« 乳酸は悪くない。 | トップページ | 若木竹丸先生の本復刻 »

2006年1月28日 (土)

自彊術

 腰痛の嫁さんが、運動不足になってきた。こういう時は、クロレラとかメシバコフなどの明らかに薬事法違反の広告にだまされないで、昔からある、それほど強くないが全身を適度に刺激する運動をさせるのが一番である。

 日本で有名な一般に知られている体操は、3つある。

 ①ラジオ体操
 ②真向法
 ③自彊術

 の3つである。

 ラジオ体操は、反動をつけるのでかなりの強度になり、毛細血管が切れて身体によくない。
 真向法は4つの体操で、非常にシンプルであるが、奥が深い。
 自彊術は31の体操があり、強度もさほど強くないが、全身の関節を満遍なく動かすことが
 できる。

 私が、頚椎のヘルニアになった時、まったく身体を動かすことができなかった。少しずつ直ってきた時に、いきなりダンベルを持つのが怖かった。その時に、身体の感覚を取り戻すために行ったのが自彊術である。

 でも、そのときからもう5年もたち、体操の仕方を半分以上忘れてしまった。DVD付の教材を買おう。それがこれである。



気力充実!健康体操
自彊術 入門編
2,797円 税別、送料別


気力充実!健康体操
自彊術 実践編
2,797円 税別、送料別

|

« 乳酸は悪くない。 | トップページ | 若木竹丸先生の本復刻 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939818

この記事へのトラックバック一覧です: 自彊術:

« 乳酸は悪くない。 | トップページ | 若木竹丸先生の本復刻 »