« 東京は大雪!であ~る | トップページ | 明治神宮に行ってきたぞい »

2013年1月15日 (火)

スポーツと体罰

スポーツと体罰

 いろいろな指導があるだろう。虎やライオン、猿などの獣にはムチが必要である。しかし、まっとうな人間には必要ではない。

 やせるドットコムは中学、高校時代にスポーツクラブに属しなかった、雰囲気が嫌いだったからだである。

 特に、威張っている先輩が嫌いだったのだ。威張る先輩など、ほとんどが家庭に問題があり、反社会的勢力の家柄であったり、離婚した家庭だったり、貧乏であったりと、はけ口を下級生をいじめることに見つけた連中が多かった。

 そんな、アブノーマルなクラブ活動の中に進んで入ることはしなかったのだ。

 しかし、今は、非常に後悔している。一番パフォーマンスがあった時にスポーツができなかったことを。

 あの時にスポーツをしていれば、今の身体よりもいい身体になっただろう。もっと早くスポーツの良さを知っていれば、体育大学に行っていたに違いない。

 しゃて、昨今、体罰が問題になっているが、やせるドットコムは体罰は必要であると思っている。

 小学6年生の時に、家庭科室の料理を作る部屋で、泥のついた靴を洗ったことがあった。それを見つかって、担任の先生に30パツくらいびんたをくらったが、これは納得のいくびんただった。

 体罰は絶対に必要である。

 しかし、それが常態化すると、それは暴力となる。なぜその犯罪を止めることができなかったかと不思議でならない。連続変死事件で行われた殺人に至らしめた暴行と全く同じである。

 大阪には30年前、8年間住んでいたが、それほど暴力的な街であるとは感じなかった。最近変わったのだあろうか・・・・・・。

 やせるドットコムが筋トレにのめりこんだのは、体罰ではなかった。師匠の情熱だったのだ。

 納得のいく論理と、実証としての体脂肪1パーセントほどの師匠の身体であった。

「誰でもなりますよ~、私のいう通りにやれば、私の身体に!」

 そこに暴力など入る余地などなかった。教えは、正しいことをきちんと納得させることである。

 やせるドットコムが小学生だった頃、うさぎ跳びをしていたが、今ではそのうさぎ跳びなど危険なスポーツ障害誘発運動あることが知られている。
 反して、ボディービルなど、使えない見せかけの筋肉を太らせるだけの競技であると言われていた。
 スポーツ科学が発達して正しいことは、変わってきている。

 同じく、スポーツ心理学も発達してきている。指導者は、体罰に頼らないパフォーマンスの上げ方をじっくり学んで欲しいものであ~る。

 はぅあ!

 押してね~♡ ↓↓↓

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 東京は大雪!であ~る | トップページ | 明治神宮に行ってきたぞい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツと体罰:

« 東京は大雪!であ~る | トップページ | 明治神宮に行ってきたぞい »