« サナギマン! | トップページ | ああ~蝶になれ~♪ »

2008年8月18日 (月)

ジョギングもやりすぎ注意

 先日、マラソンなどの有酸素運動は老化防止によい!

 と言ったばかりであるが、ちょっと待った! 忘れていたことがあったので、ここでお知らせしておきたい。


奇跡が起きる筋肉トレーニング
t-baby
PHP研究所
売り上げランキング:3881
おすすめ度の平均: 3.0
4 トレーニングへの意気込みとかモチベーションとか
5 体型が変わりました

 実は、2つのことに注意が必要なのだ。ひとつは疲労骨折である。

 オリンピックでポーラ・ラドクリフ(英国)選手が23位に終わったが、彼女は大会前に左足大腿(だいたい)骨を疲労骨折していた。このことは、解説をしていた有森さんが何度も言っていたので知っている人も多いだろう。

 疲労骨折は、骨の同じ部分に何回も力が加わることで、まるで金属をくにゃくにゃと曲げているうちに、ぽろっと折れてしまう金属疲労のように、骨が折れることである。

 これはレントゲンにも映らないので、本人も医師の診断があるまで筋肉痛と勘違いするほどである。やせるドットコムもろっ骨を疲労骨折した覚えが・・・・・・、いや私ではなく、同僚だったかな~、忘れちゃった。とにかく咳のしすぎで、肋骨にヒビが入るのも疲労骨折である。いや、これは夢の出来事だったかもしれない。記憶があいまいだ。

 マラソンやジョギングの場合、変なフォームで走っていたり、クッション力がない安物のジョギングシューズで走ったり、足の筋肉が、長距離走るのに未だ未発達の場合に、これは起こりやすいので注意が必要である。とにかく、1万円以上の、いい靴を履きましょう。

 そしてもう一つは、活性酸素である。

 週に2000~3000kcalの有酸素運動は、心肺能力を高め、心筋梗塞などの発生率も半減させるほどいい方向で身体に効いてくるのである。

 しかーし、それ以上の有酸素運動をするとどうなるか、何もしない時よりも逆に死亡率が増すのだ。活性酸素が悪であるというのも論議が分かれるところであるが、この死亡率の増加は活性酸素が自分自身を傷つけているからと推測されている。

 やせるドットコムも、走りに走ってひと月で8000kcalだったので、1週間3000kcal、月にして12000kcalのマラソンをするには相当の運動量だと思うが、活性酸素には十分に注意して欲しい。

 なんにしてもやりすぎは注意ということであ~る。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« サナギマン! | トップページ | ああ~蝶になれ~♪ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

まんきちさん こんにちは!

 接骨院ですか~。いいですね。身体の調子を見てもらえる相談先があるのはいいことです。
 私の場合は整体に行こうと思っていた時期がありましたが、首のボキボキの後にヘルニアになった(か、あるいは悪化した)ので今は遠慮しております。

 しゃて、ハンガリー水は、あれですぞい、茶色に濁りますから、びっくりしないでくださいね。

 薄めて身体に塗ると、びっくりするくらいすべすべになります。

 ローズマリーエキスの入った化粧品は非常に高価ですから、一人満足しておりまた。

 そろそろ私も作りましょうかね~。はぅあ!

投稿: t-baby(まんきちしゃんへ) | 2008年8月19日 (火) 23時45分

師匠、こんにちは。
有酸素運動の話、とってもわかりやすいです。
疲労骨折は私も過去に経験があります。
でも本当に自分で気がつかないうちに折れてました。
私の場合、膝にも少々心配があるので、定期的に接骨院に通っています。
エイジングケアと体のケアは同時進行でやらないといけませんね。
エイジングケアといえばハンガリーウォーターをまたせっせと仕込んでいます。
できあがりが待ち遠しいです。

投稿: まんきち | 2008年8月19日 (火) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョギングもやりすぎ注意:

« サナギマン! | トップページ | ああ~蝶になれ~♪ »