« 家トレにベンチなどいらん! | トップページ | 花粉症対策その2 »

2006年2月28日 (火)

ララさんの由来


やせるドットコムの目次はここへ!やせるドットコム【通販クラブ】 もよろしくお願いします。

com_2
やせるドットコム推奨(!?)の商品も満載!ですぞい!


 やせるドットコムは、時々ララさんに変化して歌を歌う。

 結婚前の嫁さんの前でも一度だけカラオケで歌ったのであるが、大不評であった。私はララさんに化けるのは、芸術的だと信じていたので非常にショックであった。その時は、「まあ、この女性と結婚するわけではないのでいいか。でも少しショックー、ショーーック。」と思ったものである。

 結婚してしまったのであるが・・・。嫁さんは酒がまったく飲めない。

 中学時代、山野君というのがいた。もちろん仮名である。個人情報保護の時代である。本名は決して言えまい。山野君の一家は山野君以外全部女性だったようだ。お父さんはいたのであるが、私の町は船乗りの町。親父は休暇で年に一月くらいしかいないのだ。

 オイルショックの直後は、当時私の中学校の半分の生徒の家の船会社が倒産していた。私の親父もそうだった。現在、自分の買ったマンションの耐震構造が低いといって国が援助するのが当然だとTVに出ているオヤジがいるが、それを見るたびにアホかと思う。

 自己責任。安物買いの銭失いだろう。

 2、30万円の液晶TVや、2、300万円の車を買うときはカタログを片手にああでもないこうでもないと血眼に調べるのに、4、5千万円のマンションになるとスルーである。買い物は自己責任である。親父の会社がつぶれた時、失業保険が唯一の飯の種だった。

 オヤジの失業時代が2年ほど続いた。そんな中学の頃、山野君は一風変わった生徒だった。すらりと背が高く、髪もサラサラで、坊主が規則であったのだが、ちびっと伸ばしてして、女生徒と一緒にダベっていても全く違和感はなく、「いやーだ。」と女性の肩を叩いても、セクハラにはならなかった。

 羨ましかった。むほっ。

 彼は、習字がうまく、中学で師範だった。私が中学の生徒会長に立候補したときに「t-babyをよろしく」とポスターを何枚も作ってくれた。お陰で生徒会長になることができたのであるが、思い出すとなんとも中学生日記で、首がむずむずするほど恥ずかしい。

 高校は別で、もちろん大学に行った私は全く所在を知らなかった。20歳の成人式で私は「成人の誓い」などという詔を述べたのであるが、今思えば顔から火が出るほど生意気なことを言っていたようだ。その成人式でも見かけなかった。といっても私も大学の寮生活で酒が強くなった自負もあり、ベロベロになって、気がついたら成人式の宴会場で一人で寝込んでいたのである。

 しかーし、私が大学3年の時に突然、山野君ショーーーークがやってきた。

 皆さんは11PMという番組を知っているだろうか。

 「ダバダバダバダバー」である。司会の一人藤本義一は私の大学の大先輩である。大阪府立大学だ。私はこの大学で心理学を学んでいた。

 大学3年生の時にビデオデッキを買って、Hないやいや、大学にあるライブラリーからビデオを借りては見ていたのだ。ある日11PMで、神経症になるとこうなるよという特集をやるということだったので、私はその日の11PMをまるごと録画したのである。

 神経症患者が部屋を汚している風景があった。単なる今で言う汚ギャルだったのであるが・・・。そうADHD、注意欠乏多動症のはしりである。

 しかーし、場面が変わり、ストレス発散のために何をするかという特集になったのである。なんとそこに山野君がいたのだ。

 新宿のとあるマンションの一室で、女装パブとかを経営している山野君。彼自身ももちろん女装していた。

 「ララどぇーーーす。」

 私は、その時の山野くんのかつて見せたことのない生き生きとした目を忘れない。その時から私もいつかララさんにと、いやいや、彼のその時のシーンを思い出して、歌を歌っているのだ。

 私は、ファルセットを合わせると、5オクターブ声が出る。自声では3オクターブ出る。嫁さんには今も不評であるが、ララさんは全く自声であるが最近では10年に1度人前で披露している。

 しかーし、やせるドットコムのファンの皆様、おまちかねでした。ふふふふ。

 いよいよ登場してもらいましょうララさん!。ロシャンゼルスでのレコーディングが終わってほやほやの歌を。

 曲は、ややのランバダどぇす。

 決してダウンロードしないように。一度聞いて終わりにしてください。ヘッドフォンで聞いて、決してスピーカで大音量で聴かないように!。寒いのに猫にさかりがつきまする。

 はぅあ!。


 カラオケでは、ランバダ(ややさんバージョン)とメモリーグラスを、ララさんになって歌います。 

bannerBlogランキングに参加しています。どうぞポチポチポチっとお願いしますぞ!。3日間くらいで消します!!

|

« 家トレにベンチなどいらん! | トップページ | 花粉症対策その2 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

mikuruさんへ

 はー・うー・ぁー!

 届きましたでしょうか。北海道満喫して来てください。お土産話お待ちしています。

 いいなー。

投稿: t-baby | 2006年3月 8日 (水) 23時57分

「もうこの年で」とか仰らないでくださいよーーー。(勝手ながら、尊敬する方には使って欲しくないのです・・)
自分も「もう」と「まだ」は極力使うまじ、と思っている言葉です。
削るのは夢ではなく、脂肪と鰹節にしたいですね。
美味しいおみそ汁が飲めるし、良質のタンパク質が摂れます(笑)

ところで、来週末から北海道に旅行します♪
直行便がないので羽田空港経由で参ります。
普段どおりトレーニングしているであろうt-babyさんの「はうあぁ~!」が聞こえてこないか、空港で耳をすまし
てみますので、いつもより大きな声でお願いします(笑)

投稿: mikuru | 2006年3月 7日 (火) 09時03分

mikuruしゃんも遅いお返事ですみません

もうこの年ではTVには出ないでしょうなー。昔はとっても出たかったです。

こうやって夢を削りながら大人になっていくのでしょう。

今は、脂肪を削るのみ。

お後がよろしいようで・・・・。

投稿: t-baby | 2006年3月 7日 (火) 07時41分

 消される前にお聴きできて良かったです。
声の感じがt-babyさんのイメージと違ーう、とか思っちゃいましたけど(じゃあ、どんなイメージだったかと言われても実は抱いてなかったのですが・・笑)、TV局からもオファーがあるのは納得しました。
いつかごくごく普通に(ララさんでなく)唄われたのもお披露目していただけたら良いなぁー、と思います♪

もしTV出演が決まったら、こっそり教えてくださいね。普段はTV観ませんけど、絶対に録画しますから!!

投稿: mikuru | 2006年3月 2日 (木) 13時24分

皆しゃま~、こんばんは。

やせるドットコムです。ああー、少し酔って、ままよと出してしまっていたようですなー。ららさんのレコーディングは実は、1月以上前にやっていたのです。

記事も、ずっと昔に書き溜めておいたものに意識が遠のきながら書き足したものでした・・・・。

 本当は、ものまね番組に出たくてしょうがないのですが、働いている仕事場のセクションがまるで風紀部みたいなセクションで、だめです。2万人の社員に示しがつきません。(いやいや2桁違いますぞい。そんな大企業のシャラリーマンではございません。)

 何回か申し込んだのですが、いつもテレビ局からかかってくる電話に対して、嫁しゃんが「そんなのには、でませーーん。がるるるる。」と断ってしまうのです。

 ダウンタウンさんの番組ダウンタウン777というのは秘密裏に進めていたのですが、オーデションに行く前の日にかぎつけられて×になってしまいました・・・・・。

 その代わりにブログで、ふふふふ、デビューです。

投稿: t-baby | 2006年3月 1日 (水) 23時34分

素晴らしいです。さすが鍛えた腹筋のなせる技!
ちなみに、私の母は倉敷出身、先祖は水島に
住んでおりました。

投稿: takahashi | 2006年3月 1日 (水) 23時13分

パチパチパチパチ(拍手)
待ってました!!!
ランバダを踊りながら歌う、妖艶なララさんを想像しています。
第3弾も、きっとですよ!
楽しみだな〜〜〜

投稿: 好年期 | 2006年3月 1日 (水) 21時10分

ララさん、お久しぶりでございます。
メモリーグラス以降、ララさんの登場を待ち侘びておりましたが、
やっとまたその美声を拝聴させていただけました。
まさかランバダとは・・・。
意外性の男、いや、レディーですね。
もし願いが叶うのならハイジ(含む、ヨーデル)を
いつか聞かせてください。
またいつか必ず再登場してくださいね。

投稿: ブロウ | 2006年3月 1日 (水) 20時07分

 拝聴させていただきました。

 う!筋肉マッスルのt-babyさんの私のイメージが・・・・。

 私の筋トレの目標であるt-babyさんが実は私の母校大阪府立大学の先輩だとは知りませんでした。

 毎日、先輩のブログの更新を楽しみにしております。

 我が家も実はベンチは嫁さんに却下され、しょうがなく、こっそりダンベルのプレートだけ増やしました。

 t-baby先輩のように37.5キロのダンベルをあげることができるようにがんばっていきます。

 たぶん無理だと思いますが。
 
 いまはバーベルでベンチプレス65キロ5レップが精一杯です。

投稿: RODMAN | 2006年3月 1日 (水) 16時38分

ララさんの真実、かなり波瀾万丈で衝撃的でした。
執筆ありがとうございます。
尊敬や羨望を抱いていた同級生への気持ちが今なお甦って唄に変換される、、、そんな感じでしょうか。
中学時代に生徒会長されてたのもカッコイイですね。ララさん作のポスターもさることながら、人徳が大きいで
すよ。
5オクターブの声域もすごいですね。好みは無視したら歌えない歌手ってないですよね。
ロスでレコーディングの唄、すぐに聴きたいぃーーーー!!(でも諸事情で聴けませぬ。)
明日家からヘッドホン持参してチャレンジしてみます。聴けると良いですが・・・
体のメンテもバッチシですし、きっと良いお声だと思います。
声と体の柔軟性や持久力はとても関係が深いそうです。(あと、精神の開放度なんかも)
かつて、ちびっとだけヴォイトレをかじってたmikuruでした。

投稿: mikuru | 2006年3月 1日 (水) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939840

この記事へのトラックバック一覧です: ララさんの由来:

« 家トレにベンチなどいらん! | トップページ | 花粉症対策その2 »