« 太っている方が長生き? | トップページ | 私の田舎が大変なことに! »

2009年8月 8日 (土)

ならば、ぷちデブがいいのか?

 そもそも、このBMIの数値が病気や健康と相関関係があると言っているのが誰なのかを確認しておく必要がある。

 いやいや、怪しい影の集団ではない。学会である。

 そう、日本肥満学会なのだ、ここに「肥満症診断基準検討委員会」というコミッティがあるのだ。この委員会が、2000年に論文を出した。ここで、糖尿病や高血圧、脳梗塞などの病気や合併症にならないのは、BMI=22であると発表されたのである。
 余談ではあるが、現在のメタボリックシンドロームの「腹囲、男性85cm、女性90cm以上」の基準を作ったのも、この日本肥満学会であ~る。これが2002年だ。

 先の2000年の論文から、BMI=22の神話が始まったのである。

 やせるドットコムが混乱しているのは、ここである。このBMI=22が長生きの基準ではなく、BMIが25~30が余命が長いと変わってきている点である。

 実に不思議である。

 会社の健康診断では、BMI=22で、すんばらしい!とたたえられるのに???

 グラフを表示できないが、日本人の平均BMIは、過去20年間を見てみると、男性に限り変わってきているのである。その値はどんどん大きくなってきているのだ。そう、男は太ってきている。

 もしかしたら、このあたりに秘密があるのかもしれない・・・・・・。

 痩せた人間が長生きできないのは分かる。世の中みんな太ってきているのに、太れないやせた体質の人は、どう考えても、どっか、具合が悪いのだろう。

 しかし、普通の体形と太り気味の体形の余命の逆転は、やせるドットコムには分からない。

 真正面からとらえると、長生きしたけりゃ、少し太りなさいと言うことである。

 じゃあ、皆しゃま、太りましょうか!と、なるかもしれないが、チッチッチッ、チ!

 新聞記事をそのまんま信じてはいけないのだ。実は「5万人を対象にした調査で、男女ともやせている人よりも太っている人の方が、40歳からの平均余命が長いことがわかった」と発表した辻一郎先の論文はもう一つ大切な事実が隠されていたのである。

 筋トレなど知らない新聞記者たちの記事をそのまんま間に受けると世の中が歪んで見えるから注意が必要である。

 もとの論文をきちんと読んでみると、余命の他に、もう一つの数値が発表されていたのだ。それは生涯医療賃金である。

http://www.pbhealth.med.tohoku.ac.jp/report_sub/H20s_seisaku_seikatu.pdf

 やせている人間はすぐ死ぬから医療費もかからないのだろうあ、まあ、同じくらいの余命で、男の場合、普通体重のほうが200万円ちかく医療費がかかっていない。

Yaseru424

 そう、ここですぐに推測できるのは、太っている奴は病院に多く行っているということである。クオリティ オフ ライフが低いのだ。

 で、混乱はしたが結論である。体重は普通体重が一番である。これにやせるドットコムが意見を加えるとすると、筋肉質でかつ普通体重が一番であ~る、と主張しよう。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 太っている方が長生き? | トップページ | 私の田舎が大変なことに! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ならば、ぷちデブがいいのか?:

« 太っている方が長生き? | トップページ | 私の田舎が大変なことに! »