« 東京も雪 | トップページ | 本日は体調不良 »

2006年1月22日 (日)

乳酸は悪者か?その1


やせるドットコムの目次はここへ!やせるドットコム【通販クラブ】 もよろしくお願いします。

com_2
やせるドットコム推奨(!?)の商品も満載!ですぞい!


 2006年1月18日の日経新聞で、乳酸の新しい常識――筋肉動かすエネルギー源という記事を目にした。

 この記事では乳酸は悪者ではないと書いてあった。

 しかしだ、2002年の2月13日ターザンの別冊「身体デザイン用語辞典」によると・・・
112ページの「乳酸」の欄を読むと・・・

乳酸は、スポーツの天敵扱いされている疲労物質のこと。
重いものを持ち上げたりすると、もう動けないと感じること
がある。あの疲れを呼ぶ物質なのだ。

中略

この乳酸はやがて肝臓に送られ、グリコーゲンに再合成さ
れるものの、筋肉中に溜まると前述のような疲労を引き起こ
す。
とはいえ、乳酸が出ないと人はさらに無茶をしてカラダを
壊すはずだ。その歯止めになっていると思えばありがたいも
の。

と実に悪者扱いされている。

 そこで少しリサーチしてみたが、(って、最近はほとんどリサーチしていませんでしたなー、勉強不足がたたって順位が下がりまくりですぞい。)乳酸の濃度が増えるとやはり身体=筋肉は動かなくなるようである。

 しかし、日経新聞の記事によると

 安静にして30分もすればなくなってしまう。翌日まで乳
酸がたまって疲れが残るなどありえないという。

 とうことは、筋肉痛で痛いのはどうやら他の要素もあるらしいのである。この痛さについては次々回くらいで、乳酸が悪者でない理由は次くらいでご紹介したい。

 予告であるが、ミトコンドリアが重要な役割をしているとだけお伝えしておこう。でも理論がどう変わろうが、人間の身体はあなたが一番知っている。あなたが所有している生命40億年のDNAがその答えをもっているのだ。

 あなたの中で起こっていることはまさに奇跡なのだ。

bannerBlogランキングに参加しています。どうぞポチっとお願いしますぞ!。ドラマ 24のシーズン1を今更ながら見終わりました。面白かったですが、銃のある社会は人が実に簡単に死にますなー。ジャック・バウアーの奥さんが最後に銃で撃たれていたのには唖然としました。

|

« 東京も雪 | トップページ | 本日は体調不良 »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939814

この記事へのトラックバック一覧です: 乳酸は悪者か?その1:

« 東京も雪 | トップページ | 本日は体調不良 »