« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

ゴーヤの佃煮を作った



ゴーヤの佃煮を作った

 我が家の緑のカーテンのゴーヤが、昨年とよりもわんさか生った。

Yaseru135
 ゴーヤチャンプルも飽きたので、佃煮を作ることにした。

Yaseru134
 ゴーヤのワタを取って、

Yaseru133
 2ミリから5ミリ刻みに切って、

Yaseru132

 鍋に、入れる。砂糖100g、しょうゆ50cc、お酢50cc、みりん40ccを入れてことこと煮て30分である。

 で、ここで、おじゃこがないことに気が付き、近所のスーパーに買いに行こうと、自転車で、えっちらほっちら行っていたのであるが、けたたましい音が鳴り響いた。

「ドばーーーーん!!!]

 まるで車がぶつかった音だった。なんじゃい!と思って、引き続きえっちらほっちら自転車をこいでいると、人だかりがある。

 そして、その向こうに、アパートの玄関に突っ込んでいるトラックの姿が見えた。

 やっぱり事故であった。軽乗用車とトラックが交差点で、出合頭でぶつかったようである。

 近くまできて自転車を止めてみていたら、トラックの運転手さんはまだトラックの中にいるようであった。近所のおっちゃんがドアのところで声をかけている。

「大丈夫かい!」

「はい、ドアが開かないので出れないのです」

 と運転手さんは言っていた。後ろを見ると軽乗用車の運転をしていたおばちゃんが、石垣に座り携帯電話で、「事故ったのよ~」と電話している。

 どうやら大きなけが人はないようである。スマホで写真を撮ることにした。

Yaseru130Yaseru129
 道を見て推理したのであるが、軽乗用車が、いったん停止を無視したのでぶつかったのだろう。このおばちゃんが加害者だろう。

Yaseru128
 と勝手に推理していたら、消防車がやってきた。

 やせるドットコムも119番を何度かしたことがあるが、けがをしている場合でも、消防車が来る場合がある。119番の受付センタ-の方からも、「消防車が行く場合もありますが、びっくりしないでください」と言われたことを思い出した。

 あー、と見ていて、急に心配になった。

 火は消してきたよな!?と自分に尋ねる声が、別の自分から、頭の中で発せられた。

 どうだったけぇ~、と思い、家に引きかえすことにした。嫁はフィットネスクラブに行っている。火事にでもなったら、と、消防車を見て急に心配になったのだ。

 で、おじゃこが入っていない、ゴーヤの佃煮の出来上がりとなったのでした。

Yaseru131

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

今度は電子化だ!

今度は電子化だ!

 ようやくである、やせるドットコムの本が電子化されていた。2か月前に出版社に連絡したら「今コンテンツを電子化しています」とばかりの返事であったが、いつの間にか電子化されていた。

 まあ、ベストセラー作家ではないので、連絡などない。

 色々なところで、電子化されたコンテンツが売ってある。税込で960円である。

奇跡が起きる筋肉トレーニング 電子書籍 960円(税込)

 パソコン、iPhone、iPad、Androidスマホ、Androidタブレットの5つに対応しているXMDFの標準的なフォーマットなので、ご興味のある方はぜひ購入して頂きたい。

 って、お前自身は、せめてAndroidは使えるんかい!

 と疑問を持たれる読者の方もいるかもしれない。やせるドットコム、WindowsPhoneを2年間使っていたのであるが、ついにAndroidスマホに変えたのであ~る。

 スマフォだと思うのだが、いつの間にかスマホが定着したようである。民意様は怖い。

 富士通のArrowsXの最新機種、F-10Dを使っている。

 びっくりしたのであるが、パソコンのソフトではWindowsを使っているので、そりゃWindowsPhoneの方が使い勝手はいいに違いないと思っていたのである。が、ところがどっこいである。Androidスマホの方が非常に使いやすいのであ~る。

 しかも、無料で使えるソフトの豊富さには、涙が出るほどうれしくなってしまった。

 あんなソフト、こんなソフトも無料で提供されているのである。驚きである。

 いったい、WindowsPhoneを使っていたこの2年間は何だったのだろうか。悲しくなってしまった。返してくれ、マイクロソフトよ。

 その気持ちはまるで、遠足の時に、自分以外のクラスメイトはたくさんのお菓子を、購入限度額まで購入して、遠足当日に「ほら~」と皆で見せ合っているのに、やせるドットコムのおやつは、購入限度額まで買ったはいいものの、「さとうきびだけ」だったとう感じである。

 恥ずかしくて人には見せられない。なんで、「さとうきび」だけなんだ。

 遠足で行った海岸の砂浜ではなく、防風林の大きな松の木に隠れて、ひっそりとさとうきびをかじって、その水っぽい甘さに、また涙する・・・・・・そんなみじめな感じだった。

 WindowsPhone、本当にみじめであった。WindowsPhoneの、日本でのアプリ提供は閉鎖されるし、システムのバックアップを取るクラウドサービスも閉鎖された。

 使えるソフトはたったの20個くらいしかなく、Updateもされない。HIIT(High-intensity interval training)をやるためのアプリは、iPhoneでもAndroidでもあったが、WindowsPhoneでは存在していなかった。人前にこのWindowsPhoneを出すたびに、「何?そのスマホ!」と化石を発見をした子供のような目つきで見られていたのであ~る。

 Androidの世界であるが、WindowsPhoneの世界を蟻とすれば、太平洋くらいの広がりをもっていたのであ~る。iPhoneの世界はそれよりも更に拡がっているらしいが、Appleが嫌いな人種が一人いてもいいだろう、まだ、使わない。

 しゃて、今後も新しいWindowsPhoneが発売されていくようであるが、やめたほうがよい。使えば使うほどみじめになるだけである。そもそもマイクロソフトは、スタンドアローンの端末で使うソフトを1社で売ってきた会社である。ネットに繋がる世界、人がよってたかってソフトを提供することからは真逆の成果で成り立っていた企業だ。

 そんな会社が、繋がる携帯など作れるはずがない。このWidnowsPhoneの販売に携わっていた、そして今後も性懲りになく作っていく連中に、謹んで次のお言葉を贈りたい。

 みじめな気持にさせるので、このプロダクトは作らなくていいよ。自分たちの会社の中だけで、少ないアプリをちまちま動かしながら使ってください。

 2015年にiOSを抜くと予測されているらしいが、2年間WidnowsPhoneを使ってきた実感として、到底信じることなどできない。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

映画プロメテウスを観た!

映画プロメテウスを観た!

 先行ロードショーの3D映像で「プロメテウス」を観てきたぞい! エイリアンの序章にあたる物語であった。

 地球人の起源が何だったのか、あのエイリアンはどうやって生まれたのかが分かるのであるが、地球人はなぜ滅ぼそうとされたのかという新しい謎を残した物語であった。

 話は面白かったのであるが、ミスキャストだと思った。

 主人公の科学者が、なんとリスベットだったのだ。そう、ノオミ・ラパスさんが主役だったのである。

 やせるドットコムは、ミレニアムシリーズが大好きで、WOWOWで3部作をやった時はうれしくてうれしくて、同じ時間の放送を2番組録画して2枚のブルーレイに焼いたほどであった。

 プロメテウスのスクリーンの中でノオミ・ラパスさんがアップになるたびに、脳の中で「リスベット」というつぶやきが出てしまい、なかなか映画に入れこめなかった。

 でも、それ以外は非常によいSF作品であった。

 3Dで観たのであるが、アバターの時とは違い、慣れてしまった。3Dの立体映像でもあまり迫力を感じないようになっていた。

 脳みそは慣れると、すごさを感じなくなるのだ。いくら何もかもが非常に大きく描かれていても。もしかしたらこれはIMAXシアターで観て初めて感動する尺だったのかもしれない。

 ネタバレするので、ここから先は映画を見た人だけにしてほしいのであるが・・・・・・。

 映画を観て2つの疑問が生じた。

 1. なぜ、地球の遺跡の壁画に、同じ星が描かれていたのか。
   3万5000年前まで、この星の存在を教えた巨人が地球に来ていたはずであるが、いったい何をしに来ていたのか?

 2. なぜ、自分たちの子孫である人類を滅ぼそうと決めたのか。
   これは、プロメテウス2があれば、それで明らかになるだろう。

 エイリアンも、寄生し腹を食いやっぶて出てくるよりも、別種の生殖行為を借りることによって、大きな突然変異をして、進化することも分かった。

 あの、ちんこ頭のギーガーのエイリアンは、人類の生殖行為で急激に進化して、巨人の腹を借りて生まれたものだったのだ。

 あー、続きが観たい。リズベットが宇宙に行って、どんな秘密を手に入れるのか。それが知りたい。

 近くにIMAXシアターがある人は、絶対にIMAXシアターで観たほうがいいだろう。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年8月17日 (金)

夏休みは映画三昧!!

夏休みは映画三昧!!

 朝7時に起き、15分間、エアロバイクをこぐ。もう少しこいでいたいが、バルコニーの植物たちが水を待っている。

 今年のゴーヤは大成功で、10個ほど採ったが、まだ15個ほどぶら下がっている。佃煮を作った。砂糖を入れすぎて甘ったるい。でも弁当に入れていった嫁が、帰ってくるなり、
「めしウマ~!」と叫んでいた。

 なんぼでも白米が食べれると言っていた。ちょっとした弁当のあてにはちょうどいいらしい。

 で、バルコニーの水やりから戻り、飯を食って、掃除をして、ちょっとした読書をして、ワインをくゆらせていると、いやいや、シャワーを浴びて午前10時前になると支度をしてフィットネスクラブに直行の毎日である。

 夏休みは、朝トレに限る。

 今年の夏は、実家の長崎には帰らなかった。親父が交通事故に遭ったのであるが、大したこともなく退院したので、まあ、帰らないでもよかろうと思っていたのである。いやいや、本当は帰ろうと思っていたのであるが、切符が取れなかったのだ。

 で、夜である。

 最近は毎晩、映画三昧である。

 録りだめした映画をバンバン観ている。それだけではない、映画館に行って観るのであ~る。

 レイトショーは1200円なので、これくらいならお小遣いに打撃はない。

 でもって、本日はトータルリコールである。

 もちろんシュワちゃんのトータルリコールも観ている。しかし、今回のトータルリコールは全く違う映画であった。

 プロメテウスの時も感じたのであるが、最近のハリウッドのSF映画は、空間の表現が実にうまい、いや実に広い。

 たぶんIMAXシアターで上映してもいいように、俯瞰的なアングルで撮影しているのだろうが、空間が広く広く感じられた。

 日本映画の宇宙戦艦ヤマトのように、体育館の中の学芸会のような、ちんまい感じがしないのである。ストレスがない。

 ただ、斜め前に座っていた女がしきりに頭を動かすので、なんども現実に引き戻されてしましった。その横に座っている男が、持っていたドリンクを振るのだ、中の氷の「シャカシャカ」という音も、やせるドットコムを現実に引き戻した。

 こんな輩は、金属バットでジャストミートしても裁判では、執行猶予がつくのではないだろうか・・・・・・。

 内容は、ネタバレになるので書かないが、で、結局、主人公は夢の中にいるのか、それとも現実の中にいるのか? みんなその謎解きをしたいと思うに違いない。

 映画館にいた人たちも、たぶん、エンドロールが終わった後にその答えのヒントが映し出されるのではないかと思って、劇場の電気がつくまで席を立たなかったのではなかろうか。

 やせるドットコムもそう思い、最後まで粘ったのである。

 でも、ヒントはなかった。

 いやいや、ヒントは最後のシーンにあったのだ。主人公は、現実の世界にいるのではなく、夢の中にいたのである。もちろん諜報員でもない、単なる下級労働者なのだ。

 それはなぜか、やせるドットコムの解釈はこうだ。

 主人公が夢を買いに行った会社はリコール社である。このリコール社、主人公が記憶をインプットされる瞬間、警察が踏み込んでめちゃくちゃにしてしまった。従業員も殺されてしまった、銃撃戦で部屋にあった機械も破壊されてしまった。

 しかしだ、最後のシーンで、そんな会社の看板「リコール」のサインが電光掲示板か液晶画面に写しだされて光っているのだ。

 それは、おかしいだろう。不祥事が起こった会社のコマーシャルなど流さないはずだ。

 ネオンサインも消されるはずである。しかし、光っている。ということは、それが嘘の世界であることを表しているのだ。

 主人公のまわりの活劇は全部夢の中の話だったのである。と勝手に解釈したのであるが、どうであろうか。

 5点満点で4点である。WOWOWで放送されたら、また観るだろう。

 しかし、TVではなく、広い大きな劇場のスクリーンで観て欲しい。広がりのある映画であった。

 で、家に帰って、シャワーを浴びて、ブログを書いて、今から寝ます。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

オリンピックの感想

オリンピックの感想

 あっという間であった。もう明日で終わりである。男子柔道がメダルを取らなかったショックが、日本の獲得メダル数のおかげで癒されてきたのである。

 さて、長崎出身の選手も頑張ってくれた。体操の内村航平選手である。

 でも彼の雄姿をオリンピックで見られるのも多分これが最後だろう。

 理由は簡単である、喫煙者だからだ。若い時期は、喫煙の影響は出ないが、長年喫煙を続けていると明らかな変化がある。

 すでに、内村選手の髪の艶のなさに、喫煙の影響を見る。

 数十年ぶりに合った友人が、びっくりするくらい老けたと思ったら、喫煙かアルコールが原因だと思えばほぼ正解だろう。喫煙者の独特の老け顔はスモーカーズフェイスと言われている。毛細血管が収縮し栄養がいき渡らず、浅黒くなる。そして、近づいたら臭い。

 この毛細血管の収縮は、4年の歳月の中で、運動能力の劇的な低下を招くことになるだろう。どのデータでも運動能力のピークは20歳前後である。それからは落ちてくる。喫煙が運動能力の低下を加速させるのだ。

 中には、ニコチン酸を取り上げて、これが運動能力を高めるので、喫煙をすべきであると吹聴している人もいるが、全く違う。確かにニコチン酸は、運動能力を高める。ヴァームに含まれているトリプトファンもこのニコチン酸を生成する。しかし、ニコチン酸とタバコに含まれるニコチンは、分子式は似ているが、別の物質なのだ。ニコチンは有害物質である。

 喫煙は止めるべきた。

 しゃて、北島選手が負けた解説で、世代交代という表現をいろいろなTV局が使っていたが、やせるドットコムはそうは思わない。総合力で負けたのだと思っている。

 北島選手は、チームではなく一人で調整してきた。このチーム北島から離れたことが敗因であると思っている。

 近代オリンピックでは、色々なサポートがないと、特に科学的なサポートがないと勝てなくなってきている。

 コーチと離れて成績が落ちたQちゃんもそうだった。チームで戦わなければ勝てないのだ。メドレーリレーのチームで銀メダルを取ったことも、チームの大切さが証明されたのではないだろうか。

 しゃてしゃて、今後のオリンピックであるが、様変わりするだろう。バレない自己ドーピングが盛んになり、記録がかなり伸びるようになるはずだ。

 これには、日本の技術が大きく関わってくる。山中伸弥教授のiPS細胞である。

 弱った心臓の周りにiPS細胞を注射すれば、今までは変わりの筋肉がなかった心筋にiPS細胞が化ける。脊椎を損傷させたネズミもiPS細胞のお陰で走れるようになる。

 精神力と技術力を積んだ、しかしながら運動のピークは過ぎた選手が、身体のあちこちに、自分の細胞から炸裂させたiPS細胞をがんがん打ちこんで、若い筋肉や神経細胞を手に入れて、若造たちとためをはる、そんな世界がくるだろう。4年後には実現しているだろうな~。

 あと20年もすれば、iPS細胞でアンチエイジングするのが当たり前の世界になっているはずだ。山中教授は当然、ノーベル賞を取っている。

 魔界転生で柳生十兵衛とその父、柳生宗矩が戦うシーンがあったが、今後は、iPS細胞を身体中に注射し、アンチエイジングでバリバリに甦った身体を作ったカール・ルイスとボルトが戦うようなシーンも見ることもできるだろう。

 しかーし、そうなったら黙っていないのがベン・ジョンソンである。

 「おれが元祖だ~」

 と訳の分からない叫び声を上げながら、後からおいかけてきて、参戦し、追い越してくるだろう・・・・・・おあとがよろしいようで。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »