« 休みの取り方 | トップページ | 目標は何か? »

2005年12月18日 (日)

何の為のトレーニングか

 非常に大切な問いである。

 やせるドットコムの場合は、「変わりたい。」であった。

 太ってはいないものの上から下までストンと一本の線を引いたようなマッチ棒のような身体、とにかくこれが嫌だった。それから、背中のコリ、四六時中襲ってくる後頭部の痛さ、運動することによって何かが変わるだろうと私は賭けたのである。

 その結果、見事、賭けに勝ったのだ。身体の線は変わり、おそってくるのは心地よい筋肉痛だけになったのだ。

 しゃて、先日死ぬまでトレーニングと書いてしまったが、これは、トレーニングのやり過ぎで健康を害して死ぬことをあらわしているのではない。

 身体が動くうちは、少しでもトレーニングを続けていきたいと思っているのだ。

 「健康のためなら死んでもよい。」といういかにも逆説的な言葉があるが、ここには真理はなくあるのは、矛盾である。

 皆さんは何のためにトレーニングをしているのでしょうか?。

 いやいや、理由はなんでもいいと思います。

 ただし、見た目の自分を変えるには、今までどおりの生活をしていてはダメです。食事を減らすだけでもダメです。食事を減らしてしぼんだ身体は実に情けない見た目の悪い身体になります。

 男性も女性も、美しい身体の線を得るためには、筋肉のトレーニングが必要です。

 習慣を変えるようにしましょう。今年はダメだった人も、今からちびっと反省して来年から新しい生活の習慣をつけましょう。少しずつ変えると、ストレスもかかりません。

 私も年末にかけて、追い込みを強化したトレーニングに変えますぞい。

( /^ω^)/クリックで通販サイトへ
      ↓↓↓飛びます、飛びます \(^ω^\)

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 休みの取り方 | トップページ | 目標は何か? »

やせる理論」カテゴリの記事

コメント

変わりたいという「気持ち」は大切だと思います。
私も「太っていることの劣等感。コンプレックスを払拭して、自分が理想とする人間になりたい」という気持ちが最初ありました。

今の自分の現状を把握(Check)、
次に問題点の抽出(Check)
そして、改善案の立案(Plan)。
もちろん実行(Do)。

何だかビジネス書みたいな書き方になりましたが、当たり前のことなんですよね。ダイエットでも体質改善でも、まずは冷静に今の自分を見つめる事が大切ですよね。

投稿: Miyakawa | 2005年12月22日 (木) 00時24分

mikuru さんこんにちは!

ちびっと、考えてしまいました。

そんなに私は、辛口でしたか?(って読み返してみてもそうですなー。言いたい放題ですなー。一杯ヒッカケテ勢いで記事を書いているようなかんじでしなー。ふほほー。)

確かに今からはじめるのは、大切です。
でも、せっかく来年まで10日ほどありますので、ちびっと準備をしましょう。

準備のための記事をご紹介していきますねー。

しゅわっち!。

投稿: t-baby | 2005年12月22日 (木) 00時02分

 こんにちは^^
いつもながら、ウンウンと頷かされる内容ですね。
でも、でもですね・・・・・・・、現在肉体改造というには大げさながら、努力を継続する大切さを身に染みて実感
している者から(あえて一つだけ)言わせていただきますと、
本気で自分を変えたい、変わるぞ!と思って自分のことを信じられる人なら、来年から(あるいは明日から)と
は言わず、今日から、今の瞬間から始めることが出来る・・・と思うんですよね。
(よくダイエットに失敗してる人に限って、明日からとか、今度こそ、みたいなこと言ってはすぐ挫折してる気が
します。)
割と辛口なことも仰るt-babyさんにしては甘いぞ、と感じましたね。(私が鬼なだけ?笑)

 t-babyさんの体験に基づいたこのブログだって、ただ読んでるだけじゃあ宝(情報)の持ち腐れで、自分で判
断して(そのままだったり、自分向きにアレンジなどして)上手く取り入れてこそだと思うとです。
>愛読者の皆様、用法・用量を守り、正しく自己改造に活用しましょう!

 生意気なこと申しまして失礼しました~。
今日(月曜)は休息日なので、図書館で借りている筋トレ関係の本をじっくり読もうと思います。
先週から恐る恐る休息日を取り入れたばかりですが、おかげさまで生活にメリハリがついてイイみたいです^^

投稿: mikuru | 2005年12月19日 (月) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513287/40939786

この記事へのトラックバック一覧です: 何の為のトレーニングか:

« 休みの取り方 | トップページ | 目標は何か? »