« 食事の回数、その2 | トップページ | 多摩川サイクリングロードをゆく2 »

2009年6月21日 (日)

多摩川サイクリングロードをゆく1

多摩川サイクリングロードをゆく1

 東京周辺に住んでいるなら、千葉のねずみランドに行くのが習わしになっているようであるが、残念ながら、やせるドットコムは千葉ねずみランドにはあまり興味がないので行ったことがない。行ったことがないと言うと皆が驚くので、逆にこちらが驚くほどだ。

 画一化された価値観から外れると気持ち悪いらしい。

 しかし、今回ばかりは、郷に入れば郷ひろみである。ボンゴレさんに、自転車のスピードの出し方などをご教示頂いているうちに、ふつふつと日本を代表するサイクリングロードであるらしい「多摩川サイクリングロード」には一度行ってみたくなったのであ~る。

  しかも、この多摩川はやせるドットコムのアパートからすぐそばにある。行ってみない手はあるまい。

 まずは、地図上にアパートから多摩川まで一番近い距離で線を引いてみた。するとすぐ側に聖蹟桜ヶ丘があるではないか、まずはここまで行かねば話になるまい。

 電車で聖蹟桜ヶ丘駅まで行くと乗り継ぎでかなりの距離と時間がかかっていたが、自転車で行ってみたらその近さにびっくりであった。

 聖蹟桜ヶ丘に近づくにつれ、自転車乗りのファッションに身を包んだ、自転車乗りさんたちをチラホラ見かけるようになった。

 このファッションに身を包んだ方々をどう呼べばいいのだろうか? 関西的には「チャリンカー」だろうか??

 自転車が多くなるにつれ、こりゃ、聖地は近いぞ、と感じさせてくれる。わくわくしてきた。

 で、駅の周辺からとにかく多摩川まで行けば、サイクリングロードに着けるだろうと思い、カンを頼りに、とにかく多摩川まで出ることにした。

 で、すぐに多摩川の岸に到着した。

Yaseru439

「おおーっ! ここが聖地サイクリングロードか!」と感慨にふけって写真を一枚。

Yaseru438

 しかし、なんか聞いていた雰囲気と違う。道には中央の線があり、左右のレーンがあると聞いたのであるがそれがない。

 写真を撮りながら、しばらく考えていたが、分かったのだ。持った湯のみをバッタと落とし、小膝たたいてにっこり笑い、こう言った。

「向こう側の川岸じゃい!」

 と、反対側に行くために橋を探した。橋を渡りながら、むこう岸を見ると、自転車の集団が!

Yaseru437

「あそこが、サイクリングロードだ!」

 と、眠くなったので、お休みなさい。しかし、予告しておきます。やせるドットコム、サイクリングロードでとんでもない目にあいました・・・・・・。

 とほほの、自業自得です・・・・・・。

 それが知りたい方は、ほれー↓↓↓↓↓ぽちっと押してくだされ!はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 食事の回数、その2 | トップページ | 多摩川サイクリングロードをゆく2 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川サイクリングロードをゆく1:

« 食事の回数、その2 | トップページ | 多摩川サイクリングロードをゆく2 »