« ノロウイルス | トップページ | HIV検査体験談2 »

2006年12月25日 (月)

クリスマスHIV

 今日は、筋トレとは全く関係のないエイズの話である。

 一度このブログに検査に行ってきますと載せて、その後記事を削除したので、やせるドットコム、実はHIVキャリアになったのではないかと疑っている方も多いかと思うが、そうではない。

 忙しくて、検査結果を取りにいくことができなかったので記事の更新をあきらめたのである。

 で、本日電話して検査結果を2週間遅れでとりに行って来た。陰性である。

 陰性の前に、「もちろん」と強調したいとこであるが、現在の日本、残念ながらこればかりは、もちろんとは言えない状況になってきているのである。

 保健所の統計から、日にどれくらいの割合で感染者が出ているかご存知だろうか?。毎日3人である。しかもそのうち1人は東京でHIV感染者が新たに見つかっている。

 2006年は過去最高の割合で増加している。先進国でHIVキャリアが増加しているのは唯一日本だけである。

2006年11月2日 日経新聞

厚生労働省は一日、2006年7月3日から10月1日までの3カ月
でエイズウイルス(HIV)の新規感染者は233人、エイズ
を発症した患者は107人となり、いずれも四半期ベースで過
去二番目に多かったと発表した。今年の新規感染者数は10
月1日までで679人となり年間ベースでも過去最多の昨年
(832人)を上回る見通し。

 HIVはどうやって感染するか、すこし学習してみよう。このウイルスがどこに多く含まれているのかを知れば感染経路と危険行為が思い浮かぶであろう。

 1.血液
 2.精液
 3.膣内分泌液
 4.母乳

 この4つである。HIVが体内に入るためには、輸血、注射針の共有、粘膜からの感染があげられ、性行為から感染するので性感染症とも言われている。

 男性同士の性行為で感染が多いのは、肛門や直腸が性行為で出血し、そこへウイルスの侵入があるからである。このためゲイの病気としてHIVキャリアは偏見の目で見られるようになった。

 これらの危険行為は日本のコンドームを使うことでほぼ回避できると言われている。

 このHIVがなぜエイズとう免疫不全の病気を引き起こすかであるが、HIVは人間の身体の中で免疫をつかさどるCD4という細胞にとりつき、自らのコピーを増やしてはCD4細胞を殺していく。その結果免疫機能がなくなり、普段は全く害とはならないカビなどに負け、病気になり死んでいく。HIVの感染が即、エイズではない、10年ほどの期間でCD4細胞がなくなりエイズを発症するのである。

どのようにHIVウィルスが増えるのかはここのページでアニメーションで見ることができます。左側の赤いHIVをクリックしてください。CD4がどんどんHIVをコピーしていっています。

右側は、HIVを封じ込めるために開発されたVRX496です。現在4人で試されて非常に大きな成果を上げています。遺伝子治療です。実はこのバークシス社は日本のタカラバイオの特許を使ってこのVRX496を開発しています。今後が大いに期待されます。

http://www.virxsys.com/pages/human-therapies/first-clinical-application/how-vrx496-works.php

 自分がHIVのキャリアであるかどうかは、HIV検査をしなければ分からない。普通の健康診断や人間ドックでは全く判定がつかないのだ。そこで検査となるわけである。さあ、授業はここまで、実際の検査の体験談は次回のブログで・・・。

 筋トレするには、自分の身体の管理が大切である、そう、あらゆる場面において・・・。

banner【ダイエット部門】でBlogランキングに参戦しています。
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« ノロウイルス | トップページ | HIV検査体験談2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

結果を取りに行こうと思っていた間に熱が出で、取りに行けず、記事の更新のタイミングを逃したためです。記事では1週間後としていますが、私の場合は3週後にとりにいきました。ふー。

実際は12月1日の世界エイズデーに合わせて出したかったのですが、今回の記事で前回の内容を少しリニューアルしています。

写真も撮っていたので、もったいないと思い記事にしています。
しばしお付き合いを!。

3日後には筋トレ記事に戻します。

投稿: t-baby(たくみさんへ) | 2006年12月26日 (火) 23時48分

HIVの最初の記事がなくなったのはなぜ?

投稿: たくみ | 2006年12月26日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスHIV:

« ノロウイルス | トップページ | HIV検査体験談2 »