« やせるドットコムは大丈夫 | トップページ | 放射線について »

2011年3月16日 (水)

法の下の平等

 あまりの惨状に日本政府は、 ただちに非常事態宣言を出すべきだと思うようになりました。

 原則夜間外出禁止にして、その夜間に、救援物資を現地に届けるといったことをやれないだろうか。

 たとえば、TV局も同じような番組を垂れ流すのはやめてもらい、政府が、各局に役割を割り当てて、NHKは救援物資担当、被災者情報担当、4チャンネルは原発担当、5チャンネルは避難施設担当、などと必要な情報を一つの局が発信し続けるように集約すれば大きな支援ができると思っております。

 今は、必要なところに必要なものが届くようにしなければなりません。マスコミが取材をして、話を聞いて終わりにしているのならば、それはあまりにも残酷すぎます。

 救援物資を誰がどのように運ぶのかの指示も見えるようにしなければ、誰が何をやっているのかさっぱり分かりません。

 毛布やガソリン、電池、お米などを昼間に専門のトラックが国民から集めて、夜に外出禁止になった道で届けるなどしなければ、動けないお年寄りは死んでしまいます。介護センターに残った職員も涙ながらに訴えていました。

 早く非常事態宣言を出して、いったん日本の資本主義をストップさせてでも、憲法第14条のすべての国民の法の下の平等を守るべきだと私は思うのです。

 政治のパフォーマンスはもういいから、具体的に何をすべきかを、強制的に指示を出してほしいものです。そうしないと、原発の事故は終息しないのではないでしょうか。放射能は人の身体に大きな被害を出し続けることになります。一度傷ついた人間の遺伝子はもとには戻らないのです。

 政府、自治体、民間、国民が協力すべき時が来ている、そう感じているのは私だけではないはずです。

|

« やせるドットコムは大丈夫 | トップページ | 放射線について »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

確かに一人ひとりが、どうしたらいいかわからない
状態なのかも知れませんね。
もちろんこの私もそうです…。

買占めにしても、したくないのはわかっていても、
不安になる気持ちを抑えられずにどうしても、
買いに走ってしまう…特に小さいお子さんを多く
抱えたご家庭はたいへんだと思います。

事情はそれぞれある…しかし、それを超えた協力が
求められている時なのかも知れませんね。
ただ、わかったようなことを言っているこの私は、実は
積極的には何もしていない、いちばんの愚か者なのです。

投稿: sachisachi | 2011年3月17日 (木) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/51139480

この記事へのトラックバック一覧です: 法の下の平等:

« やせるドットコムは大丈夫 | トップページ | 放射線について »