« 新・買ってはいけないから2 | トップページ | らんらんRUN! »

2005年10月13日 (木)

売れ筋ダイエット食品

 キリンウェルフーズの「リエータ 15袋」が
26.5%のシェアを獲得してトップを走っている
ようだ。「1万人に実感モニター」を実施して
「バナナ味を加えるなど」商品をリニューアル
した結果、ダイエット食品の需要期の夏を過ぎ
ても売り上げは好調に推移しているようだ。
 キリンウェルフーズでは販売目標を20億円
から40億円に増やした。

 と2005年10月10日の日経流通新聞にあった。

 販売目標が2倍とはなんとも羨ましい限りである。売れている要因としては、①口コミで効果が広がってきた。②ちびっと痩せたが、心配だから食べ続けいる。③おいしいのでおやつにしているのどれかであろう。おやつ代わりに「おいしいねん!」とバナナ味をほおばっていないとこを祈ります。カロリー半分とあっても、多く食べるとそれだけ足し算の計算で摂取カロリーは増えているので注意が必要です。

 その他の売れ筋商品としては、二位は資生堂ビューティーフーズの「ギムリンド スーパーバーン」。三位はファンケルのものらしい。

 やせるのに必要なのは

 摂取カロリー < 基礎代謝量 + 運動消費カロリー

 にすることであるのは何度もこのブログで言っています。この公式だけを見ると、これを続けるとすぐに死んでしまいそうですが、実際は、

 摂取カロリー + 蓄積カロリー から(基礎代謝量 + 運動消費カロリー)を引いていくことになるので、蓄積カロリーが多ければ多いほど痩せるのには時間がかかることになります。

 これらの商品は、摂取カロリーを減らす目的のものです。

 やせるドットコムも同じような商品を楽天で探してみました。するとなんと痩せなかった場合はお金が返金されてくる商品もありました。それがこのナチュラル・バランス・ダイエットです。楽天で売ってあることだし、いろいろサポートもついているようなので、安心できそうですなー。

 しゃて、やせるドットコムの場合はどうか。摂取カロリーを減らす手っ取り早い方法は野菜以外のご飯もおかずも全部食べる割合を減らすことです。腹八分から腹六分くらいにします。但し、筋トレするならタンパク質は食事の合間にも摂るようにします。生野菜もうんとこさ食べて、ビタミンなどの自然摂取も多くします。

 それができない場合は、ダイエット食品ですな~。くれぐれも注意ですがダイエット食品を食べれば痩せるのではありません。食べる量が少なくなるので痩せるのです。しかし、食べる量を少なくして痩せた人は、食べる量が元に戻ると、身体も元に戻ります。

 食べる量を元に戻しても太らない方法は、筋トレして基礎代謝量を上げるしかありませんぞい!。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

|

« 新・買ってはいけないから2 | トップページ | らんらんRUN! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売れ筋ダイエット食品:

« 新・買ってはいけないから2 | トップページ | らんらんRUN! »