« 2日間断食 | トップページ | 食事制限だけのダイエットの罠 »

2011年1月 4日 (火)

HUAN断食の結果!!

HUAN断食の結果!!

 いやいや、断食といっても、「我が生涯に一片の悔いな~~~~~し!」と昇天はしたくない。即身成仏となるわけではないので、ちびっと確認だけはしておきたい。

 やってはいけないこと ⇒ 死に至る行為である。

 1. 水を飲まない
 2. 脳みそに栄養が行き渡らないほど栄養をカットする
 3. 急に食べない

 である。

 水をカットすると、死んでしまう。そうでなくとも濃度が上がって血がドロドロになってしまい、西條秀樹さんが脳梗塞になった時のように血管がつまってしまう。

 水は絶対にカットしない。むしろ、水はたくさん飲む。

MUSASHI(ムサシ) HUAN(ファン) 300g

新品価格
¥10,000から
(2013/2/3 19:34時点)

 最低限の栄養であるが、これも摂るようにする。これがHUANと、ビタミン剤である。ビタミンCは酸性なのですきっ腹ではなく大量の水を飲みながら流し込むことにする。HUANの栄養素であるが、これには

 L-メチオニン、イノシトール、レシチンが含まれている。これらは必須アミノ酸で、身体の中ではそれぞれ以下の働きをしている。

 L-メチオニンは、血液中のコレステロール値を下げ脂質代謝に関与し、肝機能の維持に重要である。活性酸素も取り除くらしい。

 イノシトールは、パニック症候群の治療にも使われる物質であるが、、脂肪肝や動脈硬化を予防する。

 レシチンは、血中コレステロールや中性脂肪を低下させると言われている。

 こうして見ると、HUANは、肝臓の働きを改善させる物質が多いことが分かる。

 しゃて、空腹時に、以前、一度だけ低血糖になって倒れそうになったことがある。それは、秋葉原で自作するためにデスクトップパソコンのケースを購入して、それを持ったまま、ぐるぐると町中をめぐった時だった。夏だったせいもあり、汗だくで歩いていた。すると急に力がでなくなり、クラクラして、一歩を踏み出すのもしんどくなった時があった。

 もしやと思い、一度も入ったことがなかったマクドナルドに初めて入り、ハンバーガを購入して腹に入れたのである。すると30分もしないうちに意識がはっきりして力がみなぎってきた。調べてみたら「低血糖」の状態だったのである。

 こうならないようにしたい。

 あとは、断食からの復帰であるが、腹が減っているかといって急に食べないようにしたい。よく聞く体験談ではおかゆやうどんで胃を慣らすということであった。

 しゃて、腹が減って飯が食べたい!という意識をどこに逃がすかであるが、もうこれは風景を眺めるしかあるまい。自転車で外に出よう。1日ちんたらと100kmほど走れば時間も過ぎていくだろう、と思っていたが、風邪をひいたので家の中で掃除やら読書やらで過ごすこととした。。

 ペットボトルとHUANとデイバックにつめて、ポタリングしたかったな~。

 家の中にいたら、腹減った虫がむずむずと動き出し、つい冷蔵庫を開けたり、つい食器棚の下の扉を開けたり、つい外にあるレタスなどに手が伸びたりと意識が食欲に負けてしまうのであるが、風邪のせいであんまり食欲も湧かなかった。

 で、2日間、HUANで過ごしたのであるが、体重は2kgしか減らなかったですなー。やせるドットコムのカラダスキャンは、66.5kgを示していましたぞい。

 あっけない結論ですが、取り急ぎ結論まで。はぅあ!

 今日も、ぽちっとお願いしますぞい!↓↓↓↓

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 2日間断食 | トップページ | 食事制限だけのダイエットの罠 »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

初めまして 勉強になります。
ポチっと応援していきますね。
よかったら遊びに来て下さいね。

投稿: ジェニ | 2011年1月 5日 (水) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/50493386

この記事へのトラックバック一覧です: HUAN断食の結果!!:

« 2日間断食 | トップページ | 食事制限だけのダイエットの罠 »