« 柔道園田監督が辞めるのに違和感 | トップページ | 昔の話、電車の赤ちゃん »

2013年2月 3日 (日)

左肩の痛さが取れた

左肩の痛さが取れた

 ここ、1年ほどである。25kgのプレートを1枚ずつ、左右につけ、シャフト20kgで合計70kgのベンチプレスをしたら、左肩が痛くて痛くて、持ち上げるだけで精いっぱいであった。

 70kgのベンチプレスでは、それなりに追い込めるのであるが、どーも、不満が残っていた。

 そういている1年間の間で、胸の筋肉は当然しぼみ、あせればあせるほど左肩の痛さは引かず、上半身の筋トレは嫌になっていたのである。

 しかーし、本日、いつもの通り70kgでベンチプレスしても、痛くない!

 あろっ!?

 それじゃ、左右に5kgずつ増やして80kgでベンチプレス。まあ、左肩に違和感はあるが、フルでやっても痛いほどではない。

 と、図に乗って、もう5kgずつ増やして90kgでベンチプレス。

 できる、できる。フルでOKである。しかし、なまった胸筋のせいでこれ以上は、上げるのが怖くなってやめた。

 パーシャル(胸にシャフトをつけないで、ほんの5cmくらいおろしたくらいで止める)プレスでなら、もっと重量をふやせたかもしれないが、パーシャルはインチキくさくて嫌いなのである。

 パーシャルで追い込みをやるのはいいのであるが、いくらプレートがあっても足りない。フリーウェイトが充実していないジムでは迷惑千万である。

 でも、追い込みは、マシンでもできる。すぐさまマシーンに座ってバタフライで追い込みをおこなった。

 んーん、いい調子である。

 風呂に入って、ち○こを触っても、いやいや、肩を触ってもどこも痛くなかった。以前なら、上半身のトレーニングの後はサウナの中でひたすら肩をもんでいたのである。

 どうぞ、このまま肩の痛さがぶり返しませんように。

 若い人はいい、しかし、やせるドットコムあと2年で50歳である。いやいや、顔を除いてお肌は、ぴっかぴかでピチピチしているのであるが、やはり寄る年波にはあらがえない自分を感じてしまうのだ。

 このブログを書いている今でも、右の胸筋はつっている。

 ぴきーーーん、って。

 3月から、WEBトレーニングのご紹介を再開しましょう。初心者の女性、男性を中心に、身体を鍛える方法をご紹介していきましょう。

 そして、3,4,5,6月と4か月したらスーパーマッスル・パワフルバディを手に入れるようにしましょうぞい。

 はぅあ!

 ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 柔道園田監督が辞めるのに違和感 | トップページ | 昔の話、電車の赤ちゃん »

身体の故障」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/56690889

この記事へのトラックバック一覧です: 左肩の痛さが取れた:

« 柔道園田監督が辞めるのに違和感 | トップページ | 昔の話、電車の赤ちゃん »