« お酒の結論 | トップページ | 連休で痩せるのか Ⅱ »

2008年4月27日 (日)

連休で痩せるのか!! Ⅰ 

 さて、皆さんの中には、私の書いたこのブログの表題を見て! そうそう、私も連休中に痩せたいと思っていたの~、と賛同される方もいたかもしれないが、んーん、ちとつらいですぞい。

 連休中に身体の線が変わって見えるほど痩せるのは、あなたの根性次第であ~る。

 最初は不可能と書こうとしたが、ブログの記事を書き進めていたら、これが結論となった。

 なぜか、それを解説しよう。

 「1ヶ月で10キロ痩せる!」という広告を見ていれば、単純計算で10日間ほどあるゴールデンウィークならば、3.4キロほどはやせるだろうと思うかもしれない。

 では、10日に3.4キログラムやせると仮定した場合、運動生理学的にどうすれば実現できるかを考えてみよう。

 有酸素運動で1キロ落とすのに、どれくらいの運動量が必要なのか考えてみましょう。
 栄養学では脂肪1gは9キロカロリーで計算しますが、人体の場合20%水分なので、その80%を燃焼すると仮定して、脂肪1グラム7kcalで燃焼できるとします。

 脂肪1キログラム7000kcalです。

 しゃて、3.4キログラム落とそうとすれば、7000 × 3.4 = 23,800 Kcal

 の運動をしないといけない。

 ならば、いつもやっている運動でこの消費カロリーを達成するにはどれくらいかかるかを計算すればいいのであ~る。ふふふふふ、やせるドットコム調べましたぞい。

 ここら辺が、やせるドットコッムが他とは違い、科学的なところであ~る。まっとうな普通の心理学を学んだ方なら分かると思いますが、数値と統計で示すことから心理学は始まるのであ~る。

 これは、まだ厚生労働省が厚生省であったころに、厚生省が「第5次改定 日本人の栄養所要量」という調査結果を発表した。言ってみれば運動とエネルギーの関係を算出したのである。

 それを元に作ったのがこの表である。1時間あたりのそれぞれの体重の人が運動すればどれくらいカロリーを消費できるかの表である。(運動とエネルギーの科学 杏林書院を参考にやせるドットコムが算出)

運動とエネルギーの科学 (運動生理学シリーズ)

新品価格
¥7,560から
(2011/8/21 19:56時点)

 んでもって、これらの運動を生活時間に付加して、1日5時間ぶっ通しでやるとする。そしたら、何日間かかるかであるが・・・・・。

Muscle25_3 

 おおっ!クロスカントリー、サッカー、ラクビー、バスケットボール、水泳、ランニングもそうですなー。1日5時間ならできそうです。って、これらを1日5時間やれるほどの体力があるならば、すでにいい身体であろう。

 お後がよろしいようで。

 ならば、食事制限したらどうなるか! それは明日のココログぞい。

 あらあららら~! 順位が落ちてきますぞい。

 ↓↓↓↓ 今日もポチッとお願いしまする。はぅあ!

 

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« お酒の結論 | トップページ | 連休で痩せるのか Ⅱ »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

面白いです~。恐るべし阿波踊りのカロリー消費量…。阿波踊り5時間ぐらい踊りつづける人、いそうですね。私的には160m/分まではジョギングで200m/分になるとランニングに「昇格」するというのが、面白いです(走る人にはジョガー→ランナー→レーサーというヒエラルキーがなんとなくあるのです…気にしないけど)。キロ5分で5時間だとウルトラマラソン60キロかぁ。それぐらいで走っちゃう人確かにいますね。体重軽い人が多いからカロリー消費も減るでしょうが。次回も楽しみにしてます。

投稿: 浮嶋 | 2008年4月28日 (月) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/41007222

この記事へのトラックバック一覧です: 連休で痩せるのか!! Ⅰ :

« お酒の結論 | トップページ | 連休で痩せるのか Ⅱ »