« ダイエットの真実2 | トップページ | 日本からノーベル賞 »

2007年11月20日 (火)

ボンズ選手のステロイド

 最近、バリー・ボンズ選手が新聞をにぎわせている。

 偽証罪で起訴されたらしい。

 間単に説明するとこうだ。

「筋肉増強剤とは知らずに、その薬を使っていました~」
「嘘つけ! 逮捕じゃ、こるるるら!」

 ということである。

 やせるドットコムは、人一倍トレーニングしても、それほど筋肉がでかくならない。これを、ハードゲイナーと呼んでいる。たんぱく質を摂らないでいると、鍛えた腕でさえ、翌日はしぼんでいるほどである。

 もともとマッチ棒のような身体をしていたのだから、太らないのは分かっている。なので、筋肉をつけるには、継続したトレーニングが必要だったのであ~る。まあ、人並みにはなったつもりではいるのであるが・・・・・・。

 このように自分が手に入らないくやしさもあるかもしれない。ぶっとい筋肉の持ち主には嫉妬を感じざるを得ない。

 いや、おちんちんが、男性として全く機能しなくなること危険すらかえりみず、ステロイドを自分の身体に投与するなど、私にはとてもできない。その無謀さが生み出すリスクの中でも勝ちたいという強い意志を持った人種への嫉妬もあるかもしれない。

 でも、やせるドットコムはあくまでもナチュラルで、自分の遺伝子が奏でる運命の中で筋肉を肥大すべきであると思っている。

 なので、この記事を見て、起訴は当然だと思った。

 王貞治選手は日本の野球ですでに記録を破っているのであるが、ハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録をバリー・ボンズが破った。

 このボールはオークションで9000万円近くで競り落とされ、野球殿堂に寄贈されることになった。
 ここで、面白いことが起こったのである。落札した人が、投票を取ったのだ。どのように殿堂に飾ればよいかと。

 皆が望んだ結果は「参考記録としましょう」であった。彼のボールは、参考記録の記号である「*」が刻まれて、殿堂に飾ってあるらしい。本人は、「誰が殿堂に行くもんかい!」と激怒したとニュースにあったが、世間の風は冷たいようだ。

 アメリカの猿面の世界にテロを蔓延させた張本人のブッシュも、ボンズが起訴された日に「野球界にとって悲しむべき日である」とコメントしたようであるが、お前が言うな。
 ボンズにもあの遺伝子があれば、こんなことにはならなかっただろう。その遺伝子とは何か。それは明日のココログで・・・・・・・。

 はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« ダイエットの真実2 | トップページ | 日本からノーベル賞 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

忘れるはずなど、あーりませんぞい。

とってもさびしかったくらいです。転職、お引越しですか。
人生、いろいろです。

私も・・・・・・、いや、特にここ3年ほどは変わったことはありません。

そろそろビックサプライズが欲しい今日このごろです。

ルルしゃん、また、いっしょにナイスバディ(←死語)を目指しましょうね!

はぅあ!

投稿: t-baby(ルルしゃんへ) | 2007年11月21日 (水) 23時34分

こんばんは
ルルです お久しぶりです!
忘れられたかな。。。。
転職 引越しとなかなか忙しくてコメントできませんでした! 今度は職住ジム近くなりました!
先生のブログを参考に少しきれいにならないと。。
がんばります!

投稿: ルル | 2007年11月21日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボンズ選手のステロイド:

« ダイエットの真実2 | トップページ | 日本からノーベル賞 »