« 家トレで胸板を厚くするトレーニング1 | トップページ | 安価に胸筋を発達させる技その2 »

2012年5月19日 (土)

懲りない毛唐メリケン!

懲りない毛唐メリケン!

 長崎出身なので、小学校の時は原爆を落とされた8月9日は全校登校日であった。
 現在、世の中はグローバル化の中で、英語で話をしようなどと言われるのが当たり前のようになっているが、勝手にしなはれ。しかし、アメリカ人に対しては、引き続きやせるドットコム、「毛唐」という本来は「うすらばかな人」という意味の言葉を遣っていきたい。

 それがなぜかである。

 共同通信から以下のようなニュースが配信された

一般のイスラム教徒への無差別攻撃容認 米軍大学、原爆が「前例」と講義(2012.5.18)

 米統合軍参謀大学(バージニア州)で、過去の歴史に照らし、一般のイスラム教徒
に対する無差別攻撃が容認され得るとの講義が行われていたことが17日までに明ら
かになった。「前例」として第2次大戦時の広島や長崎への原爆投下、東京やドイツ
のドレスデン空襲を挙げていた。統合参謀本部は適切な内容ではないと認め「講義は
既に中止している。米軍内の教育や訓練のカリキュラムの内容を点検する」としてい
る。
 米市民団体のウェブサイトに掲載された講義資料によると、イスラム過激派のテロ
が一般市民を巻き添えにしていることを挙げ、戦時の一般市民の保護を規定したジュ
ネーブ条約を考慮する必要は必ずしもないと主張。その上で、イスラム教徒への「無
差別攻撃も選択肢としてある」と指摘。歴史的前例として「広島や長崎の原爆投下、
東京やドレスデン空襲がある」とし「イスラム教の聖地であるメッカへの攻撃にも当
てはまる」と結論付けている。

 イスラム教徒への無差別攻撃の根拠として、広島長崎への原爆投下が「無差別攻撃」の前例として取り上げられていたのだ。

 「無差別攻撃」はイコール、「無差別殺人」である。

 毛唐どもは、自分たちが「無差別殺人」を行っていたことを認めただけではなくそれを「是」としていたようである。

 彼らの、この考え方は大きな間違いであった認めさせないといけない。いつか砕きたい。

 民主党になってから世界の中での日本の地位がどんどん落ちているぞ。

 読んだら、ポチッと ↓↓↓↓ 押してね!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 家トレで胸板を厚くするトレーニング1 | トップページ | 安価に胸筋を発達させる技その2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懲りない毛唐メリケン!:

« 家トレで胸板を厚くするトレーニング1 | トップページ | 安価に胸筋を発達させる技その2 »