« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

朝ドラ万歳!

朝ドラ万歳!

 カーネーションが終わりましたね~。

と、ここで文調を変えて、久しぶりにものすごくいい出来の朝ドラであった。作り話ではなく、実在の主人公の話が元となっているので、いつも荒唐無稽なわけの分からんオチになっていく朝ドラではなく、人間の肌や時間の感覚が身近に感じられるものだった。

 てっぱんも好きだったが、最後はおかしな恋に走ったし、風のはるかも途中やり手のOLになったりと興ざめすることがあったのであるが、今回のカーネーションは話が最後まで崩れることがなかった。

 尾野真千子さんの糸子の回で終わってもよかったと、夏木マリさんが出てきた当初は思ったのではあるが、今日の最終回を見てこれでよかったとしみじみと思った。

 今回の朝ドラは、他の朝ドラと違う特徴がある。

カーネーション 完全版 DVD-BOX1【DVD】

新品価格
¥11,817から
(2012/4/2 12:15時点)

カーネーション 完全版 DVD-BOX2【DVD】

新品価格
¥11,703から
(2012/4/2 12:16時点)

カーネーション 完全版 DVD-BOX3<完>【DVD】

新品価格
¥14,629から
(2012/4/2 12:16時点)

 それは、無駄な説明をしないで、視聴者に考えさせることだ。

 最終回の今日、この視聴者に考えさせることはピークに達した。

 病院のシーンである。誰もいないのに自動ドアが開くシーン、これは糸子が、病院の中に入ってきたことを意味していた。千の風になって。

 でも、なぜ病院?と思ったところに、看護婦が急いで病室から車いすの患者を押して出てくる。

 そして、TVの前に連れて行き、チャンネルを変え朝ドラを見せるのだ。

 大型の液晶テレビには第1回のカーネーションが放映されている。

 ここで、糸子がなぜ風になって病院に来たかが分かるのだ。車いすに座っているのは、明らかに90歳を超えただろう老女であった。そう、糸子の親友の奈津なのだ。糸子は奈津と一緒に好きだった朝ドラを見にきたのである。

 そして、この老女の後ろ姿を見て、おやっと思った。

 これは、次女直子役をやっていたプロレスラー川崎亜沙美さんの、明日おばあちゃんと一緒に見ますと書いてらっしゃったブログの次の日、まさに今日のブログに掲載されていたおばあちゃんの後ろ姿とそっくりだったのである。

http://ameblo.jp/nakanbayade/entry-11207825422.html?frm_src=thumb_module

 たぶん、ご本人だろう。と、いろんなところにいろんな発見のあった最終回であった。

 しゃて、やせるドットコムとしては、もう一つ感想を追加しなければなりませぬ。それは、綾野剛さんが演じた周防龍一です。

 彼の長崎弁であ~る。

 パーフェクトでした。いやいや、長崎出身のやせるドットコムが言うのだから間違いありませんぞい。作った九州弁でもなく、エキゾチックさの抜けた博多弁でもなくきちんとした長崎弁でした。映画のGANTZの中では長髪で吸血鬼の役をされていましたが、短髪ですっきりしてよかったです。

 ただ、あれほど洗練されたやさしのある長崎弁は、本場でもなかなか聞くことができません・・・・・。

 ばってん、ちったぁ、周防さんは、やさしすぎるもんねぇ。へなへなしとるもん。ほんとん長崎ん言葉は、もうちょこっと元気かばい。

 といった感じでしょうか。

 とても充実したドラマでした。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

おまけ:やせるドットコムの一番印象に残ったシーン

 糸子のお父さんが、泰蔵さんの出征で万歳の音頭をとった後、家に帰る途中、やけどの身体に無理して歩いたせいで倒れてしまう。

 近所のおっちゃんたちに運ばれてきたお父さんを見て、お母さんが、今まで見せたことない口調で糸子に向かって言った、

「せやからゆうたやろ!」

 このシーン、糸子の母親がどれだけお父ちゃんを愛しているかが分かって、ジーンときましたぞい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年3月25日 (日)

痩せてから筋肉つけるか、太って絞るか、それが問題だ!

へいあんさんからご質問があったので、お答えしましょう。

>痩せてから筋肉を付けるか、筋肉を付けてから
>痩せるかを考えましたが痩せてからのほうが見
>た目がわかりやすいと思いました。ブログは全
>て読みました。繰り返しでいいと思いますので、
>経験談をお願いします。

3か月で6kgそして断食で2kgの減量ですか、頑張りましたね。

ブログを全部読んだ・・・・・お疲れ様でした。時々、いらっしゃいますが、びっくりです。

今は、昔とはずいぶん違う身体になったことだと思います。今まで筋トレをしていなかった人でかつ、太っている人が筋肉質な身体を手に入れるには3つの方法があります。

①痩せてから筋肉をつける
②太りながら筋肉をつけ、絞る
③絞りながら筋肉をつける

しゃて、この3つの方法のどれが、簡単なのかは、やせるドットコムには分かりません。やせるドットコムは、がりがりに痩せていたので①しか経験していません。コンテストビルダーは②をオンとオフのサイクルを使い分けながらやるようです。

③は、ローカーボ筋トレの手法で最近よくTVでも話題になっていますが、一生続けることはできない手法です。

①と②では、②は相当な意思と計算が必要です。絞るときはかなり苦しいでしょう。その上筋肉が落ちないようにしないといけません。

①は、食事に気を付けながらトレーニングすれば、筋肉の成長も分かり、楽しいトレーニングになると思います。ただ、絞る時は②と同様しんどいです。たんぱく質とクレアチン、BCAAをしっかり摂って、それに見合うだけの筋トレをしてよく休むと、みるみるうちに筋肉がつくと思います。

でも、結局は、消費カロリー > (摂取カロリー + 基礎代謝量)を守り、筋トレを3か月間続ければ、どんな身体でもスーパーマッスル・パワフルバディになりことは間違いありません。

栄養と休息に注意して、頑張ってください。初心者は、重量で張り切りすぎて、ヘルニアになったり、肉離れしたり、オーバートレーニングになったりします。ここも注意が必要です。

はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

近況は、WordPressとの格闘だった!

近況は、WordPressとの格闘だった!

 皆さんお久しぶりであ~る。何と日がたってしまったことか・・・・・・。やせるドットコムはぽっくりと心臓病で死んだのではないかとか、首のヘルニアが悪化して聖マリアンナ病院に入院したのではないかとか、家のローンが払えずに夜逃げしたのではないか、などと巷では噂・・・・・・は、されていなかったのであるが、いったい何をやっていたのか白状すると、そうWordPressで一生懸命に別のホームページを作っていたのである。

 以前はMovableTypeで、やせるドットコムの別館をこさえたのであるが、A8のセミナーに行った時に、今はもうWordPressの時代だ。あんたがそうでないと思おうと思うまいと世の中そうなっとる。とりあえず、長いものには巻かれろ!、と、言われ、一生懸命にWordPressの勉強をしていたのである。

 A8さんが主宰する伊東合宿にも参加して2日間WordPressと格闘したのであるが、講師の田村先生から「スキルがない!」と言われ、WordPressの権威の星野先生からも「そのテーマは分かりません」と言われ、自分で設定できないというスキル不足をまざまざと知って、勉強し直したのである。

 WordPressとは、言わずと知れたCMS(コンテンツマネジメントシステム)のことで、皆さまが使っているブログもこのココログもCMSである。記事を投稿すれば、自動的に配置が決まり、カテゴリー別のメニューや日別のメニューも作ってくれる。今の時代、ブログを発信するのに自分でホームページビルダーでゴリゴリとHTMLを書いている人はいないだろう。

 MovableTypeを使っていた人は、同じようにWordPressも使えるでしょうに~!、と思うかもしれないが、ここに一つ大きなハードルがあった。MovableTypeでさえも、すっかり忘れていたのである。

 忘却の彼方に・・・・・・。

 しかも、ブログはココログであるが、ココログは、ある程度「ほいっ」と用意されていたブログ機能を利用できるが、WordPressはそうはいかない。インストールからなんから全て自分でやる必要があったのだ、その代わり、できないことはないくらい機能は充実している。

 WordPressは、基本機能でもブログの発信ができるが、着せ替えをすると更にいいブログになるのだ。この着せ替えがテーマである。田村先生お薦めのArthemiaというテーマを選んだ、しばらく前は只のバージョンもあったのであるが、今は購入しないといけない。
 これと大格闘したのである。その結果ようやくホームページの器ができました。練習用に作ったのが「防災レスキュー隊!!」のページである。

http://e-muscle.info/rescue/

 防災について知見を広め、あわよくばここで気に入った商品を買ってもらうい、アフィリエイトでうはうはっというコンセプトで作ってみた。記事はまだ、空っぽです。

 これを作るのに、WordPressの知識がないところか正味で丸々7日間かかったのだ。運動どころではなかった。

 常に、ああでもない、こうでもないと考えて本を読みまくり、自分で動作検証して、ページの動きを確認したのである。多分、熟知した人からみれば、アホのような作業だろう。

 で、仮想ページができたので、後は、本格的なページを作ろうと思う。やせるドットコムのまとめサイトである。そして、ルーフバルコニー菜園のページも作ろう!

 おっと、それはまだまだ先の話ですぞい。

 しばらくフィットネスクラブに行っていなかったら、身体がなまってしまった。

 10日間行かないとどうなるか今の自分の身体の状態をお教えましょう。

 まず、寝つきがとても悪くなります。当たり前です、身体が疲れていないのだから、休む必要はありません。入眠も困難になりますし、夜中起きます。朝が来て、どばっと起き上がることもできなくなります。メリハリがなくなります。これはプチ鬱状態です。

 それから、身体のあちこちが痛くなります。これはなんででしょうか、運動しないと起こります。ん~ん、やせるドットコムが考えるに、刺激を感じる域値が下がるからだと思います。ダンベルやバーベルの重さは、そりゃー負荷が大きく身体に対するストレスも大です。これをこなしていると、身体のちょっとした痛さや不調は感じる間もない状態になるのでしょう。

 首や肩の痛さを感じるよりも、身体に(=命に)絶大な負荷を与える重さに備えることが身体の優先順位として上になり、本当は痛いのでしょうが、その痛さは感じなくなるのではと思っています。

 しかし、負荷を与えないと、感じる器官である脳が、「えーっと何か感じる刺激はないか~、おっ! 首痛いやん、腰痛い痛い、背中も痛いで~」ともそもそと動き始めるのではないかと、勝手にですぞい、やせるドットコムは思っております。

 あちこちの身体の痛さを感じるようになるのに、運動を連続でしない期間が10日間もあれば十分なようです。

 それから、あれですな、運動せずに若がえりホルモンも一気に減ったのか、気分も少し鬱うつとなります。「あー、WordPressできない、自分は馬鹿になったなぁ~、年とったなぁ~」という負の考えの回路に落ち込みやすくなりました~。

 そして、身体の変調ですが・・・・・。血圧は上がりました。体脂肪は、不思議に2%ほど落ちました。でも体重も2kgほど落ちています。たぶん、体重が減ったのは筋肉が落ちたからでしょう。その体重に引きずられ体脂肪も落ちていますが、それは数値の上の話です。上腕三頭筋を触ると「細っそーい」と叫んでしまいました。

 なので、再び、フィットネスクラブ復活です。バルコニーの野菜いじりも復活です。WordPressもだいたいできたのでこれも続行です。春です。やること一杯ありますな~。

 といわけで、ブログもぼちぼち復活です。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

男は重いものを挙げたがる

 クライマーのおまつさんから、『男性の方が「高重量信者」が多いですよね』という問いかけがありましたが、やせるドットコムの周りの人たちを観察しながら考察してみました。

 でも、やせるドットコムの属しているフィットネスクラブでは、それほど高重量にチャレンジしているとは思えません。

 ただ、20年ほどトレーニングを続けている私が持てる重量と比較してですので、一般の人から見ると違った感じになるかもしれません。

 ただ、言えるのは、高重量をこなせる人は明らかに筋肉のバルク量もぶっといです。ベンチプレスも100kgでとどまっている人と120kgを上げる人では、見た目の身体は大きく異なります。

 ただ、40kgのベンチプレスしかできない男性からすれば、120kg持てる人と100kg持てる人の違いは、あまり判別できないかもしれません。

 ちょっと話は横道にそれますが、「人間は自分が経験していないことは、簡単に認識できない」のです。やせるドットコム、この私でも、既製品の背広では上下が全く合いません。ウエストにズボン合わせると、それについている上着は胸がパンパンになります。上着に合わせると、ズボンのウエストはまるで、岡田斗司夫さんがいつまでもデブと思うなよ (新潮新書)の帯の写真で太っていた時のズボンのウエストをびろーーんと広げたような感じにのものしかないのです。

【DVD】いつまでもデブでいたくない HOW TOレコーディングダイエット

新品価格
¥2,940から
(2012/3/4 23:36時点)

 かといって、コシノ三姉妹の洋装店なんかでオーダーメイドできるはずもなく、青山やAOKIやコナカやはるやまなどのそらんじて言えるほどお世話になっている既製服のお店では、いつも上着に合わせてズボンを詰めるはめになります。足が短いので裾を詰めるのは仕方ないにせよ、鍛えてるせいでズボンを詰めるのは納得いかない。世の男性よもっと鍛えて、胸板を厚くしようよ、そうすれば1000円ほどの余分に費用を取られないってもんだい!

 しかし、私がフィットネスクラブに通っていることを知らない女性は、私の肩幅や胸板を見て、たいてい私を「デブ」だと思っています。多分、自分の経験の中で、筋トレした男性の身体を見たことがないからでしょう。経験的に肩幅が広く胸板厚い人間は、比例して腹も出ていると思っているようです。

 昔、私の知り合いの男性でさえもそうでした。初めて夏のランニング姿の私の身体を見て「ぎょっ」としていました。

「ずっと、デブだと思っていたので、びっくりしました」と言っていました。

 おまつさんは、フィットネスクラブでアスリートの身体を見てらっしゃるのでそんなことはないと思いますが・・・・・。

 いやいや、そうではありません。実は、男性はやれるもんなら高重量にあこがれるもんなのです。高重量=バルク量アップ=女性にモテモテ=男性にもモテモテ(むほっ!)ってところでしょうか。

 加圧トレーニングが知られるようになり、低重量でも筋力アップができるようになることが分かってきましたが、カーツウェアを上下8万円くらいかけて買ったこのやせるドットコムでさえも、高重量の信者です。リアルウェイト>加圧と思っています。

 これは、仕方ないでしょうな~。

 おまつさんのおっしゃる通り、トレーニング方法は色々あります。私の師匠は、中学生の時、ブルワーカーでブルースリーのような身体を手に入れたと言っていました。今から20年前、20代後半の師匠の身体は、ブルースリーどころか、理科室の標本のような身体をしていました。その師匠がブルワーカーでも筋トレは可能であると言っていましたから本当です。アイソメトリックでもバルクアップはします。

BULLWORKER(ブルワーカー) ブルワーカーX7 BULLWORKER-X7

新品価格
¥13,700から
(2012/3/4 23:35時点)

 そうは分かっていても、やはり、高重量にはあこがれてしまうのですぅ~。

 まあ、トレーニング方法は数多くあれど、「そこにプレートがあるから」そして「おバカな男だから」とお答えしておきましょう。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
      1日1回、ワンクリックお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »