« HIITトレーニング | トップページ | 野菜が、値上がり! »

2011年1月21日 (金)

HIITとは何か

HIITとは何か

 やり方はいろいろとある。とにかく心拍数を大きくする運動を一定時間行い、少し休んでまた心拍数を大きくする運動を行うのである。

 強制的に翻訳すれば、強い強度の運動をインターバル挟んで行うトレーニングであると言えよう。

 有酸素運動以上の脂肪燃焼の効果がある(らしいのであるが、ごめんなさいまだ、やせるドットコム断定できません。嘘はつけません。でもね証拠はたくさんあがっていますぞい、なので効果がある)と言われているのであるが、やり方は、簡単である。

 次の合計4分間の運動をベーシックな1セットの運動とするのだ。

 ①ジョギングなどのゆっくり運動 30秒
 すぐに
 ②最大負荷のスプリント運動    30秒
 
 もちろん休まずに
 ③ジョギングなどのゆっくり運動 30秒
 すぐに
 ④最大負荷のスプリント運動    30秒
 
 もちろん休まずに
 ⑤ジョギングなどのゆっくり運動 30秒
 すぐに
 ⑥最大負荷のスプリント運動    30秒
 
 安心しないですぐに
 ⑦ジョギングなどのゆっくり運動 30秒
 最後まで頑張って!
 ⑧最大負荷のスプリント運動    30秒

 これがHIITのベーシック1単位である。

 見てもらえばすぐに分かるが、このベーシック1単位の中には、さらに小さな最小単位1分間の運動のセットがある。これをHIITのミニマム1要素とする。

 ①ジョギングなどのゆっくり運動 30秒
 すぐに
 ②最大負荷のスプリント運動    30秒

 これだ。

 HIITの運動を、1週間に3日間行うこととする。どうやらそれ以上やるとオーバートレーニングになるらしい。いやいや、たったの4分だろうと思うかもしれないが、やせるドットコム、ふふふふ実はすでにHIITを取り入れているのであるが、すごくしんどいのだ。

 まずは、ベーシック1単位の運動からはじめ、これにミニマムの1要素を加えていく。そして最終的には15分、若ければ20分、合計で行えるようになればいいのだ(と、偉そうに言っているが、それでいいのだ!)。

t-baby
PHP研究所
売り上げランキング:
おすすめ度の平均: 3.0
4 トレーニングへの意気込みとかモチベーションとか
5 体型が変わりました

 やせるドットコム、引っ越しでちびっと部屋が広くなったおかげで、部屋の畳の上にマットを敷いてその上にフィットネスバイクをもってきて、プログラムをしこんでHIITトレーニングを行っている。

 最大負荷のスプリント運動を自転車がこげないほどの最大に近い負荷にすると、一気に心拍数が150まで上がるのだ。しんどい。

 この効果は3カ月後にどうなるかで測ってみたい。

 で、次は、運動強度と脂肪燃焼のしくみについてレポートしてみたい。

 順位が上がってうれしいですぞい!

 今日もぽちっとお願いします! ↓↓↓↓ 読み逃げなしね~!はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« HIITトレーニング | トップページ | 野菜が、値上がり! »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

3年前にこちらのWEBで運動に目覚めた「半世紀おじさん」と申します。

いろいろと参考にさせていただき、15kgの減量に成功しました。ありがとうございます。
(オオイワスポーツでカーツも購入しました。)

昨日ジムでHIIT試してみたのですが、バイク5分でヘロヘロになりました。
思った以上にきついですね。

でも効きそうな感じがするので、私も数ヶ月続けてみようと思います。

投稿: 半世紀おじさん | 2011年1月26日 (水) 11時39分

HIIT 4分 wobbly
こ、これはきつそう。
最終的には15分ですかっ!!
私には限界超えてます。
ゆっくり運動の30秒が5秒くらいに思えそう…。
結果、楽しみにしてます。

投稿: sachisachi | 2011年1月21日 (金) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/50641404

この記事へのトラックバック一覧です: HIITとは何か:

« HIITトレーニング | トップページ | 野菜が、値上がり! »