« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月26日 (水)

稲川淳二さんの怪談ナイトに行ってきた

稲川淳二さんの怪談ナイトに行ってきた

 今日は、トレーニングはお休みにしました。稲川淳二さんの怪談ナイトに行くためです。

 家に帰るまでは、どうしようか迷っていたのですが。嫁に、今日、あのパルテノン多摩で稲川さんの怪談やるんだけど、と言ったら。

「行きなはれ! 私しゃゆっくりするから、しっつしっつ」って感じで、家を追い出された。自転車で25分ほど漕いで、パルテノン多摩についた。ここに来るのは3年前の多摩映画祭以来である。前売りは買っていなかったので、当日券である。4000円でした。

 しかも、不吉な13番です。

Yaseru126

 いやー、寒かったですな~。夏じゃない、秋も終わりころの気温である。

 生の稲川さんは、初めてでしたぞい。

 生の「ゆきちゃん」を聞くことができました。

 稲川さんには、一目おかれてる私である。

 なぜに、このやせるドットコムが一目おかれているか・・・・・ふふふふ。
 くわしくは、やせるドットコム「開いた金庫」の記事を参照して欲しい。優秀作を取ったのであ~る。右は、頂いたサイン本であ~る。

↓↓↓ 稲川さんの冬の怪談(今はない)コンテストに応募したいきさつ・・・・など。

http://e-muscle.cocolog-nifty.com/tbaby/2004/12/post_5d89.html

Yaseru125

Man341

 その私が言うのであるが、(←偉そうに!)稲川さんはすごい! その語りには、よどみが一切ない。プロだ。と感じた。

 でも野外だったので、寒かった~。前売り券の席は、ブルーシートがあったが、立ち見席は、石の上だ。立ってられなくて、周りも座っていたので、座ったのであるが、お尻が冷えました。500円も高い金を払っているのに、この仕打ちはないでしょう。

 しかも、野外なので、おっさんが「おれはここを取って帰えるんじゃー!」とスタッフと小競り合いをしてましたな~。興味のない人には、いつもの自分の帰り道を遮る輩の集団にしか見えてなかったでしょう。私も、自分のマンションへ帰るいつもの道が、前もっての連絡も何もなく撮影などでふさがれていたら、迷わず突っ切っていくタイプです。

 通せんぼされたら、すかさず殴りつけるでしょう。当然です、正当防衛として。きっとそんな気持ちのおっちゃんだったのでしょう。分かります。

 いやいや、しゃて、稲川さんのお話、100分ほどでしたが、とっても堪能しました。帰り道は人でごったがえしていましたぞい。(それほどでもないか・・・・・・)

Yaseru127

 「ゆきちゃん、ゆきちゃん!」が頭の中をぐるんぐるんしています。

 で、帰ってきて嫁に、野外立ち見席で4,000円払ったと言ったら。

 「信じらんアホ」と言われました。人の価値観はそれぞれです。嫁がどう言おうとやせるドットコムは、またいつか、生で聞きたいと思いましたぞい!

 全国のゆきちゃんへ、明日は、トレーニング行くぞい!はぅあ!

 読んだら、ポチッと ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

なんで大学の学部長が謝るのか?

 女の子が、タクシーのトランクに積まれたバックの中に閉じ込められるという事件が起こった。

 成城大生だったということで、学生部長が申し訳ないとインタビューにこたえていた。

 ここがおかしい。非常におかしい。学校の先生など全く赤の他人で、無関係である。なんで、申し訳ないと言う必要があるのだろうか。

 謝るのならば、親だろう。あるいは、兄弟、それから近い親戚とたどって謝罪させるべきである。

「犯罪者遺伝子を生んで申し訳ない」
「犯罪者を育てた環境を提供して申し訳ない」

 と、この二つについて、謝罪するなら肉親が表に立つべきだろう。

 そして、マスコミはその犯罪者のおいたちを取材し、どんな家庭環境が犯罪者を生んだのか徹底的に取材し、明らかにすべきである。

 学校の先生に聞いて、何がどうなるのだ。マスコミの記者はバカだ。

 自殺した中学生がいじめられていた事件があったが、学校の先生や教育委員会をつるしあげればなにか問題が解決するだろうか。

 一番直接的な解決方法は、しつけのなっていない子供がどう育てられていたのかを明らかにすることだろう。つるしあげるなら、まず親だ。

 金八先生やスクール・ウォーズを見すぎたせいか、日本人は、学校の先生がこどもの道徳的な躾をすべきであると勘違いしているようだが、熱血教師は余裕のある先生だけがやればよい。こどもの躾は家で完了しておくべきなのだ。

 などと、ふつふつと怒りがこみあげてきたのであるが、品川区はいじめ常習の子は出席停止にする制度を取ると宣言した。

 大いに結構である。躾のなってない子供は家に帰れ! ということである。家に帰らせられた子供のうち親から仕打ちを受ける子供がいるかもしれないが、人に迷惑をかけるよりもましだ。己の運命に泣くしかあるまい。

 学問は学校で、躾は家で、非常にシンプルな法則である。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

糖質制限食が流行している・・・・・・。

 最近、糖質制限食=ローカーボダイエットが再び流行してきたようである。日本経済新聞で、警告の記事が出ていたので、ご紹介したい。

 この糖質制限の方法を、ご飯やパン、麺類をカットして、おかずだけ食べる方法と紹介されている。実はこれは、厳密には間違いである。GI値が低い食事を摂ることが糖質制限なのであるが、世の中の人には「ご飯やパン、麺類をカット」となっているらしい。

 糖質を摂らないと、血糖値が急激に上昇するのを抑えるので、糖尿病の改善に利くらしいのだ。しかし、GI値を計算しない、手っ取り早い方法を選択する、ずぼらな人間が、空腹に耐えれることはなく、空腹を満たす為に、ご飯やパンの代わりにたんぱく質と脂質を以前よりも多く摂ることになってしまうのだ。

 しかし、この糖質の制限は、心筋梗塞や脳卒中の危険性を高めることが分かっている。多くとったたんぱく質のせいで腎臓がやられることもある。

 筋トレをしている場合、糖質制限はしない。

 糖質がないので、脂肪からエネルギー供給してくれるんだ!と思っているかもしれないが、糖質制限してたちまち訪れるのは低血糖である。

 血糖値が低くなると、ふらふらになるのだ。身体に力が入らないだけではない、くらくらにもなるのだ。脳みその栄養「ぶとう糖」の欠乏で、考えることができなくなるのだ。

 ここまでなると、筋肉のグリコーゲンを糖に分解するようになる。筋肉を削るしかないのだ。糖質制限をすると筋肉は減る。

 この按配が難しいのである。もう少し勉強しなければならない。アンチエイジングドックの申し込みをしていなかったので誕生日受診ができなかった・・・・・・。

 さて、ブログの記事も充実させながら、9月3日のドラえもんと同じ誕生日に48歳になったやせるドットコム、頑張っていきまっせー!

 はぅあ! 初心に帰って、Body for Lifeを読み直しています。英語が・・・・・・。いや老眼が・・・・・・・。

Body For Life: 12 Weeks to Mental and Physical Strength

新品価格
¥1,527から
(2012/9/4 12:10時点)

↓↓↓↓↓ ゆるりと復活していきますから押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年9月 2日 (日)

シュワちゃんが死んだ!?

スノーボードの事故で死んだという情報が入ってきたが・・・・。

本当だろうか! 嘘であってほしい。

追記:調べたら嘘だった。

はぅあ!

なんでシュワちゃんが死んだというニュースに反応してしまったかであるが・・・・・・。

シュワちゃんは、ボディービルのチャンピオンだった時代、

「ステロイド、誰もがやっていたさ!」

Pumping Iron: The 25th Anniversary [DVD] [Import]

新品価格
¥296から
(2012/9/4 12:09時点)

 と、出演した「パンピング・アイアン」の特典映像で話していた。そのせいで、後に心臓が悪くなり、1997年にブタの弁を入れたのは有名な話である。この豚の弁の寿命が平均12年だと聞いていたので、そろそろもう一度手術をする必要があると思っていたのである。

 また、2006年には、大型オートバイを運転中に乗用車と衝突事故を起こし、唇を15針縫う怪我を負っている。
 こんなことから、シュワちゃんが死んだ!というフェイクニュースもつい信じてしまったのであ~る。

 嫁も、「まだニュースになっていないけど、確実な情報よ!」などと得意げに言っていたが、直接の知り合いでもない限り、どれも不確実な情報なのだ!

 シュワちゃんの功績は大きい。

 映画、いやいや、そうではない。

 政治、いやいや、これも違う。

 ボディービル、そう、これである。

 彼は、フィットネスクラブ、ボディービルのトレーニングを「パンピング・アイアン」という映画でその受け止められ方を変えたのである。

 日本でも今でこそ、フィットネスクラブに行くことが、健康を考えたおしゃれな部類に位置づいているが(いや、どんなポートフォリオ上にあるかは定かではないが、ポジティブな部類にはあるだろう)、昔は、根暗な、自己愛が強いオナルちゃんの通う暗い場所だったのである。

 それを、一気に明るい、健康的な雰囲気に変えたのである。

 これは、body for Lifeを主催している、ビルフィリップスが言っていた言葉である。

 身体を絞って、ターミネータ5に出て欲しいと願っているのは、私だけではあるまい。

Body For Life: 12 Weeks to Mental and Physical Strength

新品価格
¥1,527から
(2012/9/4 12:10時点)

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »