« 休み明けには気をつけて! | トップページ | やせるドットコム 目次! »

2005年8月20日 (土)

懸垂が1度も出来ない!



 肩甲骨の上が痛くなり2日目、自分ではすっかり快方に向かっていると勝手に解釈して、フィットネスクラブに行った本日、軽いストレッチ運動の後、背中のトレーニングに入った。

 やせるドットコムは超回復のために必ず2日続けてのトレーニングはやらないようにしている。上半身、背中、下半身、休み、そして再び上半身、背中、下半身で1週間をスケジュールしている。

 今日は、昨日に続き背中の日であった。背中のトレーニングはまずは、チニング、いわゆる幅広いスタンスでの懸垂である。

 いつものように、「しゃーらさ!」と気合を入れて、鉄棒に飛びつく。普通なら反動をつけないで25回、身体を上下できる。私は私の背中は自分の体重を十分に支えてくれる。

 しかーし、いつもなら何の苦もない1回目の挙動ができない。飛びついて10cmほど身体を上げた時、背中に激痛が走ったのだ。

 「ジョワッ!」とピンチサインのウルトラマン叫びで、鉄棒から手をはね退けた。背中の筋肉の一つが壊れている。これはヘルニアではないない。どうも棘下筋(きょくかきん)いわゆる身体の表面でムキムキと筋肉のカットを表現する筋肉ではない、インナーマッスル、ローテーターカフである。インナーマッスルは、その動作で使わない場合は、全く正常にダンベルもバーベルも挙げることができる。

 しかし、その動作で少しでも使う場合は、この筋肉がかかわっている動作は全く出来なくなるのだ。事故を起したら、回復に長引く筋肉であるのだ。ああー普段は、インナーマッスルを全く鍛えていなかったところに、急にトレーニングを再開したせいで、一気に壊れてしまったようである。とにかく痛い。インナーマッスルは身体の安定性やスムーズな動きのためにある筋肉なので、私の今の姿勢は歪んでしまっている。

 この背中の筋肉はしばらく使わないようにしよう。

 しゃて、それでも痛くないフォームを探して、なんとかフィニッシュした。ああー痛い。

 今まで、やせるドットコムでは皆さんに、「トレーニングは前よりもちびっと負荷を上げてやりましょう!」と言ってきましたが、これにもう一言加えます。「5日以上休んだ時は、思った以上に筋肉がしぼんでますから、少しずつ戻していきましょう。まずは最大筋力の60%くらいから初めて、1週間から10日で最大筋力の重量に戻しましょう。・・・・特に30歳以上の方は。」

 ですなー。皆しゃま、時々故障するときもあるかもしれませんが、人間は回復します。死ぬまで、治るようにできています。不幸にも回復よりも病気の進行が早い場合もありますが、それ以外は身体はなんとか治そうとします。あせらず待ちましょうね、って自分に言い聞かせていまする。

 急な運動事故の元。

なんとか10位をキープ!感謝ですぞい。今日もぽちっと応援よろしくお願いします。
bannerBlogランキングに参加しています。それでも明日もフィットネスクラブに行きます。この背中の痛さが、私の身体全体を包まないように戦っているのです。でも、月曜日は整形外科ですかなー。病院に行くと癖になるので嫌です。

|

« 休み明けには気をつけて! | トップページ | やせるドットコム 目次! »

腹筋が割れるまで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懸垂が1度も出来ない!:

« 休み明けには気をつけて! | トップページ | やせるドットコム 目次! »