« 懐かしい歌 | トップページ | 危ない飢餓モード »

2009年1月22日 (木)

低カロリーでも太るのはなぜ?

 カーツネタのご希望があったが、しばしお待ちを・・・・・・。
 今日は、ためしてガッテンから、低カロリーブームへの警鐘がなされた件からブログの記事を紹介しようと思う・・・・・・。

 あー、記事の更新ができていなくて申し訳ないです。

t-baby
PHP研究所
売り上げランキング:
おすすめ度の平均: 3.0
4 トレーニングへの意気込みとかモチベーションとか
5 体型が変わりました

 今日のガッテンも人類の歴史が大きく関係ある内容でしたな~。

 低カロリーの食事なのに体脂肪率が大きい女性を紹介していました。本人も、自分の体脂肪率を知って唖然としていました。

 番組の中で、なぜそのようになるかを紹介していましたが、次の通りです。

 低カロリーの食事にして、糖質が不足すると、脳はエネルギー不足を感じます。この状態が続くと、脳は「飢餓状態だ」と判断し、「飢餓に備えろスイッチ」をオンにします。すると、蓄えた体脂肪はあまり使われなくなり、食べた脂肪も燃やすよりも蓄えられてしまうのです。燃費の悪い身体に切り替わるということでした。

 どっかのブログでしきりに「本場のアメ~リカでは、アトキンス博士の低炭水化物ダイエットが大流行してますわよ!」と言っていたが、ガッテンではそんなのは「もってのほか」と一笑していた。アホである。

 本場アメリカは、デブの本場なのだ。そして、経済破壊の張本ブッシュの国である。そういえば、昨日オバマさんが就任したが、私の故郷の長崎の小浜も、温泉宿と一緒に紹介されていたのには驚く。小浜温泉は、11PMのうさぎちゃんが紹介していたが、うさぎちゃんと聞いても今の皆シャンはぴんとこないだろう。45才過ぎの男性は、ピンとなるはずだ!(どこが!?)

 オバマ大統領には、まず世界経済をマイナスの状態から0(ゼロ)の状態にしてほしい。頑張ってほしいものである。

 で、なぜ、低カロリー、脳の低糖質が続くと、脂肪をため始めるか、番組ではその答えを言っていなかったが、やせるドットコムが解説しましょう。

 それはホモシャピエンス200万年の歴史にあります。

 メソポタミア文明、エジプト文明、インダス文明、黄河文明など紀元前2000年から4000年程度です。キリストが生まれ、約2000年なのでまあ、人間が農耕を営み、家畜を飼い、食べ物に不自由をしなくなったのはほんのつい最近、5000年くらいではないでしょうか。
 その前の199万5000年は、男は狩りをして、女は木の実などを取って、それを食べて生活していのです。

 この199万5000年の生活は、我々現代人に関係ないと思っている人も多いかと思いますがそうではありません。あかん、眠たくなってきた。

 パトラッシュ、なんだか眠いんだ・・・・・・。は~ぅ~あ・・・・・・。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 懐かしい歌 | トップページ | 危ない飢餓モード »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

 「ワインをくゆらせる」という言葉があるのは、誰でも知っていると思います。でも高級なワインをくゆらせるほどの身分ではない、それじゃ自分で作った梅酒をあたかも高級ワインを買って楽しんでいるようにくゆらせて、心だけでもリッチな気分を楽しもうではないかという意味がこもっているのであるが・・・・・・。

 皆しゃま、そのようなユーモアが「ぱっ」と分からない人は、当ブログをお読みにならなくて結構。さようなら~。

 「日本が変」という、その日本語は完全に間違っています。

投稿: t-baby(うどんさんへ) | 2009年1月25日 (日) 16時34分

梅酒をくゆらせるって日本が変です。

投稿: うどん | 2009年1月25日 (日) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/43824425

この記事へのトラックバック一覧です: 低カロリーでも太るのはなぜ?:

« 懐かしい歌 | トップページ | 危ない飢餓モード »