« 東京は雪であった | トップページ | 年賀状当選番号2012年! »

2012年1月26日 (木)

ヘルニアとトレーニング

ヘルニアとトレーニング

 ヘルニアがあってもトレーニングができるか?

 というご質問を、いわちゃんさんからいただきました。さっそくお答えしましょう。

 現在のやせるドットコムの首は多少はよくなっていると思いますが、こんな感じです。誰かのではなく、正真正銘やせるドットコムのMRI写真です。(整形外科に行ったときに、その病院にはMRIの機器がなく、別の施設で撮影してもらいました、自分で手渡しすることになっていましたので、家で窓ガラスに張り付けてデジカメ撮影しました。って、本来これは患者のものです)

Yaseru146

 首の骨が見えると思いますが、1か所明らかに、右側に出ているところが分かるかと思います。分かりやすい、きれいなヘルニアです。

 現在は、常に身体がどうのというのはありませんが、このMRIを撮った時は、常に右手は痺れ、首をまっすぐ伸ばすと痛い状態が続いていました。

 当時、20年ローン、いや25年だったかなぁ、まあ、今は考えまい! 今のマンションを買って、引っ越しで忙しく、いろいろと頭も痛い状態で、神経を使っていたので、神経がまいって、ついでにヘルニアで圧迫さた神経も痛いぞーと訴えていたのかもしれません。

 あまりに痛いので、整形外科に行ってこのMRIを撮ったのですが、このようにヘルニアがくっきりという状態でした。

 さて、ヘルニアですが、最近ためしてガッテンを見たのですが、頸椎ヘルニアと首の痛さ、腰椎ヘルニアと腰の痛さとの相関関係はあまりないそうです。

ハナノア 専用洗浄液 300ml

新品価格
¥595から
(2012/1/28 19:12時点)

 ヘルニアをもっている人が決して首や腕や、腰や尻や足が痛かったりしびれたりするのではないようです。

 なので、ヘルニアをもっていても症状がない人は普通に生活ができますし、筋トレもできます。ただ、やりすぎると、椎間板から漏れている髄核がもっと漏れ出して神経を圧迫するはめになるかもしれません。

 しかし、普通のトレーニングは可能だと思います。やせるドットコムも今、ヘルニアがありますが、それほど気にしないでトレーニングを続けています。

 ただ、手や足がしびれたり、特に手の握力がなくなったり、あしが蹴り上げられなくなるほど症状がひどい場合は、ダンベルやバーベルを落としたり、急な動きに対処できなくなるのでやめるべきだと思います。

 と、いうよりも、ひどいしびれや痛さが続くと、まずもってトレーニングをしようという気にはなりません。左腕が半年以上しびれていた経験がありますが、この時は10kgのダンベルプレスですらできなくなりました。

 怖いのと力が入らないのと両方の理由からです。屁たれを通り越して鬱状態になった感じです。常に腕がしびれていると神経がまいらないはずがない。

 といった感じでトレーニングのことを書きましたが、これは私個人の経験で、私の身体のヘルニアであり、私の持っている筋肉の力でどれくらい重量を持てるか、それを一番よく知っている私の身体へ意見です。

 なので、自分がヘルニア持ちであるということを知っていることはつまりは医者にそう診断されたわけですからお医者さんに「筋トレしていいか」と聞いてみるのが一番いいでしょう。

 やせるドットコムの場合、「無理をしないならばOK」と言われています。ただ、普通の整形外科の場合、筋トレがなんたるかを知らない医者がほとんどですので、こんな運動をするが大丈夫か、と私の本のイラストや、他の筋トレ本のイラストや写真を見せて判断を仰ぐのが一番いいでしょう。

 ヘルニアの場合、少しの運動でも、ひどい痛さを誘発する時もありますし、あー、これ以上やったら絶対明日は背中に火箸を刺したような痛さが走るな~、となにやら確信があっても翌日なんともなかったりします。

 私は、手のしびれで救急車で運ばれたこともあります。そんな経験もしているので、今では、病気をなめてるのかもしれません。しかし、私のように24時間6か月左腕がしびれている状態は、ないにこしたことはありません。

 あまり神経質になる必要はありませんが、お医者さんと相談してみるのが一番だとおもいます。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 東京は雪であった | トップページ | 年賀状当選番号2012年! »

やせるドットコム相談室」カテゴリの記事

コメント

いわちゃんさんへ

 私の経験です。

 一番最初にヘルニアの症状が出たとき、とにかくネットで調べて、首の強化として頭を右から手で左に押してそれを我慢して首を鍛えたり、ブリッジしたり、整体に行ったり、お灸をしたり、とにかくじたばたしましたがどれもダメでした。

 特に整体に行って、私は明らかに悪化しました。

 なので、医者に行き、週に5回の牽引を6か月続けてようやく治りました。

 調布に西島整形外科というゴッドハンドのお医者さんがいます。そこも予約しましたが、10年先まで予約がいっぱいでした。あと8年くらい待たねばなりません。

 看護婦さんから医師が70歳を超えていますから診察しないかもしれませんとまで言われました。

 いやいや、ゆったりとした気持ちで、決してじたばたしないで、お医者さんにしっかりと聞いてください。

 今は手術しないでも、マクロファジーがヘルニアを食べて症状が軽くなることも分かっています。

 ご自愛ください。はぅあ!

投稿: t-baby(いわちゃんさんへ) | 2012年1月27日 (金) 23時17分

ご丁寧な回答ありがとうございます。

しかし、見事なヘルニアですね。

現在、私も左の首から肩にかけて痛みとしびれがあり、ヘルニアが疑われており、来週MRIなのですが、以前からストレートネックとも言われており、首の筋肉強化が必要かと思っています。

やっぱり、まず、事実を知ることからということですね。

投稿: いわちゃん | 2012年1月27日 (金) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/53832033

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルニアとトレーニング:

« 東京は雪であった | トップページ | 年賀状当選番号2012年! »