« 自転車で1時間 | トップページ | よりによって雪とは! »

2010年1月26日 (火)

アンチエイジング その1

アンチエイジング その1

 つい最近であるが、こりゃまた来たかな~と思ったことがあった。

 何が来たのか・・・・・・、それは年波、つまり老化現象が来たのだ。で、どんな出来事でそれを感じたのか・・・・・・、それは右手のしびれであった。

 やせるドットコム、スーパーマッスル・パワフルバディと言いながらも、実は頸(くび)に爆弾を抱えている。頸椎ヘルニアをやったことがあるのだ。

 以前から右の手が重かったり、右だけ肩が痛かったりしたことがあった。ある日ストレスも高じて、つばを飲むと、その度に右ののどから鎖骨のあたりがカクカク言って、おかしなことになった。多分病院に行っても、そんな病気はないと言われるだろう、そう思って初めて整体に行ってみたのだ。

 そこで、身体全身バキバキやられた。そして、頸もスラストされたのだ。そう、頸をバキバキやられたのである。

 のどの状態はよくなったが、次の日から右ではなく左手がしびれてきた。MRIを撮ったらヘルニアになっていたのである。整体のせいかどうかは分からない。しかし、以後整体には行かなようにしている。

 で、左手のしびれからもう10年近くなるのであるが、今度は右手がしびれてきたのである。頸を反らすと、しびれが増長する。これはヘルニアの典型的な症状である。

 あー、こりゃ調布にある神の手と言われる病院で手術してもらうしかないな~と思っていたのであるが、診察の予約だけでも1年待ちらしい・・・・・・。

 ダンベルも持てない、フィットネスクラブにも行く気がしない、自転車に乗っても頸を反らした格好になるので右手がぴきーんとなる。

 身体が自分の思う通りに行かなくなると、人間すぐに「鬱状態」になる。気分がだんだんと沈んでくるのが自分でも分かるようになってきた。この年になると、自分を客観的に見ている自分を脳の中に作り出すことができる。でも、浮かんでくる言葉は、どうしようか~、ということであった。

 以前ならここからどどーっと、落ち込むのであるが、やせるドットコムはヘルニアはすでに経験ずみなので、まあ、楽観的である。意識が自分の身体の中の働きを変えることができるとは思っていないのであるが、ものは試しである。

「我が白血球の中にあるマクロファージよ、飛び出た頸のヘルニアを食べよ!」と願うことにしたのだ。そして、願いながら、トレッドミルの上を15度の傾斜をつけてひたすら歩いた。そして、サウナに入り身体を芯からあっためるように努めたのである。

 そしたら、2週間ほどでしびれが取れてしまった。

 我、ヘルニアに勝てり! 

 であるが、また再びこのプチ病魔は襲ってくるであろう。そこで、対策を考えてみたい。調べると、椎間板ヘルニアの大きな原因は老化であるとあった。

 ならば、老化に抗(あらが)うことをすればよい。アンチエイジングである。ふふふふ、やせるドットコムも少しこのアンチエイジングについて調べてみたい。

 でもね、男性なので、ほうれい線を消す方法とか肝斑(かんぱん)を目立たなくするとかいったお顔の手入れは「佐伯チズ」さんにお任せする。

美肌革命 ―お金をかけずにきれいになる―

新品価格
¥1,260から
(2011/8/20 18:04時点)

頼るな化粧品! (講談社プラスアルファ文庫)

新品価格
¥580から
(2011/8/20 18:04時点)

 やせるドットコムは、もっと長寿遺伝子とか、テロメアとかレスベラトロールとかいった生化学について調べていきたいと思いマッスル。

長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ

新品価格
¥1,260から
(2011/8/20 18:06時点)

 まあ、気長にお付き合いください。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 自転車で1時間 | トップページ | よりによって雪とは! »

アンチエイジング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンチエイジング その1:

« 自転車で1時間 | トップページ | よりによって雪とは! »