« らんらんRUN! | トップページ | EMSマシーンを常用す »

2005年10月14日 (金)

災害グッズの見直し

 パキスタンで地震があった、新聞によると250万人とも言われる人々が、山間地に忍び寄る摂氏10度を切る寒さに耐えながら野外で朝を迎えているらしい。

 自然の災害は、いつ襲ってくるか全く分からない。やせるドットコムも災害グッズの見直しを再びやりました。

 緊急避難セットは1万5千円で大体いいのが買える。みんな銀色の袋に入っているが、この銀色の袋よりも先に自分が燃えないようにしないといけない。

緊急避難セット KH-150G

新品価格
¥13,380から
(2011/8/22 18:54時点)

 いやいやそのネタはもういい。実はこのような非難セットの中に入っていないのだがとても大切なものがあるのである。阪神大震災を経験された方の記事が週刊誌に書いてあった。見落とされがちな必要なものは次の3つである。

 ①笛

~自分の存在を知らせる。倒壊した家屋の中で、
    たとえ声がでなくても、笛なら音が出る。
    映画タイタニックでもそうだった。

 ②簡易トイレ

~高いと思ったが、意外と安い。用を
    足すよりも、その後の処理が楽にな
    るのだ。

 ③浄水用ストロー
   
~非常用の飲料水はなくなる。でも、
    魚が泳げるくらいの水ならいくらで
    もあるだろう、そんな時浄化して飲
    料可能にしてくれるのだ。

 これら3つは絶対に持っておいたほうがいいようだ。笛は常時携帯、②と③は非難セットの中に入れておきましょう。

 と、笛のことを嫁さんに話したら、「大丈夫、あるよ。」と言うので鳴らしてみても鳴りません。あろっ、と思って聞いてみたら、「犬笛」ということでした。

 なぜ、そんなものを・・・・持っているのか。「あなた、人間離れしているから聞こえるじゃないの!。耳掃除してみー。」って、そんなことを言われても聞こえません・・・。お後がよろしいようで・・・。

banner【ダイエット部門】でBlogランキング参戦中!
本日の記事はいかがだったでしょうか?
少しは面白かったよ~ん、と思ったら上のバナーを
1日1回、ワンクリックお願いいたします。

ipin01

画像をクリックすると通販で購入できます!

携帯用ストロー浄水器「ミズQ」

新品価格
¥2,415から
(2011/8/22 18:56時点)

|

« らんらんRUN! | トップページ | EMSマシーンを常用す »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
夜中、突然の停電で懐中電灯やロウソクを探されたことはありませんか?
蛍光灯などの光を蓄めて長時間光る夜光ペンを開発しました。
自分でもヘルメットや懐中電灯、緊急持ち出しリュック、靴、眼鏡にマークしています。
寝相が悪くても目が覚めれば見えますので、安心して眠れるようになりました。
よろしかったら一度ご覧ください。

投稿: kkaris | 2005年10月18日 (火) 14時47分

25歳ダイエッターしゃんこんにちは!

忘れた頃にやってきます。でも最近は天災だけでなく、テロにも気をつけないといけない世界になってきました。

アメリカのブッシュが、恐怖をあおってテロが普通の世界に変えてしまったと私は思っています。

防災グッズの中身は単なる心の安心にすぎないかもしれませんが、備えあれば憂いなしであってほしいものです。

投稿: t-baby | 2005年10月17日 (月) 00時28分

備えてますねーしっかり、t-babyさん。
災害はほんと怖いですよね。。。。。。。。

投稿: 25歳ダイエッター | 2005年10月15日 (土) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害グッズの見直し:

« らんらんRUN! | トップページ | EMSマシーンを常用す »