呼ぶのは、止めてほしい。

 税金の無駄遣いである。

 同じく、タバコが原因で病院に行くのもやめてほしい。健康保険の無駄遣いである。生活習慣が悪いせいでなった糖尿病、高血圧、脳疾患も同じである。

 タバコを吸って病気になった場合は、健康保険組合ではなく、死の商人であるJTが医療費を負担すればよい。

 いやいや、そんなことではない、熱中症を防ぐに筋トレが有効であるかどうかである。

 有効である。グルコサミンやセサミンや、皇潤などのサプリメントを摂るよりも格段の効果がある。

 人間は植物はない、動物である。

 植物のように肥料や水を与えることよりも、動くことがもっと重要なのだ。

 やせるドットコムが本格的にトレーニングを始める前、24歳、25歳頃であるが、49kgしかなかった。

 運動しないと身体は、それなりの身体になる。ひょろひょろである。

 しかし、危険信号を発してくれる。身体のあちこちが痛くなるのだ。多分、あちこち痛くして触ることを促していたのだろう。

 ワンルームにいてもクーラーばかりで、汗を全くかかなくなってしまった。それが原因かどうかは分からないが、円形脱毛症になった。500円玉くらいのカッパが3つできた。

 新陳代謝は人間の身体にとって大切だ。

 26歳になって、初めて、人生初の筋トレを始めたのであるが、身体は劇的に変わった。
 筋トレするととにかく汗をかく。水を飲む、また汗をかく、サウナに入る、汗をかく。これを繰り返していたら、いつの間にか円形脱毛症は治った。

 身体の痛さもなくなった。

 この体質はトレーニングしている今も変わらない。ただ、あと23年残ったローンのマンションにあるルーフバルコニーで、ロハス(?)な園芸をしているとびっくりするくらい汗をかくのである。

 もちろんのども渇く。水を飲まないと身体が動かない。

 なので、なんで熱中症になるのか、いつも不思議になる。

 筋トレしていないので、身体の声が全く聞こえないのだろう。身体が何を欲しているのかも分からないくらい、心と身体が切りはなされているのだろう。

 その結果、死ぬのだ。

 トレーニングすれば、身体の声が聞こえてくる。と、言っても、日ごろトレーニングをしていない人間には絶対に分からない、でも当たり前の感覚であ~る。

 

 まあ、12歳から50歳までなら、熱中症で救急など呼ぶなよ! 日本の為であ~る。 

 

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

選挙に行ってきた

選挙に行ってきた

 まだ、公示のポスターも揃っていないが、そんなものは関係ない。参議院選挙に行ってきた。

 

 期日前投票である。人が少ないのでいい。ただ、まだ多摩市市役所でしかやっていないので、行くだけで自転車で30分ほどかかったぞい。

 エジプトはアラブの春で民主化されたが、素人集団が政治に関わったせいで、国は大混乱となった。結局は軍がクーデターを起こして、アラブの春はたった2年で終わり、実際は春とはほど遠い出来事であったことが昨日証明された。

 アラブの春という表現は変えたほうが後の歴史を勉強する中学生は迷わずすむのではないだろうか。

「先生、その後、数○人が死んだ政治不安のもととなったのに、なんで春というのですか?」

 そんな声が聞こえる。

 

 アラブの春ではなく、悲劇だ。こんなことで死にたくないと思った。

 しゃて、同じことが日本でも起こった。

 素人に政治をまかせたせいで、東日本は放射能まみれになってしまった。

 日本人ではない政治家によって、「世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」と国力を貶めるように策略もされた。

 タレントと不倫し写真週刊誌に載った奴が幹事長になっている。

 こんなおかしい奴らに政治はやらせてはいけない。そう思って1票を入れてきたのである。

 ねじれ国会はなくなり、空中分解する政党も出てくるだろう。素人どもから政治を取り戻し、エジプトの二の舞にならないようにしないといけない。

 日本は春ではなくもう夏である。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

アフター・アースを観た

アフター・アースを観た

 その時、イオンシネマの割引券を貰ったのであるが???と思っていた。そしたら嫁が「あんた知らへんの? もうワーナマイカルじゃないのよ」と言った。

 あろ?

 と不思議に思っていたら、アメリカのワーナー・ブラザーズ・エンターテインメントは、日本から撤退したらしいのだ!! 日本のワーナー・マイカルも株を手放したらしい。

 映画の始まりの前の案内で流れていた
 「ワーナー・マイカルのポップコーンはキングオフポップコ~~ン!」というCMも流れなくなるのだろう。

 その証拠にすでにホームページはイオンシネマに変わっている。

http://cinema.warnermycal.com/wm/tama/

 ただ、コピペして気が付いたがURLはワーナーマイカルのままである。

 で、イオンになることでいったい何が変わるのか、映画ファンとしては今後を見守っていきたい。シネコンがなくなるといった映画不安にだけは突き進んでほしくないぞい。

 しゃて、映画であるが、相変わらずSF映画になると観てしまう。

 前回は、トム・クルーズ主演のオブリビオンであった。物語は今一であったが、映像は非常に美しかった。それだけが残った映画である。

 トム・クルーズは、何をやってもトム・クルーズなので別の役者だったら物語に集中できたと思う。

 主人公をサム・ロックウェルがやれば、面白かったかもしれない。同じジャんとブーイングも上がるかもしれないが。

 「月に囚われた男」以降、クローンモノで、これ以上の出来のSFは出ないと思う。

 しゃて、アフター・アースであるが、イメージで一言で言えば、親が会得した究極奥義「無想転生」をその一子が、困難を克服し、同じく体得するという物語である。

 しかし、そこには北斗の拳のような壮大な物語はなく、はじめてのお遣いを見ているような感じになった映画であった。

 週末のレイトショーであったが、スクリーンの前にはやせるドットコムを入れて8人しかいなかったぞい。

 人類が放棄した未来の地球よりも、自分たちが連れてきていた怪物が大きな敵であり、ワープするくるらいの科学力がなるなら、別に放棄しないでも今でも住めるじゃないか? といったリアリティ・ラインのブレが頻発するたびに、現実に引き戻され、実に嫌な感じの映画であった。

 TSUTAYAで借りて観るよりも、地上波で放送されるのを待って観ても後悔はしない映画である。

 あー、びっくりドッキリするSF映画が観たいものである。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »