« 加圧トレーニングで力こぶ大! | トップページ | 食べてはいけない »

2006年10月30日 (月)

デブと胃がん

 2006年9月16日  読売新聞に面白い記事があった。

 結論は簡単、「デブは癌になる」ということである。どういうことかというと、癌を抑えるホルモンがある。「アディポネクチン」である。このアディポネクチンには強力な抗がん作用がある。ヒトの胃がん細胞を移植したマウスにこのホルモンを投与すると、腫瘍が最大で9割も減少したというのだ。
 しかし、内臓脂肪症候群になると分泌量が減り、血液中の濃度が5分の1~6分の1に下がるというのだ。

 三段論法から、「デブは癌になりやすい」ということである。

 やせるドットコムは医学に精通していないが、常識的に考えてこうではないかと思っている。油は色々と害のあるものを溜め込んでいるような気がするのだ。脂肪が多いと悪い要素を身体に多く蓄積しているのではないか・・・、と。

 しゃて、最近のニュース、どれも肥満は敵であると吹聴している。しかし、どうやってそれを回避するかにはあまりご熱心ではない。

 多分新聞記者もおデブなのだろう。

banner【ダイエット部門】でBlogランキングに参戦しています。
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

古本屋に売ってしまっていたが、もう一度どうしても読みたくなって、アマゾンで買ってしまった。この本を読むと身体を鍛えることが何にも増して大事なことであると思うと同時に、ここまではできないと思ってしまう。思わずデブという表現を使ってしまうが、そんなだらんとした人生の結果を身体で表現している人間には目から鱗の一冊であろう。人生観を変えてほしい。

果てなき渇望―ボディビルに憑かれた人々

中古価格
¥3,980から
(2011/8/22 11:56時点)

|

« 加圧トレーニングで力こぶ大! | トップページ | 食べてはいけない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デブと胃がん:

« 加圧トレーニングで力こぶ大! | トップページ | 食べてはいけない »