« ダイエット年鑑-3 | トップページ | 東京は雪であった »

2012年1月21日 (土)

食べログやらせのあほらしさ

食べログやらせのあほらしさ

 食べログが「やらせ」であった。と騒いでいる。

 けしからんらしい。

 やせるドットコムは、あろっ?、と思った。

 ランキングサイトや、口コミサイトなど操作されていて当たり前、それを前提として情報の質を判断するのが大人というものである。

 けしからんと騒いでいる連中に言いたいが「お前は、先生がうんこ食えと言ったら食うんかい! ドアホ」

 人の意見にあんたらの人生、どんだけ左右されていたの~?

 ブログランキングもそうであるが、しょーもない記事でも更新されていない記事でもランキングが上位にあるものがある。

 本人が何べんでもクリックしたり、バイトでも友人でも頼んで何度でもクリックさせたりしているものもあるだろう。

 こちとらランキングの上下は、とっても気になるが、そのような後ろ盾をわざわざ立てるほど切羽詰まってはおらず、すでにブログから書籍も出版しているし(えっへん!)、自分の発信している情報ややっている内容にはすでに一定以上の評価を得ていると思っている。

 ピークは過ぎたかもしれないが・・・・・・。満足しております。

 いやいや、例えば、毎年、大学生就職ランキングというものがあるが、あれなどインチキの代表だろう。ランキングサイトの主催者に金を払わないとランキングにすら載らない仕組みになっていることを多くの大学生は知らないのではないだろうか。

 いろんな新聞にも今年の就職ランキングなど載るが、あれは、スポンサーとして支払っいる金のランキングとして置き換えていいだろう。

 アマゾンの書評なども、「お前、その本読んでないだろう」という「上っ面の書評」もあるし、そもそも書評を載せた者が「まっとうな読解力があるのか?」などは問われていない。

 これらの問題の根底には、金で消費者の意識を操作するとはけしからん!という考え方があるのかもしれないが、残念ながら我々はもうすでに金で情報操作された世界の中にどっぷりとつかって生活していることを忘れている。

 昔から比べると最近はかなり削減してきたが、トヨタ自動車の宣伝費は年間500億円ほどだ。1日に換算すると1億円以上も宣伝に使っているのだ。それだけの金をかけて我々の意識が操作されていないはずがなかろう。

 茶のしずく石鹸がアレルギーを起こすと騒がれたが、同じくらいの額の広告宣伝費をかけていればこれほど騒がれはしなかったのではないだろうか。

 朝の情報番組でもネガティブな特集など組まれたりはしなかったはずだ。茶のしずくのアレルギーを糾弾するならば、スギやヒノキの花粉アレルギーなど規模的にはもっと糾弾すべきだろう。

 いやいや、茶のしずくは命にかかわる被害があり、花粉症などせいぜい鼻水程度だからそんなに問題にする必要もないと思うかもしれない。

 いやいやいやいや、命と言えば、癌だろう。健康を害するとそのパッケージに書いてあるタバコなど、茶のしずくの被害の比ではないだろう

 茶のしずくはたたかれて、タバコはたたかれない。なぜ?

 情報など、公正公平ではないのだ。

 広告宣伝費削りまっせ~と言われれば、TV局もおまんまの食い上げになる。

 3年前ならば、スマートフォンなど見向きもしなかった人々がなぜ今スマートフォンを使っているのか、なぜIBMのOS/2というオペレーションシステムはWindowsを超えることができなかったのか、ペットボトルのリサイクルに環境保護を訴える人々はなぜ反対したのか、などなど、「真にいいものが現在の標準になっているのか」と考える必要があるだろう。

 裏側でお金が動き、その結果我々の意識が操作されているのではないかと考えると、また違った世の中が見えてくるだろう。

 ちまたの商品評価情報に公正、公平など絶対にあり得ない。そもそも公正、公平になったら、マーケティングという言葉はこの世から必要なくなるだろう。

 やせるドットコムの読者の皆しゃまは、

 油断して、「これがダイエットに効く!」情報に飛びついて、バナナ買い込んだり、納豆買い込んだり、にがり買い込んだり、ココア買い込んだりするお馬さんと鹿さんにいつのまにか変身してしまいませんように。

 はぅあ!

 ↓↓↓↓ いやいや、実はとっても気になります。ぽちっと!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« ダイエット年鑑-3 | トップページ | 東京は雪であった »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 「OS/2にビビッとくるとは、おぬしもなかなかの者じゃの~」と、お殿様と悪代官の会話になる必要はありませんが、いいのものが世の中の標準でないのは確かですね。いっときOS/2を使っていましたが、なかなかよかったという記憶がうっすら残ってます。
 日本IBMの社員は「最高傑作のOSだ」と興奮しながら話していました。

 でも、真にいいものを誰が判断するのか?という問いも出てきます。

 また重要なのは、私たちは、いろいろなものを自分で選択しているようではありますが、実は自分だけで決めてはいないのです。

 今の嫁さんも、今のお仕事も、入った大学も、自分の年収も、私が本を出版したのも、私が決めたわけではありません。

 いいわよと決めたのは嫁さんですし、内定通知を出したのは会社ですし、合格通知も査定も、出版の話をもってきたのも全部私以外の人です。

 自分の人生でも、他者が決めていることがほとんどだと思いマッスル。

 そもそもこの時代に自分が生まれたことなど自分で決めていませんし・・・・・・気が付くとぞっとします。

 数十万円で口こみ情報操作するなど、かわいいもんですぞい!

 はぅあ!
 

投稿: t-baby(クライマーのおまつさんへ) | 2012年1月22日 (日) 10時42分

食べログのやらせ騒ぎは知らないのですが・・・

>IBMのOS/2というオペレーションシステムは
>Windowsを超えることができなかったのか

この例えは琴線に響いたなぁ。今のマシンパワーでOS/2を動かしたら、ものすごいスピードでサクサク作業できますよね。16ビットの世界でマルチタスクを実現していたし・・・

そうそう、おっしゃるとおり、ホントに良い物が席巻する世の中じゃ無いです。お金や手間暇を掛けて宣伝普及したものがトレンドになるのです。

それ自体は悪いこっちゃ無いです。努力してることには変わりないし・・・

ただ、そのアタリのカラクリに気が付かないでブツブツ言ってる人達は・・・

さて、ワタシも納豆食べて痩せなきゃ(爆)

投稿: クライマーのおまつ | 2012年1月22日 (日) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/53786971

この記事へのトラックバック一覧です: 食べログやらせのあほらしさ:

« ダイエット年鑑-3 | トップページ | 東京は雪であった »