« ターミネーター4を見る | トップページ | R2でポタリング »

2009年6月 7日 (日)

我が愛車GIANT_ESCAPE_R2

我が愛車GIANT_ESCAPE_R2

 さて、自転車を買ったところまでは、お話ししたが、その後一体どうなったんだ、という質問も何もなくほっておきましたが、実は6月1日に買ったのである。

 GIANT ESCAPE R2 2009の黒である。ジャーン!

その1

Yaseru449

その2

Yaseru450

 皆さんクロスバイクの入門機としては、R2ではなくR3を購入されるようであるが、変速機の切り替え、これをシフターと呼ぶようであるが、R3はグリップシフトであった。

 知り合いに聞いたら、グリップシフトも慣れればそう感じないが、切り替えが「スコーン」と入らないと言われたのである。これに対しやせるドットコムのR2は、シフターがプッシュ式のトリガーシフトになっており、「スカッ」と爽やかに切り替えができるのである。

 しかし、値段は定価で、52,500円(R3)→69,300円(R2)と1万5,000円以上も跳ね上がってしまった。

 それじゃ何が違うのか、高い値段の価値がどこにあるのかを調べてみた。いやいや、実は今初めて調べてみているのであるが・・・・・・。

 まずシフター(変速機)が違う。ハブが違うようだ、えっとハブとは・・・・・・。

 クサリヘビ科の毒ヘビの一種で、沖縄や奄美諸島に生息する。頭が平たく大きな三角形をしている。噛まれたら人間でも死ぬ場合がある。って違うやろ!

 ハブとは、車輪の中心部にあって、スポークを取り付ける回転体のことである。どうやらこれが違うらしい。

 そして、重量が違う、これは、フレームの一部がカーボンでできるているからだ。

 R3の重量は11.3kgであるが、R2は10.9kgである。んーん、あまり変らん。いやいや、それほどの違いがないのに、なぜR2を買ったかというと、展示されており、すぐに次の日には手にすることができきたからである。

 しかし、やせるドットコムは知らなかった。

 前かごはついていないし、スタンドもついていない、おまけに泥よけもついていない、その上さらに鍵もついていない、あらららライトもない。

 なんじゃい、こりゃ!

 とお店の方に聞いてみると、

「自分好みでつけるものなのです」

 ときたもんだ。なるほど! ふふふふ、今からこの自転車を自分好みに育てていってやろう。「じゅるっ!」

 いやいや、やせるドットコム、決して変態ではありません。健全な趣味ですぞい、これは、はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« ターミネーター4を見る | トップページ | R2でポタリング »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ボンゴレさん、ようこそ、やせるドットコムへ

 私のR2には、もともと泥除けはついていませんでした。しかし、あえて付けました。雨の日にも乗ることを考えたよりも、何かの拍子で背中が水玉模様の泥だらけになるのを避けたいためです。

 嫁に「服を汚して!」と怒られないようにするためです。

 それから、やせるドットコムは車は売りました。10年ほどランボルギニー・ファミリアに乗っていたのですが、中古車ショップに売った時は2万円でした。

 車には乗らないので、まあこの泥除けは付けておきます。

 路側帯の段差でパンクですか・・・・・・。私は、パンクした時はパンクした時として、いろんな段差の道を、じゃかすか走っています。まあ、R2に乗り始めて2週間目ではまだパンクは経験していません。

 クロスバイク乗り方々からは、「よくパンクする」と聞きますが。そんなにパンクするものなのでしょうか・・・・・。

 ママチャリのパンク修理は、得意でしたのが、クロスバイクはどうでしょうかね~。

 まだパンクしていないのでハラハラものです。

 自転車は、自分の体力や筋力に合わせて進んでくれるので、これまた身体で世界を感じることができます。

 うつ病の人は、自転車に2週間乗ったら治るんではないでしょうか。はぅあ!

投稿: t-baby(ボンゴレさんへ) | 2009年6月11日 (木) 18時09分

こんにちは。
GIANT ESCAPE R2について調べてみました。タイヤは700C(27インチ、細身、高圧タイヤ)ですね。
自転車の走行性能の7割方は、タイヤが700Cであるか一般タイヤ(26インチ、太いタイヤ)であるかによって決まると思っています。転がり抵抗が格段に改善します。別にトラックバックしましたが、そちらをご覧ください。

ところで、拝見した写真では泥よけが付いていますね。雨の降らない日に舗装道路を走るだけだったら、泥よけは不要と思います。むしろ泥よけがないと良いことがあります。クイックレリーズで前車輪を外したとき、泥よけがなければ車の後部座席に乗せることができるのです。後車輪を外したらトランクにも乗ります。ところが泥よけが付いていると、これが邪魔してコンパクトにならないのですね。

TB記事にも書いたように、都会の道路では、交叉点の横断歩道から歩道に上がるときの段差があり、細身の700Cタイヤではこの段差でパンクする恐れがあるため、快適に乗りこなすことができませんでした。

やせるドットコムさんの今後の健闘を期待しています。

投稿: ボンゴレ | 2009年6月10日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が愛車GIANT_ESCAPE_R2:

« ターミネーター4を見る | トップページ | R2でポタリング »