« カードの利用には注意を | トップページ | じゃがいも »

2009年4月19日 (日)

サイキッカーの反省

 北野誠さんが、20年間強続けた「サイキック青年団」が終わりを告げた。3月末日の予定だった最終回を待たずして突然3月8日で終わっていたことになったという前代未聞の打ち切りが行われ、やせるドットコムも唖然としたいのであるが、事はそれでは終わらなかった。

 誠さんはいきなりレギューラー番組を次々と下され、ブログも閉鎖され、何が起こったのか分からないままの状態で、今、忽然と我々の前から姿を消そうとしているのである。

 ネットを見ればどこかに答えがあるかもしれないと、いろいろと見てみたが、残念ながらどの書き込みもあまりあてにはならず、しかも発信した者が自分の発言に責任をもっているかというと、匿名でどれも便所の落書きとなり信用おけるものはない。

 やせるドットコムもサイキッカーの一人である。紹介されているイベントで話されたと言われる情報は一部のものでしかないことぐらい分かっている。ネットよりも情報を知っているのは、サイキッカーの証だろう。

 しゃて、先日の週刊新潮と週刊文春の記事に載っていましたな~。やせるドットコム、朝一でコンビニに買いにいきましたぞい。

 これらは、ネットの噂よりも確実なものだろうと思っていたからです。

 でも、週刊新潮は最近のスクープが誤りでしたという記事を載せているほどで、この週刊誌自体がすでに全く信用できないUFO雑誌のようなトンデモな代物になり下がっている状態であるので、記事の信ぴょう性は疑ってかからないといけないのであるが・・・・・・。

 まあ今回まではなんとか信頼できる記事として、情報のよりどころとしてあげよう。

 読んでみると、どうやら、踏んではいけない地雷を踏んでしまったというのが真相らしい。とらしい、だらけである。

 やせるドットコムは誠さんが選挙に出馬するので、発言を封印したのが真相である、と書いていることを祈っていたのだ。

 しかし、新潮と文春の記事は違ったのだ。

 しゃて、しゃて、この一連の出来事で、やせるドットコム深ーく反省したのである。

 誠さんは、そのタブーを背負って一人、十字架に磔にあったのだ。他人を揶揄して面白がっていた我々リスナーの全部の罪を背負ってたった一人で・・・・・。

 この出来事は、我々リスナーへの戒めなのである。

 だけど、私は忘れない。

 コンプライアンスの観点から考え、プライバシーの保護のために真相は明かしませんとでも思っているのだろうか。いつもはスキャンダルに、土足で乗り込んでいき、さも世界の警察ですよと言わんばかりに他人のプライバシーを晒してきたマスコミが、この件について、何も検証していないことを。

 テレビは死んでいる。ワイドショーは腐っている。

 朝から批評家きどりで偉そうなことを言っているあの人も、夜に、スクープでございと声高に言っているあの人も、少し角度を変えれば「あ~」と分かるかつらと同じように、みんな偽物である。

 やせるドットコム、今後はますます、ニュースとドキュメントはNHK、ドラマと映画はWOWOW、学びは放送大学、と、それ以外のTVは見ないようになるだろうな~。

 民放のほとんどの番組の、情報ソースには、バイアス(ゆがみ)があるからです。

 誠さんが復活されるとき、サイキック青年団の3月8日の最終回の時点よりも、まるで比較にならないほど男前になって現れてくれることを祈っています。

 それがどんな形になるのかはわかりません。復活を待ちます。誠さん頑張ってください。

 

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« カードの利用には注意を | トップページ | じゃがいも »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイキッカーの反省:

« カードの利用には注意を | トップページ | じゃがいも »