« 乗馬マシーンでダイエット? | トップページ | おかしな新聞朝刊! »

2007年8月28日 (火)

ジムを見学しよう

 やせるドットコムは、ホームトレーニングや、自重トレーニングや、ビリーズブートキャンプを否定しているわけではない。

 リアルな夜道をジョギングして心肺能力を維持している人もいれば、ラジオ体操やみんなの体操の愛好家の方もいるだろう。

 大いに結構である。

 何もしないで、加齢に体力が一直線に下降している連中と比べると、立派である。

 しかし、私の意見としては、フィットネスクラブにも行ってみようよ。

 と言いたいのだ。なぜか? それは私が、フィットネスクラブに入会して大きく人生が変わったからである。

 人生も変わったが、身体つきも変わった。

 新入社員時代に、仕事の上のストレスで40kg台の体重になったときは、だめだめ人間だった。器質的な疾患はなかったのに、身体中とにかく痛かったのである。

 フィットネスクラブに通ってから、身体の痛さは全く無くなってしまった。肩こりや頭痛、腰痛、首のこりなどどうだったかすでに忘れてしまっている。

 ヘルニアなどの器質的な疾患がある人に運動は薦めないが、どうしようか迷っている人は行動してほしいのだ。

 電話帳で調べてほしい、フィットネスクラブで引くとわりと多くのフィットネスクラブが自分の街や隣街にあることに気が付く。

 会社の昼休みでもいい、控えた電話番号に電話をかけて、「見学できますか?」と話してみよう。

 「ウェルカムです!」と即座に返事がかえってくるだろう。

 もやもやしている人は、いっそのこと3件くらいのフィットネスクラブを訪問してはいかがだろうか。

 ほんの少しのことが、自分の人生を変えるきっかけになるのである。

 どう、人生が変わるか・・・・・・。

 一言で言えば、自分に誇り・自信・信頼が持てる人生になる。頭で考えるだけではだめだ、人間は植物じゃないんだから、身体で世界とつながらないといけない。

 フィットネスクラブには、いろいろなマシーンがたくさんある、いろいろなやり方で自分の身体と世界を接続させてくれる。最初は希薄な接続かもしれない、自分では全くコントロールできないだろう。でも、やがてしっくりくるようになり、自分で重量をコントロールできるようになれば、気分も変わってくる。もちろん身体つきも変わる。

 これは、フィットネスクラブでないと味わえない醍醐味であると思う。

 フィットネスラブなど縁遠いと思っている読者の皆さんも、明日の昼休みにでも電話して見学に行ってみよう!

 と、あおる、やせるドットコムでした。はぅあ!

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 乗馬マシーンでダイエット? | トップページ | おかしな新聞朝刊! »

フィットネスクラブの選び方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40940172

この記事へのトラックバック一覧です: ジムを見学しよう:

« 乗馬マシーンでダイエット? | トップページ | おかしな新聞朝刊! »