« 飢餓モードの赤ちゃん | トップページ | お土産は猿 »

2008年11月18日 (火)

サルのコニー

サルのコニー

 私のオヤジは船乗りだった。いわゆる貿易船に乗っていた。船には外航船と内航船があることを小さい頃から知っていた。外航船は外国まで出て行って荷物を運ぶ船である。

 年に何か月も家を空けるものだから、子供の時とても寂しかったことを覚えている。が、いつしかそれも当り前のような生活になり、思春期の頃は逆にオヤジが家にいないことが都合がよかったりしたものだ。

 しゃて、主にフィリピンやインドネシアだったのであるが、外国に行って日本に帰ってくるときにいろんなものをお土産にもって帰ってきてくれた。

 バナナ、パイナップルを始めとする果物は、40年前の日本ではまだ珍しく、とても美味しいと思ったことを覚えている。

 ウィスキーもナポレオンなジョニ黒などがたくさんあった。

 しかし、さすがやせるドットコムのオヤジである。そんな普通のものだけをお土産に持って帰ったわけではなかった。

 ある日、我が家に「公安」と名乗る男が2人押しかけてきた。その頃、「公安」という言葉をしらない、小さなやせるドットコムは、周りからいろいろと聞いて、当時はスパイが来たと思っていた。

 今ならば、国家の存亡にかかわる事件などで活躍される方々であるという役割が加わるのであるが、当時はそんなことは知らない。

 で、なぜオヤジのところに公安がきたのかというと、本物の「毛沢東語録」を持っていたからである。

 1972年以前に日本と中国は国交がなかったのだ、しかーしオヤジは、なんかの拍子で中国に入国したらしく、その時に現地のお土産として「毛沢東語録」を入手したのである。
 見せびらかしていたら、それを聞きつけた「公安」が見せてくれと頼みにきたのである。でも案の定、献上することになり、その後日本は中国と国交を結ぶのであるが、やせるドットコムのオヤジの「毛沢東語録」がこの国交正常化に役に立ったのかどうかは分からない。

 でも、持っていかれたということは、ほんの少しだけは役にたったはずである。

 オヤジ、グッジョブ。お猿のコニーの話は明日のココログであ~る。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 飢餓モードの赤ちゃん | トップページ | お土産は猿 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/43148830

この記事へのトラックバック一覧です: サルのコニー:

« 飢餓モードの赤ちゃん | トップページ | お土産は猿 »